ケーススタディ: システム管理編

面倒なシステム管理をアウトソース
管理負荷を軽減して、本来業務に集中

Before

日々の管理負荷に圧迫され、本来業務が後回しに…

手が回らない…

社内にあるサーバやそこに乗せているシステムが、安定的に稼働するよう管理・運営しているシステム担当者。彼らは、日々発生するシステムのメンテナンスや、ハードウエアの更新作業などに多くの時間を費やしています。そのため、「自社のIT活用戦略」の立案など、本来の業務になかなか時間を割けませんでした。

After

管理作業から解放され、本来業務に注力できるようになった!

仕事はかどる!

外部データセンターのサーバを利用し、システムをクラウド化。環境構築からシステム導入、データ移行、運用まで、アウトソースを活用したことで、システム担当者の管理負荷が軽減! 本来の業務である革新的な仕事に、時間を使えるようになりました。