KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 シチズンビジネスエキスパート株式会社様

シチズンビジネスエキスパート株式会社様

シチズンビジネスエキスパート株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/index/nologo.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry05.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category151.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category210.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category211.gif

国際ネットワーク網の最適化を図るKDDI『グローバルICTソリューション』でグローバルビジネスの基盤を構築

広く市民に愛されるようにとの願いが込められた「CITIZEN」ブランドの時計事業をはじめ、グローバルビジネスを展開するシチズングループ様。同グループのネットワークの構築・運用を担うシチズンビジネスエキスパート様は、グローバルビジネスを円滑に推進するために、KDDIの『グローバルICTソリューション』を活用。ネットワーク基盤を整備し、国際ネットワーク網の最適化を追求している。

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
掲載日:2008年10月

効果1コスト・品質・拡張性を追求する中でIPネットワークによる国際網を構築

グループ全体のネットワークを最適化

グループ力強化に向けて、2007年4月に持ち株会社体制に移行したシチズングループ様。同グループのIT基盤整備を担うシチズンビジネスエキスパート株式会社様は、グループ全体におけるネットワークの最適化に力を注いでいる。
その中で重要な課題となっていたのが、グローバル化の推進に伴う国際ネットワーク網の構築であった。特に早期から現地法人を立ち上げた、主要な生産・開発・販売拠点である香港および中国のグループ会社とのネットワーク最適化は、重要な意味を持っていた。
同グループでは現在、KDDIの『グローバルICTソリューション』を活用して、香港・中国とのネットワークを運用している。具体的には、東京本社とKDDI香港データセンター間を『KDDI Global IP-VPN』で接続。同時に香港データセンターと中国・広州データセンターを現地キャリアによるATM専用線で接続し、そこから中国各地の拠点とは必要に応じた帯域で現地キャリアの専用線 (光ケーブル) で接続している。いずれもルーターを使用したIPネットワークであり、ネットワークからIT機器の運用保守を含めて、事業基盤となるICT環境全般をKDDIが現地キャリアとのシームレスな連携のもとに一元管理している。
「従来はフレームリレーによるネットワークで運用していましたが、機器が高価で拡張が困難だけでなく、遅延が生じるなど問題もありました。そこで、維持コストが安価で、増速などの拡張が容易なIPネットワークへの移行を段階的に進めてきました。さらに、『グローバルICTソリューション』は現地でのコーディネイトを含め、KDDIにワンストップで任せることができるというのも大きな魅力でした」(シチズンビジネスエキスパート株式会社ITサービス部 部長 岡野裕隆氏)

グローバルICTソリューションの概要

図: グローバルICTソリューションの概要

効果2高い保守性を実現するKDDIの現地でのコーディネイト力

スピーディーな対応でグローバルビジネスを支援

2006年12月26日の台湾沖地震では、日本・香港間でネットワーク障害が発生したが、KDDIが現地キャリアと迅速な対応を行い、当日の夕方までに復旧。月末の出荷にかかっていた中で、事業継続性を担保することができた。
また、広州で水害が発生した際に2拠点が水没するという被害があったが、KDDI広州のスタッフがすぐに現場に赴き現場の状況を確認し、日本の本社に報告。早急な災害復旧が実施されるとともに、確かな現状把握のもとに本社サイドが適切な指示を行うことができたため、ビジネスリスクを最小限にとどめることができた。
「ビジネスにおけるネットワークの位置付けはミッションクリティカルであり、停まらないということが大前提となっています。しかし、不測の事態は発生します。そのときにいかに早く気がついて、的確な対応を起こすことが重要です。その意味で、当グループではネットワークにおいて、コストや品質のみならず、保守性ということを最優先させており、それに応えられるのがKDDIでした」(岡野氏)

写真: 岡野 裕隆氏

ITサービス部
部長
岡野 裕隆氏

効果3国内・海外ネットワークの融合によりさらなる最適化と冗長化を徹底追求

海外生産における効率化と品質向上を推進

シチズンビジネスエキスパート様では、グループの国際ネットワーク構築の最適化を図るために、各社の要求を取りまとめて仕様を策定。その仕様をもとにKDDIが現地のグループ会社、現地キャリアと調整を行いながら構築を行っている。この全体最適に向けての施策についても、KDDIが積極的に技術・ノウハウを提供している。
「海外でのネットワークの活用範囲は従来、電子メールや生産システムへの対応という限定用途への対応が基本でした。ところが現在では、海外の拠点において設計やデザインを行い、それを他の海外拠点でサンプルを作成し、最終的に量産体制に移行する流れが確立されました。そうなるとさらに、ネットワークの速度と品質に対する要求は高まります。その中で、最もコストパフォーマンスが高く、確実な方法で海外のグループ会社各社の要求に応えていくことが、我々IT統括部門に与えられた使命です。それだけに今後とも、KDDIの提案力に期待しています」(シチズンビジネスエキスパート株式会社ITサービス部 課長 千葉拓氏)
現在、同社では『KDDI Powered Ethernet』を核とする国内のネットワークと『KDDI Global IP-VPN』を核とする海外のネットワークをより効果的に融合し、さらなる最適化と冗長化を実現していく施策に力を注いでいる。また、海外生産における効率化と品質向上を目的に、テレビ会議システムの本格導入も進められている。海外・国内を含めたネットワークをワンストップで提供するKDDIへの期待は、ますます高まっている。

写真: 千葉 拓氏

ITサービス部 ネットワーク課
課長
千葉 拓氏

お客さまプロフィール

社名 シチズンビジネスエキスパート株式会社
本社 東京都西東京市田無町6-1-12
設立 2007年4月2日
従業員数 112名
事業内容 シチズングループは、1918年に尚工舎時計研究所として創業。以降、世界的な時計のトップメーカーとして確かなポジショニングを築く。2007年4月に持ち株会社体制への移行により、シチズンビジネスエキスパート株式会社設立。コンピュータおよび周辺機器の保守、導入指導、コンサルティングをはじめ、シチズングループの国際ネットワークを構築・運用している。
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.citizen.co.jp/company/group/
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
同じ業種の事例
導入のサービス・ソリューション
導入事例