KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 社会福祉法人恩賜財団済生会支部 埼玉県済生会川口総合病院様

社会福祉法人恩賜財団済生会支部
埼玉県済生会川口総合病院様

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 埼玉県済生会川口総合病院様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/kawaguchi/index/logo-kawaguchi.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry01.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee03.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category135.gif

クラウド上で、3D医用画像の構築・参照が可能に。

クラウド型「リアルタイム3D医用画像ソリューション」(以下、クラウド3D) の商用化を検討するにあたり、実証環境を構築し、以下の検証を実施致しました。

掲載日:2011年06月

検証内容と結果

画像転送処理

医用画像 (DICOM画像) をKDDIの高速ネットワーク回線でクラウドにアップロード。
閉域網を活用した帯域保証型の回線を用いることで、ストレスを感じないスピードでのアップロードを実現しました。

画像作成処理

KDDIクラウド上のサーバにて3D医用画像作成処理を実施。
院内サーバと比較しても、スピード・操作共に、遜色のない作業を実現しました。

モバイル利用

WiMAXルーターを用いて、外出先など、院外からのリモートアクセスを検証。
KDDIのリモートアクセスサービスを利用することで、セキュリティを担保した環境での3D用画像の閲覧・参照を実現しました。

実証実験の構成図

川口総合病院 放射線技術科 技師長さまのコメント

クラウド3Dなら、大規模な初期投資が不要となり導入の手間も軽減されるでしょう。
ネットワークもKDDIの閉域網を利用することで、セキュリティも確保できており安心して利用できます。
また、大容量の医用画像データ転送についても、実務に支障がないスピードが出ています。
加えて、KDDIの強みであるモバイル環境でも3D医用画像処理や参照が可能ですので、
非常時にも3D医用画像処理が行えることにより合理的で迅速な画像診断に寄与できると考えます。

  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
導入のサービス・ソリューション
導入事例