KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 株式会社大和総研ビジネス・イノベーション様

株式会社大和総研ビジネス・イノベーション様

株式会社大和総研ビジネス・イノベーション様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/dir-bi/index/logo-dir-bi.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry07.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee04.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category135.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category152.gif

『KDDI クラウドサーバサービス』の導入によりプロダクトの開発・運用コストを大幅削減
新たなビジネスモデル構築を強力にサポート

幅広いお客様に対してシステムインテグレーションなど信頼性の高い情報システムサービスを提供している大和総研ビジネス・イノベーション様。新たにSaaS型のプロダクト開発によるサービス提供事業の拡大を狙い、『KDDI クラウドサーバサービス』を導入。仮想環境で柔軟なシステム設計が可能な『KDDI クラウドサーバサービス』は、プロダクト開発期間の短縮と、大幅なコスト削減を実現し、大和総研ビジネス・イノベーション様の新たなビジネスモデル構築を強力にサポートしている。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2010年09月

課題1価格競争の激しいSaaS市場へ参入するために低コストで、 サービスの開発・運用ができる新たな事業体制を整える必要があった。

ご提案・導入効果

ハードウエアやネットワーク機器の調達が不要な『KDDI クラウドサーバサービス』の導入で、初期投資と運用コストの大幅削減を実現。

課題2ビジネススピードの速い市場に対応するため プロダクト開発のスピードアップが求められた。

ご提案・導入効果

『KDDI クラウドサーバサービス』の柔軟な仮想化技術によって、開発作業の効率が飛躍的に向上。ハードウエア調達のリードタイムも不要なため早期の市場投入が可能になった。

課題3クラウドサーバ内のプロダクト動作状況を 自社の運用センターでシームレスに監視したい。

ご提案・導入効果

『KDDI クラウドサーバサービス』内にクラウド監視基盤を構築。
自社の運用センターと連結し、リモート保守遠隔監視が可能になった。

図: 『KDDI クラウドサーバサービス』を活用した大和総研BI様のSaaS運用概念図 (2010年7月)

事例詳細

コンサルティング事業本部 プロジェクト統括部長 中島 大氏

コンサルティング事業本部 プロジェクト統括部長
中島 大氏

コンサルティング事業本部 プロジェクト統括部 次長 和田 貴広氏

コンサルティング事業本部 プロジェクト統括部 次長
和田 貴広氏

コンサルティング事業本部 プロジェクト統括部 課長代理 道田 朋子氏

コンサルティング事業本部 プロジェクト統括部 課長代理
道田 朋子氏

『KDDI クラウドサーバサービス』の導入で、プロダクトの開発・運用コストを大幅削減 新たなビジネスモデル構築を強力にサポート

ハードウエアやネットワーク機器の調達が不要な
『KDDI クラウドサーバサービス』の導入で、初期投資と運用コストの大幅削減を実現

SaaSプロダクトの開発やサービス運用のために、サーバやネットワーク機器などのハードウエアを自社調達すると、価格競争の激しい市場に対応できない恐れがあった。

そこで、大和総研BI様では、ハードウエア調達が不要な仮想環境でプロダクト開発とサービス運用が可能な『KDDI クラウドサーバサービス』を導入。「調達コストの削減はもちろん、必要最低限のリソースだけでスモールスタートができ、サービスが軌道に乗ったら自在にリソース拡張もできるなど、私たちがめざすビジネスモデルに最適だと感じた」と和田氏は言う。大和総研BI様の試算では、従来型の開発・運用環境に比べると初期投資で約40%ダウン、5年間の運用コストを含めた総計で約30%ダウンという大幅なコスト削減効果が見込まれている。また、中島氏は「投資リスクが低くなったことで、顧客の要望に現場判断で機敏に応えられるようになり、ビジネスの機動力が格段に高まった」と強調する。

『KDDI クラウドサーバサービス』の柔軟な仮想化技術によって、
開発作業の効率が飛躍的に向上
ハードウエア調達のリードタイムも不要になり早期の市場投入が可能になった

サービス提供型ビジネスの市場を開拓するためには、サービスの品質はもちろん、マーケットニーズに素早く対応できるプロダクトの開発スピードや、顧客の要望に柔軟に対応できるフレキシビリティが求められる。

大和総研BI様では、『KDDI クラウドサーバサービス』の導入によって、ハードウエア調達のリードタイムが不要になったことに加え、仮想環境のリソース構築や変更も自由に行えるようになり、開発スピードの大幅な向上を実現した。道田氏は「他社のクラウドサーバでは、リソースの変更をベンダーに依頼しなくてはならず、その間数日を要するが、『KDDI クラウドサーバサービス』はポータル画面から瞬時にリソース変更ができ、開発作業がスムーズに進む」と、そのメリットを評価する。さらに『KDDI クラウドサーバサービス』は、サーバなどのシステムがすべて仮想レベルで冗長化され、フェールオーバーなどの可用性も担保されているため「開発者がミドルウエアやアプリケーションづくりに専念することができ、生産性が向上し設計期間の短縮が可能になった」と和田氏は導入効果を強調する。

監視用の仮想OSを設置
自社の運用センターから、インターネット経由でクラウド内の監視が可能になった

大和総研BI様では、クラウドサーバ内のシステム監視を自社の運用・監視システムを用いて、シームレスに行いたいと考えていた。

そこで、同社では、運用センターからインターネット回線を通して、KDDIのクラウドサーバの中を監視できる仕組みを構築。それを可能にしたのは、『KDDI クラウドサーバサービス』の仮想環境の柔軟性だ。「監視専用の仮想OSをクラウドサーバの中に設置できたことで、既存の運用センターからシステム監視を行うことができるようになりました。KDDIのクラウドサーバは、『TELEHOUSE』の中にありますが、自社のデータセンターと同じようにシステム監視ができることは、運用管理のコスト低減にもつながりました」と和田氏は語る。
『KDDI クラウドサーバサービス』は、シンプルな論理構成と極めて柔軟な仮想環境で、新たな事業展開に挑む大和総研BI様の幅広いニーズに対応。新たなビジネスモデル構築を強力にサポートしている。

次の戦略

システムインテグレーションから、
サービスインテグレーションへの転換を

クラウドサーバの高度利用で、新たなビジネスモデルを構築

今後も、『KDDI クラウドサーバサービス』を用いて新たなSaaSプロダクトを開発していく予定です。サービス提供に必要な認証や課金機能は独立して実装してあるので、これからは、サービスのコア部分だけを効率的に作り、テナントのようなイメージで提供サービスを増やしていくことができると思います。また、既存商材のSaaS化も進めて行く予定ですが、物理環境で動いているシステムを仮想環境にうまく流し込めるような機能をKDDIに開発していただけると助かります。今後も新たなビジネスモデル開発にぜひご協力をお願いします。

お客さまプロフィール

社名 株式会社大和総研ビジネス・イノベーション
本社所在地 東京都中央区日本橋箱崎町36番2号
開業 平成20年10月1日
資本金 3,000百万円
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.dir.co.jp/bi/
事業内容 証券、銀行、保険などの金融機関から一般企業、官公庁、地方公共団体まで幅広い分野のお客さまに対して高品質なシステムコンサルティング、システムインテグレーションなどをワンストップで提供。特定のメーカー等に偏らない中立的なシステムインテグレータとして、お客さまにとって最適な組み合わせをご提案している。信頼性が要求される金融機関システムを長年支えてきた実績とノウハウで、企業の競争力に直結する高効率なサービスを提供している。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
同じサービスの事例
同じ業種の事例
導入のサービス・ソリューション
導入事例