KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 株式会社日本設計様

株式会社日本設計様

株式会社日本設計様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/index/nologo.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry07.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee03.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category141.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category151.gif

キャリア1社の包括的なサポートで効率的なネットワーク運用を実現

多数の関係者間で共有されるCADデータの効率的な運用が求められる日本設計様では、2003年4月の『KDDI Powered Ethernet』に続いて、2004年9月にSSL-VPN認証によるセキュアなリモートアクセス環境を構築。SSL-VPN装置の運用は『KDDI データセンター』でアウトソーシングするなど、KDDIのソリューションにより効率的な業務体制を実現している。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2005年12月

効果1『KDDI Powered Ethernet』でスムーズなデータ共有

『KDDI Powered Ethernet』を利用して、CADデータをスムーズに共有

「環境」をテーマに都市空間の演出に取り組み続ける日本設計様では、2003年4月から『KDDI Powered Ethernet』を利用して、国内7拠点を結ぶ基幹ネットワークを構築している。
「設計事務所にとって、多数の関係者間でやりとりされる情報の中でも、もっとも重要なのがCADデータです。したがって、クライアントへの最終的な成果物でもあるこれらのデータ運用を支える基幹ネットワーク選定の最大の要件は『信頼性』でした」と株式会社日本設計 常務執行役員 プロジェクト統括本部 副本部長 倉斗道夫氏は話す。
日本設計様では、ネットワーク刷新に際して、これらの膨大なCADデータをスムーズに共有できる環境の実現が当初から念頭にあった。
「現在、これらのデータは本社のサーバで集中管理を行い、全社で約800人のCAD利用者へ広域イーサネット経由でネットワークライセンスを発行して運用しています。生産基盤であるCADシステムの稼働を託せるのも、『KDDI Powered Ethernet』の高い信頼性が前提となっています」(倉斗氏)
また、支社から利用する場合、いったん支社サーバで更新された最新のCADデータは、すべて本社のサーバに自動的にバックアップされる仕組みになっている。このように災害によるファイルサーバの停止などに備え、信頼性の高い『KDDI Powered Ethernet』でディザスタリカバリ体制が構築できたのも、大きな導入効果の1つだという。

写真: 倉斗 道夫氏

株式会社日本設計
常務執行役員
プロジェクト統括本部
副本部長
倉斗 道夫氏

図: 新ネットワーク (2005年9月)

効果2包括的なサポートで管理負担を削減

キャリア1社による包括的サポートにより、効率的なネットワーク運用を実現

現在、日本設計様では『KDDI Powered Ethernet』のほかにも、『KDDI インターネット』や『KDDI データセンター』など、多彩なサービスを組み合わせながら、キャリアをKDDI1社に限定したネットワーク運用を行っている。
「2003年4月のネットワーク刷新は、それまで利用していたIP-VPNの帯域不足が直接のきっかけでしたが、少人数でネットワークを管理する弊社にとって、効率的なネットワークの運用を実現するためにキャリアの選定に当たっては、信頼性に加えて、トータルなソリューション提案が大前提でした」と株式会社日本設計 システム企画室 シニアオフィサー 岩﨑滋彦氏は振り返る。
『KDDI Powered Ethernet』で構築された社内LANは、『KDDI データセンター』のファイアウォールを通じて『KDDI インターネット』に接続されている。さらに各種サーバも『KDDI データセンター』でアウトソーシングしている。
「複数の提案を検討しましたが、拠点間LAN接続から外部とのインターネット接続、データセンターのアウトソーシングまで安心してまかせられ、全体のコストパフォーマンスが最も優れていた点で、KDDI の採用が決まりました。現在、KDDIの包括的なサポートにより管理負担も大幅に削減できて大変満足しています」(岩﨑氏)

写真: 岩﨑 滋彦氏

株式会社日本設計
システム企画室
シニアオフィサー
岩﨑 滋彦氏

効果3セキュアなリモートアクセス環境

『SSL-VPN認証』を活用したセキュアなリモートアクセス環境

日本設計様が同時並行してかかわる施工案件は、全国各地で100件近くにも上る。常駐する技術者は、現場事務所から社内LANにアクセスして、CADデータを利用することも珍しくない。こうした状況から、日本設計様は、『KDDI Powered Ethernet』の導入後もネットワーク環境の改善に積極的に取り組んできた。
「2004年9月からは、外部から社内の情報にアクセスする場合のセキュリティ強化を目的に、SSL-VPN認証によるリモートアクセス環境を運用しています。これによってクライアント側に専用ソフトは必要なく、Webブラウザが動く環境であればどこからでもセキュアなリモートアクセスができるようになりました。SSL-VPN装置も『KDDI データセンター』を利用してアウトソーシングしているため、管理負担の削減に成功しました。」(岩﨑氏)
このほかにも日本設計様では、メールサーバにF-Secureのウイルスチェックソフトを導入して運用コストを下げるなど、KDDIの改善提案を積極的に採用している。
「基幹ネットワークとインターネットが整備でき、さらにSSL-VPN認証によって外部からでも安心してデータベースにアクセスできる環境が整いました。今後はこうした環境を、弊社とコラボレーションを組む社外スタッフにも拡大し、より快適な業務環境を作っていきたいと考えています」(倉斗氏)

お客さまプロフィール

社名 株式会社日本設計
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
事業内容 大手の建築設計事務所。1967年の創立を機に新宿副都心超高層街の先陣を切った「京王プラザホテル」の設計に携わり、その後、「新宿三井ビル」を初め多くの超高層建築の設計を手がける。創立当初より「建築計画=街づくり」のコンセプトから、「都市計画」への積極的取り組みを行い、この分野においても大きな実績を残している。また、「人と自然の共生」をテーマに、「長崎ハウステンボス」に代表される多くの環境提言を建築・都市計画を通じて行っている。
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.nihonsekkei.co.jp/
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
同じサービスの事例
同じ業種の事例
導入のサービス・ソリューション
導入事例