KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 株式会社メディケア・リハビリ様

株式会社メディケア・リハビリ様

株式会社メディケア・リハビリ様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/medi-care/index/logo-medi-care.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry01.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee01.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category112.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category133.gif

WiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』で、日々の訪問看護サービスの効率化と利用者情報の共有を実現。災害時の職員、利用者の安否確認としての期待も

大阪府全域のほか奈良県・兵庫県・京都府の一部といった広範囲にわたって福祉・医療・看護サービスを提供する (株) メディケア・リハビリ様は、訪問看護職員約120名に、WiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』を導入。職員間の連携を強化したことに加え、サービス利用者の状況を記した記録書などを電子化してタイムリーに共有できる体制を構築。災害時の職員、利用者の安否確認などにも活用を開始している。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2012年01月

課題1訪問看護にかかわる記録書、報告書、計画書類は、ほとんどが紙媒体。書き込み作業だけでも職員には大きな負担があった。

ご提案・導入効果:『HTC EVO WiMAX』でいつでも情報共有

『HTC EVO WiMAX』とクラウドサービスの連携によりタイムリーな情報共有を実現。外出先での看護記録などの閲覧や入力を可能にし、業務効率とサービス品質を向上。

課題2スマートフォンの必要性は感じていたが、エリアやサポート体制など、どのキャリア、端末にするか思案していた。

ご提案・導入効果:魅力の通信エリア『HTC EVO WiMAX』

スマートフォン導入にあたっては、さまざまなキャリアを検討の上、通信エリアの広さ、迅速なサポートサービスなどから『HTC EVO WiMAX』を選択。

課題3訪問看護サービスにおいて、スタッフ間での円滑な情報共有や連絡方法など、さらなる業務の効率化が求められていた。

ご提案・導入効果:「Knowledge Suite」などのアプリで効率化を実現

現在、一部スタッフに導入している「Knowledge Suite」など、さまざまなアプリで訪問看護サービスの業務をいっそうスムーズに。

図: 株式会社メディケア・リハビリ様のWiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』のご利用イメージ (2011年11月時点)

  • 注1)
    WiMAXご利用時には、月額利用料500円が別途かかります。ベストエフォート型サービスのため、エリア内であっても混雑により通信速度が低下する場合がございます。
  • EZwebサイトはご利用いただけません。
  • 「HTC EVO WiMAX ISW11HT」は、従来のau携帯電話と対応周波数が異なるため、一部ご利用できないエリアや、一部電波状態が不安定な場合があります。今後順次改善いたしますので、ご了承ください。対応エリアにつきましては、店頭スタッフまたはauホームページにてご確認ください。

事例詳細

写真 (左): ハートケアグループ 訪問看護ステーション 所長 平野 宏一氏

ハートケアグループ 訪問看護ステーション 所長
平野 宏一氏

写真 (中): ハートケアグループ 経営本部 広報部 部長 森山 寛基氏

ハートケアグループ 経営本部 広報部 部長
森山 寛基氏

写真 (右): ハートケアグループ 訪問看護部 部長 岩崎 千佳氏

ハートケアグループ 訪問看護部 部長
岩崎 千佳氏

WiMAX搭載スマートフォン『HTC EVO WiMAX』で、日々の訪問看護サービスの効率化と利用者情報の共有を実現。災害時の職員、利用者の安否確認としての期待も

クラウドサービスにより利用者記録を電子データ化
『HTC EVO WiMAX』の連携で、外出先でも看護記録の閲覧や入力作業が可能に

訪問看護をはじめ看護・福祉の業界では、利用者のさまざまな情報を紙媒体に頼っている現状があった。訪問日時、血圧・体温・脈拍の数値、リハビリ・看護の具体的な内容、次の訪問日時や特記事項、保険証や主治医の情報確認…など日々のサービスにかかわる内容に加え、月末になると公的機関や外部に提出する報告書、計画書などの作成・事務作業が膨大になり、職員への負担が大きかった。
その中、平成22年にソフト制作会社から訪問看護ソフト共同開発の話があり、メディケア・リハビリ様のこれまでのサービスのノウハウを活かし、クラウドサービス「いきいきメディケアサポート (注2)」を導入。さらにスタッフには『HTC EVO WiMAX』を貸与することで、訪問看護ステーション職員がサーバから随時必要な情報を閲覧、入力することが可能となり、医師・ケアマネジャーなど、訪問看護サービスにかかわる方に対してリアルタイムでの情報の提示・共有が可能となった。また『HTC EVO WiMAX』によりクラウドサービスへの快適なアクセスと操作性を実現し、外出先においても訪問看護情報の閲覧・入力が簡単に行えるようになった。「それぞれの書式で行われていた煩わしい書類関連の作業負担を抑えられますし、何より外出先でも本社とリアルタイムに情報を共有できることが効果的です」と平野氏は語る。また、このシステムは厚生労働省「医療情報システムの安全に関するガイドライン」に準拠した万全なセキュリティ対策が敷かれており、情報管理という点でも問題ない。「当ステーションにおいての活用状況を見つつ、将来ハートケアグループ全体、さらには地域全体へと拡がれば」と平野氏は期待を膨らませている。

スマートフォン導入にあたっては、さまざまなキャリアを検討の上、通信エリアの広さ、
迅速なサポートサービスなどから『HTC EVO WiMAX』を選択

メディケア・リハビリ様は従来、各職員個人所有の携帯電話によるメールと電話で、職員間や本部ステーションとの連絡を行っていた。キャリア選定を担当した森山氏によると、今回の『HTC EVO WiMAX』導入にあたり、他キャリアの製品も含めデモでの動作速度などさまざまな面で比較、精査し、導入環境の整備などもふまえ総合的に判断。万一の際のスピーディなサポート体制に加え、とりわけauの通信エリアの広さに魅力を感じ、『HTC EVO WiMAX』の導入を決めた。
「訪問看護サービスは日中、本部ステーションを拠点にほぼ全担当者が訪問先を巡回しているのが現状です。
特に郊外が通信エリアに入っているかどうかが選択のポイントになりました」と岩崎氏は振り返る。続けて「職員間のコミュニケーションも取りやすくなり、業務の質が上がりました」と『HTC EVO WiMAX』による効果を語る。また、コスト面について森山氏は「料金プラン面では多少KDDIさんには無理を言いましたがキャリア120台導入に見合う、ベストな料金提示をいただけました」というご評価。さらにテザリング機能など、ますます活用の可能性が期待されている。

現在、一部スタッフに導入している「Knowledge Suite」など、
さまざまなアプリで訪問看護サービスの業務をいっそうスムーズに

一部スタッフが試験導入し、今後スマートフォンでの本格的な活用が期待されるクラウド型サービス「Knowledge Suite」(グループウエア&SFA: 営業支援機能)。森山氏は「最近モバイル版を利用し始め、メッセージや予定の確認などにも利用しています」とご会心の様子。また、平野氏はスマートフォンアプリ活用方法について「カメラによる画像取り込み・送信も訪問看護サービスでは使い勝手がよいですね。
訪問先で利用者の様子を撮り主治医に相談するときなどに力を発揮します。例えば訪問時に利用者の歩行姿勢を撮影し回復の経過をたどることもでき、より有効な回復訓練につなげられると考えています。ほかにも利用者宅のベッドの位置、床の段差などを撮影し、別の担当者も確認可能にすれば、ひと目で分かるので情報共有も簡単です。また、災害時の安否確認や看護フォローなどのBCP対策としての活用も開始しています」と力説。続けて「利用者にいっそうご満足いただけるサービスを提供していきたい」と期待を込めて語る。

  • 注2)
    「いきいきメディケアサポート」はいきいきメディケアサポート株式会社提供のクラウドサービスです。

次の戦略

ゆくゆくは看護・福祉サービスの地域ネットワーク化を

『HTC EVO WiMAX』導入を足がかりとして、将来に向け大きなビジョンを描いています。そのひとつが現在進行中のリハビリ・看護支援クラウドサービス「メディケアいきいきサポート」の広域版です。近畿圏を中心に今以上の広い範囲をきめ細かくカバーするネットワークが実現すれば、情報の共有もサービス業務そのものも、いちだんと質が高まると思います。また、GPS機能を活用して、直行・直帰など職員の訪問確認や労務管理にも充分期待が持てます。当社のさらなるサービス向上のための取り組みに、KDDIさんにもご協力いただきたいと考えています。

お客さまプロフィール

社名 株式会社メディケア・リハビリ (ハートケアグループ)
本社所在地 大阪府羽曳野市羽曳が丘3丁目203番地の1
設立 1990年6月12日
資本金 5000万円
社員数 600名 (グループ全体)
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.medi-care.co.jp/
事業内容 1988年より「介護・リハビリ」と向き合ってきたハートケアグループの一社で、訪問看護・リハビリサービスを担う (株) メディケア・リハビリ。自宅での自立した日常生活ができるよう、心身の機能回復と維持、向上を図ることが目的。主治医の指示に基づき看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が医療の専門家として在宅の方々を幅広く支援する。

担当からのメッセージ

KDDI株式会社 ソリューション関西支社 パートナービジネス部 営業3グループ 課長補佐
今井 賢之
本件は株式会社スタートーク様と協力することで、お客さまの課題に対してベストな提案を行うことが出来ました。今後も、今以上にスマートフォンで業務効率アップを図ることができ、かつ同業他社様への見本となるような提案をし続けていきたいと思います。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。