KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 ガイオ・テクノロジー株式会社様

ガイオ・テクノロジー株式会社様

ガイオ・テクノロジー株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/gaio/index/logo-gaio.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry08.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee01.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category172.gif

『KDDI 電話会議サービス』と『KDDI ビジネスコールダイレクト』で効果的な社内コミュニケーションを低コストで実現

自動車や家電製品などに搭載されたマイコン用「組込みソフト」の開発を支援しているガイオ・テクノロジー様は、全国に展開する営業社員とのミーティングの機会を増やすため『KDDI 電話会議サービス』を導入。『KDDI ビジネスコールダイレクト』も併用することで、au携帯電話からでも通話料無料で会議への参加が可能になり、低コストで効果的な業務コミュニケーションを実現している。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2012年03月

課題1営業力強化のために社内ミーティングの機会を増やす必要があったが、 会議の度に営業社員を召集すると、 業務効率の低下につながる恐れがあった。

ご提案・導入効果:電話会議で簡単ミーティング

外出先からでも会議に参加できる『KDDI 電話会議サービス』の導入で、営業活動に支障なくミーティングの開催を実現。

課題2営業社員は、商談のために外出していることが多いので、 パソコンが必要なWeb会議や、 固定電話を利用する電話会議は導入が困難だった。

ご提案・導入効果:au携帯電話で会議へ参加可能

『KDDI 電話会議サービス』は、au携帯電話の利用も可能。移動中でもau携帯電話だけで簡単に会議へ参加できる。

課題3電話会議は、毎回10数人が参加して30分程度行うので、 通話料のコスト低減が課題になった。

ご提案・導入効果:携帯電話の通話料が無料に

『KDDI ビジネスコールダイレクト』の利用で、au携帯電話に加え電話会議へも内線接続が可能になり利便性が向上 (注1)。国内通話料も無料となりコスト削減を実現 (注2)。

図: ガイオ・テクノロジー株式会社様の『KDDI 電話会議サービス』ご利用イメージ (2012年1月時点)

  • 注1)
    『ビジネスコールダイレクト』は、内線番号で接続した場合に限ります。お客さまごとにアクセスする内線番号の事前登録が必要です (BCD連携工事一時金: 300円/番号)。
  • 注2)
    会議利用料 (19円/分) は有料となります。

事例詳細

写真: 事業推進担当 執行役員 岩井 陽二氏

事業推進担当 執行役員
岩井 陽二氏

写真: 営業部 営業管理長 北川 和雄氏

営業部 営業管理長
北川 和雄氏

『KDDI 電話会議サービス』と『KDDI ビジネスコールダイレクト』で効果的な社内コミュニケーションを低コストで実現

外出先からでも会議に参加できる『KDDI 電話会議サービス』の導入で、 営業活動に支障なくミーティングの開催を実現

自動車や、家電製品などを電子制御するマイコン用「組込みソフト」の開発支援を行っているガイオ・テクノロジー様。営業社員へのタイムリーな指示伝達や情報共有、モチベーションアップのために社内ミーティングの強化を検討していたが、会議の度に全員をオフィスに召集することは業務効率の低下や営業チャンスのロスにつながる恐れがあった。そこで、オフィスに集合しなくてもミーティングができるWeb会議やTV会議などを検討し、最終的に『KDDI 電話会議サービス』の導入を決定した。
導入理由について岩井氏は「他社のWeb会議やTV会議は参加人数の制限やコスト面で課題がありました。一方、『KDDI 電話会議サービス』は、初期費用も月額基本料も不要であり、まずは試してみようという思いで気軽に導入することができました。実際に使ってみると、このサービスは我々のニーズに最適で、今では毎朝電話会議を行い、商談状況に合わせたアドバイスをしあったり、成功事例を共有するなど、日々変化する状況に合わせた有意義なミーティングを実施することができています。仮に、こうしたミーティングを会議室に集合して行っていたら、営業社員の業務効率を低下させ、当社の場合、恐らく年間2億円程度の売上を失うことになるでしょう。電話会議は、営業活動に支障を与えずに容易にコミュニケーションが果たせる非常に有益なシステムだと思います」と導入効果を語る。

『KDDI 電話会議サービス』は、au携帯電話の利用も可能
移動中でもau携帯電話だけで簡単に会議に参加できる

また、ガイオ・テクノロジー様が『KDDI 電話会議サービス』を選んだもうひとつの理由は、『KDDI 電話会議サービス』なら、外出先からでもau携帯電話で簡単に会議へ参加できることにあった。
ガイオ・テクノロジー様では、営業社員のほとんどが日々商談で全国を奔走しているため、Web会議のようにパソコンを使うシステムでは、外出先から会議に参加するのは手間と時間がかかり容易ではない。しかし、『KDDI 電話会議サービス』なら、外出先でもau携帯電話で気軽に参加することができる。岩井氏は「自分が発言しない時は聞いているだけですから、移動中でも参加することができます。もともと当社ではau携帯電話を利用していたので、電話会議の導入もスムーズでした」と語る。また、社員の評判も良好だと北川氏はいう。「その日の商談内容について事前に確認や相談ができるので営業社員にも好評です。判断に迷う案件も、会議に参加している上長がその場で決断してくれるので、意思決定が速くなり、お客さまの要望にスピーディに応えられるようになりました。これは当社の営業機動力を高めることに大変役立っていると思います」と熱く語る。

『KDDI ビジネスコールダイレクト』の利用で、au携帯電話に加え電話会議へも内線接続が可能になり利便性が向上
国内通話料も無料となりコスト削減を実現

ガイオ・テクノロジー様では、毎朝10数人の営業社員が参加して約30分間電話会議を行うので、会議にかかる通話料のコスト低減が課題となった。そこで、au携帯電話とオフィスの電話が内線番号でつながる『KDDI ビジネスコールダイレクト』の導入を決定。au携帯電話から内線番号で電話会議へ参加できるので利便性が向上した上、国内通話料も無料になり大幅なコスト低減を達成。
『KDDI 電話会議サービス』は、全国を飛び回る営業社員を適切にフォローし、情報共有とモチベーションアップを果たすコミュニケーションツールとして、ガイオ・テクノロジー様の業務をしっかりとサポートしている。

次の戦略

コミュケーションを深められる新たなサービスの導入を検討

『KDDI 電話会議サービス』は、当社のニーズに大変フィットしているため今後も継続的に利用していきたいと考えています。国際通話を行うことなく海外の現地アクセスポイント (注3) から電話会議に参加できるので、海外出張の際にも利用したいと思っています。また当社では、全国に展開している営業社員とのコミュニケーションを重視しているため、今後も新しいシステムがあれば積極的に導入を検討します。例えば、パソコンを使わずに顔の見える会議ができたり、電話会議時に各営業社員の現在位置などがすぐに分かる機能など、KDDIさんからの新しいご提案に期待しています。

  • 注3)
    滞在国にアクセスポイントがある場合に限ります。アクセスポイントまでの国内通話料はかかります。

お客さまプロフィール

社名 ガイオ・テクノロジー株式会社
本社所在地 神奈川横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア4F
設立 1980年3月21日
資本金 2億9,800万円
社員数 80名
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.gaio.co.jp/
事業内容 1980年の設立以来、自動車用を中心とした組込みソフトの開発支援を行っているガイオ・テクノロジー (株)。マイコンを搭載した新製品開発のソフトウエアやシステム開発環境をトータルに提供するとともに、システムLSI設計や各種電子機器の設計から製作まで幅広く提供する「組込み開発ツールの総合サプライヤー」として、業界から高い支持を獲得している。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。