KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 株式会社あきんどスシロー様

株式会社あきんどスシロー様

株式会社あきんどスシロー様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

「うまいすしが、食べたいときに、先回りして出てくる」お店へ。

AWS Direct Connectにより店舗からクラウドへの接続を可能とし、約400店舗から寄せられる膨大なデータをクラウド上で可視化することに成功。

業種
サービス業
従業員規模
1,001名以上

導入サービス

  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category151.gif


お客さまインタビュー

導入前の課題
店舗からクラウドに接続するには、本社を経由しなければなりませんでした。

スシローでは、1日に平均30万人が来店し、年間10億皿ものすしを提供している。ICタグがこれまでに取得したデータは既に40億件に達し、日々加算されていく。このビッグデータを全社で共有し、「タイムリーな寿司の作成」や「効率的なオペレーション」に生かすには、大がかりなBI環境が必要である。一方で店舗数は約400店に上り、本部から店舗に一斉配信する際には、ネットワーク負荷を軽減する措置が必要とされていた。さらに店舗からAWSに接続するには、本社を経由する必要があり、本社とAWS間の回線がボトルネックとなり、また本社の停電やネットワーク機器の故障でネットワークに接続できない事態に陥る危険性があった。

導入後の効果
店舗からの接続が安定し、店舗経営に効果的なBI環境を実現。AWSへの接続に際し、本社を経由しないことからBCP対策 (注3) も向上。

情報システム部長
田中 覚氏

同社は2012年6月、ビッグデータの有効性を検証するため、BIツールをAWS上で試験運用した。「BI ツールを動かせるようなサーバが社内になかったので、いくつかのクラウドサービスを比較した結果、ハイスペックなサーバを利用できるAWS を選びました。」そう語るのは坂口氏。40億件を転送するのに 2日かかったものの、3日目にはデータの分析ができるようになり、IT投資にシビアな経営陣もその有効性を確信したという。

情報システム部長
田中 覚氏
情報システム部 担当課長
坂口 豊氏

「AWSは技術的にもコスト的にも自前では実装できないレベルの冗長性、高可用性、セキュリティが考慮されており、バックアップの運用負荷も軽い。ディスク容量を心配する必要もない。また本部用、各店舗用BIツールの動作保証も取れています。AWSがなければ今のスシローのITはここまで進化できませんでした。」
AWS上にDWHやBIツールを本格的に導入することに並行して、ネットワークインフラの改善にも取り組んだ。坂口氏が語る。

「当初、AWSへの接続は本社のみで、店舗からのアクセスは本社を経由していました。BIツールを本格稼働すればアクセス集中が発生します。時を同じくして本社の引っ越しがありましたので、BCP対策面からも抜本的な対策が求められていました。」そこで同年5月、KDDIのネットワークを、AWS Direct Connectを活用してつなげた。「店舗からの接続は本社を経由しませんので、事業継続性も担保されました。また広い帯域が確保されたことで、AWS上に構築したBI環境にもストレスなくアクセスできるようになり、データの利活用を推進することができました。」ネットワーク基盤の安定性をベースに、同社のクラウドネイティブな環境づくりが加速している。

  • アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、AWS Direct Connectは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。
  • 注1)
    データウェアハウス (DWH) …企業内のさまざまなデータを集めたもの、またはそのシステム
  • 注2)
    ビジネスインテリジェンス (BI) …企業などの組織のデータを分析・加工して、経営上の意思決定などに役立てる手法
  • 注3)
    BCP…事業継続計画

お客さまプロフィール

企業名:
株式会社あきんどスシロー
所在地:
大阪府吹田市江坂町1丁目22番2号
URL:
新規ウィンドウが開きますhttp://www.akindo-sushiro.co.jp/

詳しくはPDFをご参照ください

掲載内容

 

お客さまインタビュー

PDFでは以下の内容もご覧いただけます。

  • 課題に対する効果

  • 全体概要図

pdfファイルをダウンロードします株式会社あきんどスシロー様の導入事例 (1.4MB)

  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。