イビデン株式会社様

イビデン株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/ibiden/index/logo-ibiden.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry05.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee04.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category210.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category211.gif

グローバルに提供するKDDIのネットワークを利用し、日本と欧州をシームレスに接続、さらには、『KDDI アプリケーション最適化サービス』によりグローバルネットワークの安定稼働と高速化を実現。

お客様の近くで生産・販売をするカスタマーインを基本方針にグローバル展開を図るイビデン様。欧州においては、世界に名立たる自動車メーカー等にセラミック関連製品を供給している。今度、装置産業の命題である「生産を止めない、お客様に迷惑をかけない」の大原則のもと、本社 (日本) と欧州拠点を結ぶグローバルネットワークの更なる安定性向上と、拠点間通信におけるアプリケーションレベルでの高速化に取組み、KDDIならびにKDDIヨーロッパとの強力なパートナーシップにより、これを見事に実現した。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2014年04月

課題1製造拠点を海外に持つイビデン様は、日本と海外拠点とのネットワーク網が生命線であるため、不測の事態が生じても安定稼働できる強固な通信インフラの導入を検討していた。

ご提案・導入効果:ネットワーク全体を冗長化構成に

国内本社と欧州拠点との通信に『KDDI Global IP-VPN』方式&実績のある『欧州域内ネットワーク』を採用。 冗長化構成を実現し、高度な信頼性を獲得した。

課題2同社の組織文化として、国内外拠点間での「報連相」に同報メール配信が多用され、即断即決に効力を発揮してきたが、一方でトラフィックの増大を招き、配送遅延が顕在化していた。

ご提案・導入効果:アプリごとの通信量を優先制御し、高速化を実現

『KDDI アプリケーション最適化サービス』により、アプリケーションの通信量を識別し、最適制御を行うことで通信回線の容量を増やす事なく、高速化を実現した。

課題3ネットワークのリプレイスに際しては、通信の安定性、高速化のほかに、障害発生時の復旧対応力、とりわけ欧州拠点に対する緊急応動体制や総合的なサービス力が重視された。

ご提案・導入効果:現地法人と本社とのシームレスな連携体制

イビデン様欧州拠点とKDDIヨーロッパならびにKDDI本社との強力な連携により、障害発生時における迅速な復旧対応体制を確立した。

図: イビデン様の『KDDI Global IP-VPN』『KDDIアプリケーション最適化サービス』を使った業務最適化イメージ

事例詳細

写真: イビデン株式会社 経営企画本部 社長室 IT管理グループ マネジャー 石渡 篤氏

イビデン株式会社
経営企画本部 社長室
IT管理グループ マネージャー

石渡 篤氏

グローバルに提供するKDDIのネットワークを利用し、日本と欧州をシームレスに接続、さらには、『KDDI アプリケーション最適化サービス』によりグローバルネットワークの安定稼働と高速化を実現。

フルメッシュ型グローバルネットワーク『KDDI Global IP-VPN』と
KEU*が誇る『欧州域内ネットワーク』の組み合わせにより冗長化構成を実現

イビデン社は、フィリピン (高機能パッケージ基板)、中国 (携帯電子機器向け高密度プリント配線板)、フランス及びハンガリー (DPF) に先端技術を有する4量産拠点を保有するほか、17カ国に34拠点を設け、タイムリーで迅速な製品供給体制を構築している。特に欧州では、世界に名立たる自動車メーカーの重要部品を提供しており、お客様の生産体制の一翼を担っていることから、当社の要因に寄って製品供給に支障がでるような事態は絶対に避けなければならないという事情を抱えていた。一方、そうした緊密な関係を維持するには、お客様との情報通信体制はもとより、イビデングループ内のイントラネットが「停まらない」ということが担保される必要があった。「地震災害により通信インフラが寸断される事故を経験後、より安定した、有事に強いネットワークを模索していました」と語るのは、今回のプロジェクトの指揮をとられた石渡氏。パリでのプレゼン、実地検証を経て、採択されたのは、『KDDI Global IP-VPN』とKEUの『欧州域内ネットワーク』をシームレスに接続する方式。MPLSならではの高い安全性や伝送ケーブルの冗長化構成に加え、『欧州域内ネットワーク』の特徴である拡張性・柔軟性が導入の決め手となった。

  • KEU = KDDIヨーロッパ

『KDDI アプリケーション最適化サービス』を組み合わせることにより、
懸案であった伝送スピードの高速化に成功、メール配送遅延も見事に解決

「当社は基本的にメール大好きなんです」と切り出す石渡氏。部門間での交渉の際、即断即決を求められるケースでは、一般的なラインマネジメントに優先して、担当者間での直接メールで処理することも少なくない。ただし、その場合、上司や関係者へのCCメールが条件となる。こうした同社の組織文化は、海外のグループ会社にも波及し、これにより通信量が増大、メールの配送遅延を生む原因となっていたと、石渡氏は分析する。これに対しKDDIは『KDDI アプリケーション最適化サービス*』を提案。これは両拠点に設置されるアプリケーションサーバの前に『最適化装置』を介入させ、アプリケーションごとの通信量を「見える化」し、優先制御による「最適化」、圧縮技術等による「高速化」を実現するものである。また、データ転送状況はKDDIのバックボーンに置かれたセントラルサーバ上のWEBポータルにアクセスする事で、リアルタイムにモニタリングすることができる。「導入前は半信半疑でしたが、想像をはるかに上回る、劇的な改善効果が得られました。通信回線の容量を増やすことなく、利用環境の改善が図れたことから、コスト面でも大変満足しています」石渡氏からの高い評価をいただくに至った。

  • 本サービスの『見える化』『最適化』は『KDDI Global IP-VPN』の基本機能としてご利用いただけます。

欧州拠点とKDDIヨーロッパの担当者間で、障害発生時のマニュアルを共有
両者の役割分担を明確にし、復旧作業時間を短縮化する体制を構築

今回のプロジェクトでは、万が一の事態発生に備えた復旧対策にも目が向けられた。まず日本から営業責任者とSE、UK-NOC*からはセンター長、さらにドイツの営業担当の4者が集い、「欧州域内ネットワーク」を構成する現地キャリアに対する各種申し入れを行った他、障害受付窓口をUK-NOCに一元化し、運用保守体制の枠組みを構築した。また、石渡氏からの提言の下、障害発生時の緊急応動における両者の協業体制が熱心に話し合われた。「ネットワークの世界では、ラスト1マイルという部分はどうしても現地に任せなければならない、しかしそこでトラブルが起き易い。そこをどう短くするか。問題の特定を両者でできるだけ短縮しましょうと」。その結果、KDDI側からは障害発生時のマニュアルを提供、これに基づきイビデン社担当者が原因箇所を特定して報告、KDDI側では交換機器類を用意して速やかに対応するというしくみが作られた。「これにより従来半日、あるいは一日を要していた復旧作業が大幅に短縮できた」と石渡氏は語る。「KDDIという会社が、うちの会社をどうやって世界中でサポートしようかということを、皆さんで協力してやっていただいているということがよく分かりました。KDDIの総合力を改めて高く評価しています」

  • NOC = ネットワークオペレーションセンター

次の戦略

モバイル通信、クラウドの飛躍的な技術革新に備えて

現在、モバイル通信の技術はイノベーションの真っ只中にあり、この先3年から5年というスパンで、そのスピードは飛躍的に早くなると言われています。そうなると、固定回線とモバイルネットワークの棲み分けがなくなり、イントラネットの在り方も自ずと変わって行くことでしょう。クラウドも「その先」がありそうです。当社は本年、中期計画を提示しておりますが、ここではリスク対応力強化の一貫として、ICTコストの変動費化も暗に目論んでおります。次世代ネットワークがどう発展して行くのか、KDDIさんと共に見守っていきたいと思います。

お客さまプロフィール

社名 イビデン株式会社
本社所在地 岐阜県大垣市神田町2-1
設立 1912年11月25日
資本金 64,152百万円
連結売上高 285,946百万円
連結子会社 41社 (国内17、海外24)
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.ibiden.co.jp/
事業内容 イビデングループは、1912年、地域経済の振興を目的とした発電会社「揖斐川電力株式会社」として創立され、その後、自家発電を活用した電気化学工業へと転進しました。現在は、電子関連事業とセラミック関連事業を主力事業とし、電子関連事業ではプリント配線基板やプラスチックパッケージなど、セラミック関連事業では特殊炭素製品やDPFなど、すべての分野で世界トップクラスの企業と協業しながら、技術革新のイニシアティブを取っています。

社名 タック株式会社
本社所在地 岐阜県大垣市小野4-35-12
設立 1976年3月1日
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.taknet.co.jp/
事業内容 イビデングループとして、本プロジェクトのネットワーク設計を担当する。

担当からのメッセージ

写真: KDDI株式会社 ソリューション営業本部 ソリューション中部支社 法人営業部 営業1グルーブ 片平 善美

KDDI株式会社
ソリューション営業本部 ソリューション中部支社
法人営業部 営業1グルーブ 片平 善美
今回、グローバルネットワークの冗長化及びアプリケーション最適化サービスの導入により、お客様ネットワークの安定稼働と高速化に貢献することができました。今後も強固な信頼関係を維持しながら、リスク対策、業務効率化および事業継続性も加味した、ご満足していただけるサービスを、KDDIグループの総力をあげて取り組み、提案・導入およびサポートを担っていきたいと考えています。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
同じサービスの事例
同じ業種の事例
導入のサービス・ソリューション
導入事例