KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 おかやま信用金庫様

おかやま信用金庫様

おかやま信用金庫様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/index/nologo.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry04.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee03.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category113.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category132.gif

特別な初期費用をかけず情報漏えいリスクを低減。職員との緊急連絡手段を確立

岡山県南部を主な営業エリアに、地場の中小企業専門金融機関として事業性融資に注力しているのが、おかやま信用金庫様です。同社は、au携帯電話を約 300名の管理職・渉外営業担当者に貸与することで、万一の携帯電話紛失時にお客様データの遠隔消去を実現し、情報漏えいリスクを低減。特別な設備投資の必要もなく、最小限の投資で高いリスク管理を実現されました。

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

掲載日:2007年02月

システムと特長

  • サーバなどの設備投資が必要なく、安価な初期投資で利用が可能になっています。
  • パソコンからインターネット上でメンバー登録を行い、携帯電話に専用のアプリケーションをダウンロードするだけで、サービスの利用が可能です。
  • 増員の際は、携帯電話を追加するだけで、迅速かつ安価に対応できます。
  • 地図情報を活用する場合は、簡単な手続きでGPS MAPサービスへの移行が可能です。

『ビジネス便利パック』に加入したau携帯電話を利用してお客さま情報の漏えい防止策を強化された、おかやま信用金庫様の導入システム

BREW(R)アプリ搭載のau携帯電話をすべての営業社員に配布。勤務時間入力画面に従い出退勤時刻、休憩時間、走行距離などの必要事項を入力、本社サーバへ送信することで、すべての営業社員の勤務情報をその日のうちに把握。各拠点の管理担当者は、PCでリアルタイムな勤務データの確認ができ、勤務管理業務の大幅削減を実現した。

図: システムと特長

導入前の課題

携帯電話からの顧客情報漏えい防止を、いかに図るか

金融機関にとって、お客さま情報の漏えい防止体制強化は、最重要テーマのひとつといえます。おかやま信用金庫様では、営業活動に必要不可欠なツールである携帯電話からの顧客情報漏えい防止を図り、営業効率を考慮した業務用の携帯電話導入が新たな課題となっていました。

課題1携帯電話内の、お客さま情報のセキュリティ強化

お客さま情報の漏えいリスクを軽減する上で、携帯電話に保存されているアドレス帳データなどの情報漏えいを、いかにして防止するか・・・。お客さまからの信頼を第一と考える金融機関として、組織的な情報管理の徹底と、技術的な情報漏えい防止策を図ることが、必要不可欠でした。

課題2カメラ付き携帯電話がもたらした、新たな情報漏えいリスク

おかやま信用金庫様ではもともと、「社内情報の持出し」、「お客さま企業の情報流出」などを防ぐため、カメラの持込みは厳禁でした。しかし近年、携帯電話の大半がカメラ機能付きになったため、情報漏えいのリスクが高まっていました。

課題3緊急時などの、確実かつ迅速な連絡手段が必要だった

地域社会に根ざした活動を展開する金融機関として、災害などの緊急時には、本部と各拠点が密接に連絡をとり、速やかに対策を立てることが重要となってきます。したがって、緊急時でも確実に連絡がとれる手段を構築する必要がありました。

導入効果

万一の紛失時には、『ビジネス便利パック』の
リモートデータ削除機能で、お客さま情報を一括消去

おかやま信用金庫様は前述のような業務課題を解決するために、管理職と渉外営業担当者に、業務専用のau携帯電話を貸与。私用携帯電話と業務用携帯電話を完全に使い分けることで、お客さま情報管理の徹底を図ったのです。そして万一、携帯電話を紛失した場合でも、KDDIのASPサービス『ビジネス便利パック』のリモートデータ削除機能を活用することで、お客さま情報を一括消去。また、au携帯電話にはカメラ機能なしの端末を採用するなど、情報漏えいを防止するための配慮を徹底して施しています。

紛失時には、遠隔操作でお客さまデータを完全消去

万一、携帯電話を紛失した場合、au携帯電話に保存されているアドレス帳データは、本店のパソコンから遠隔操作で一括削除できます。au携帯電話本体からお客さまデータをすべて削除することで、情報漏えいを完全にシャットアウト。業務用携帯電話を採用することで、管理の徹底を実現しています。

お客さまデータの削除時に携帯電話の位置を測位

遠隔操作でau携帯電話のアドレス帳データを削除した時に、GPSで携帯電話の位置情報を測位。管理者のパソコンで携帯電話の紛失場所を確認でき、早期発見を可能にしています。また、万一の安否確認が必要になった場合の確認手段としての活用も可能になりました。

カメラなし端末&パスワード入力で、情報漏えいリスクを低減

携帯電話端末に、カメラなしを採用し、情報漏えいリスクを低減。また、端末を閉じると、電話をかけたりアドレス帳を見るためにパスワードの入力が必要となる"とじるとロック"機能により、リモートデータ削除を行なうまでの間に他人に使用されることを防止しています。

緊急時には、緊急連絡機能で確実に情報伝達

緊急時の連絡は、本店のパソコンから、職員のau携帯電話へ緊急連絡メッセージを一斉送信。送信したメッセージの開封状況や、au携帯電話から返信されたメッセージがパソコン上で確認できるようになっています。このように、おかやま信用金庫様では、迅速かつ確実な緊急連絡体制を組織内に確立されたのです。

お客さまの評価

「今後は、営業支援情報発信などさまざまなシーンで、
『ビジネス伝言板機能』が活用できると期待しています」

今回導入されたシステムについての評価を、総務部管財課 課長 斎藤和正氏に伺いました。「お客さま情報の漏えい防止策を検討する中で、営業フロアへの私物の持込み禁止が検討されました。その際に問題となったのが、個人所有の携帯電話の扱いです。個人所有であるかぎり携帯電話も使用禁止にすべきとの声もありましたが、営業効率を考えると必要不可欠なツールであり、業務専用のau携帯電話の採用を決めたのです。KDDIを採用したのは、サーバなど特別な初期投資の必要がなく、携帯電話の使い勝手とセキュリティの両立が図られており、また、新たに採用となったカメラ機能のない携帯電話により、営業フロア内や訪問先での情報流出のリスク軽減ができるからです。今後、『ビジネス便利パック』のパソコンで登録したトピックスなどが携帯電話で閲覧できる『ビジネス伝言板機能』が、営業支援情報発信などさまざまなシーンで活用できると期待しています」。

お客さまプロフィール

社名 おかやま信用金庫
本社所在地 岡山県岡山市柳町1丁目11番21号
従業員数 従業員数 584名 (2006年3月31日現在)
事業内容 岡山市を中心に45店舗を展開する、岡山県を代表する信用金庫。地元の中小企業や住民のための金融サービスなどを、きめ細やかに行っている。
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.shinkin.co.jp/okayama/
写真: おかやま信用金庫

おかやま信用金庫

  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
導入のサービス・ソリューション
導入事例