KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 株式会社プレミアネットワーク様 (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント様)

株式会社プレミアネットワーク様 (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント様)

株式会社プレミアネットワーク様 (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント様) の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/premier-network/index/logo-premier-network.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry08.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category114.gif

『ビジネスタブレット –TOUGH– ETBW11AA』を使ったロードサービス自動手配システム『Paa-S』により出動手配時間の短縮とロードサービス品質の向上を実現

自動車の故障や事故発生時に、現場に駆けつけ対処するロードサービス事業の運営サポートを手掛ける株式会社プレミアネットワーク様 (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント様) では、KDDIの『ビジネスタブレット –TOUGH– ETBW11AA』を使ったロードサービス自動手配システム『Paa-S』を開発。ロードサービス業者の手配業務を、従来の電話による依頼型からタブレット端末を使った出動応募型に変えることで出動手配時間を短縮。あわせて多彩なロードサービスサポート機能により作業効率とサービス品質の向上をサポートしている。

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
掲載日:2012年02月

課題11分1秒を争うロードサービスの現場では、出動要請にかかる手配時間を短縮し、 お客さまのもとに少しでも早く急行することが必要不可欠であった。

ご提案・導入効果:タブレットを使い出動手配を自動化

『ビジネスタブレット』に案件情報を一斉送信することで、車輌手配時間を約75%削減。依頼内容のデータ送信により伝達ミスも軽減。

課題2お客さま満足のさらなる向上のため、現場スタッフの作業効率アップとサービス品質の向上をいかに両立させるかが、ロードサービス事業者の課題であった。

ご提案・導入効果:多彩なサポート機能もタブレットで一括管理

簡易ルート案内や天気・渋滞情報の閲覧、作業完了報告などもタブレットで完結。さらに会員向けサイトとも連携を図りサービス品質の向上や業務の効率化をサポート。

課題3ロードサービスの現場で使用するためには、雨の日にも使え、衝撃にも強い堅牢性があり、 情報が見やすく持ち運びにも適した端末が求められていた。

ご提案・導入効果:ビジネス専用のタブレット端末で解決

防水&防塵性能と耐衝撃性能を備えた『ビジネスタブレット』で厳しい作業環境に対応。視認性と携帯性に優れた7インチ液晶によりアクティブな利用を実現。

図: 株式会社プレミアネットワーク様 (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント様) のKDDIビジネスタブレットを使ったロードサービス自動手配システム『Paa-S』ご利用イメージ (2012年2月時点)

事例詳細

代表取締役 吉澤 成一朗氏

代表取締役
吉澤 成一朗氏

取締役 ネットワーク管理部 部長 川瀬 健司氏

取締役 ネットワーク管理部 部長
川瀬 健司氏

ネットワーク管理部 課長 平澤 哲氏

ネットワーク管理部 課長
平澤 哲氏

『ビジネスタブレット –TOUGH– ETBW11AA』を使ったロードサービス自動手配システム『Paa-S』により出動手配時間の短縮とロードサービス品質の向上を実現

『ビジネスタブレット』に案件情報を一斉送信することで、車輌手配時間を約75%削減
依頼内容のデータ送信により伝達ミスも軽減

自動車の故障や事故発生時に、現場に駆けつけ対処するロードサービス業務を行う自動車整備会社やレッカー業者など (以下ロードサービス業者) の運営サポートを手掛ける株式会社プレミアネットワーク様 (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント様) では、KDDIの『ビジネスタブレット –TOUGH– ETBW11AA』を使ったロードサービス自動手配システム『Paa-S』を開発。
その最大の特長はロードサービス車輌の手配を、従来の電話による "依頼型" からタブレット端末を使った "出動応募型" に変えることで車輌手配の時間短縮を実現したことだ。「従来は、お客さまからの出動要請を受けたコールセンターが、要請現場の近くにいる数社のロードサービス業者に電話で連絡し、依頼内容を説明した上で最短で急行できる業者を選定していたため、車輌手配に平均で約5分の時間がかかっていました。『Paa-S』ではタブレット端末から自動配信される位置情報とステータスをもとに、要請現場から一定の範囲内にいてすぐに急行できる "待機中" の車輌 (タブレット端末) に案件情報を一斉に配信。現場スタッフが案件情報を確認した上で出動応募を行っていただき、その中から最適な車輌に出動依頼をかけることで、車輌手配に要する時間は、従来の電話依頼に比べ約75%短縮することができました。お客さまへのより素早い対応を実現するとともに、コールセンターの車輌手配能力が増えたことで、ロードサービス業者様へより多くの出動依頼を提供することが可能になりました」と吉澤氏は語る。さらに「電話で伝えていた依頼内容を、文字情報で送信することで何度でも確認でき、言い間違いや聞き間違いなどの人的ミスが軽減できることもタブレット端末を活用した『Paa-S』ならではの魅力です」と吉澤氏は力説する。

  • GPS衛星の電波を受信しづらい地下街、建物内、ビル陰などでは、位置情報の精度が悪くなる場合があります。

簡易ルート案内や天気・渋滞情報の閲覧、作業完了報告などもタブレットで完結
さらに会員向けサイトとも連携を図りサービス品質の向上や業務の効率化をサポート

『Paa-S』には、自動手配以外にロードサービスにおけるサービス品質の向上や業務の効率化をサポートする多彩な機能が搭載されている。
出動依頼を受けた案件までの簡易ルート案内機能や天気や道路、高速料金など情報閲覧機能を搭載することで、急行時間の短縮とサービス品質の向上をサポート。さらに、従来は帰社後にFAXで行っていた作業完了報告が、タブレット端末から可能になり報告業務やFAX送信にともなう人的ミスを削減。あわせて、タブレット端末のカメラで撮影した現場画像を作業内容に紐づけして保存することで、作業内容の画像による報告と情報共有が可能となった。
また、「現在準備中の『Paa-S』会員向けウェブサイトでは、自社スタッフの現在位置やステータス、出動履歴がリアルタイムに確認できるようになります。タブレット端末だけでなくロードサービス業者様のパソコンからも利用できるので、業務や経営の効率化ツールとしてもご活用いただけます」と川瀬氏は語る。

防水&防塵性能と耐衝撃性能を備えた『ビジネスタブレット』で厳しい作業環境に対応
視認性と携帯性に優れた7インチ液晶によりアクティブな利用を実現

日々、現場で使用するタブレット端末の選定においては、各キャリアの端末について比較検討が行われた。
「現場スタッフが持ち歩くタブレット端末としては、雨や雪の中でも使え、誤って落としても壊れにくい端末であること。そして画面が見やすく持ち歩きやすいサイズであることが必要でした。様々な端末を比較する中で、KDDIさんから防水 (注1) や防塵性 (注2)、耐衝撃性 (注3) を備え、視認性と携帯性を両立する7インチ液晶を採用した『ビジネスタブレット –TOUGH– ETBW11AA』の提案があり採用を決めました」と平澤氏は振り返る。「現在約310台の端末が稼働していますが、端末が壊れたという報告は1件もありません」と川瀬氏は語る。

  • 注1)
    IPX4相当: JIS指定のノズルを利用し、約30~50cmの距離から約10リットル/分の水を5分以上注水しても有害な影響がないことを意味します。
  • 注2)
    IP5X相当: 防塵試験用粉塵 (直径25μm以下) が入ったとしても所定の動作および安全性を損なわないように保護されていること意味します。
  • 注3)
    AAEON Technology Inc.にて、高さ76cmからコンクリート材に製品を落下させる試験を実施しています。投げつけたり、無理な落とし方をするなど、すべての衝撃を保証するものではありません。

次の戦略

将来的にはロードサービス業者様の
コミュニケーションツールとしても役立てたい

サービス開始から約2ヶ月を経て現在、全国のロードサービス業者様に約350台の『Paa-S』端末をご導入いただいています。当面は1,300台を目標に、より多くのロードサービス業者様にご導入いただけるようにしていきたい。また、『Paa-S』の機能やサービスの拡充も積極的に行っていきたいと考えています。例えば最寄りの修理工場や修理費用などの検索機能を強化したり、将来的には会員向けウェブサイトを活用した全国のロードサービス業者様のコミュニケーションの場を提供できればと考えています。今後グループ全体の通信にかかわる経営資源をKDDIさんで一本化するという話もありますので、引き続きさらなるご協力をお願いします。

お客さまプロフィール

社名 株式会社プレミアネットワーク (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント)
本社所在地 東京都千代田区麹町1-4
設立 2011年2月25日 (2011年5月1日営業開始)
資本金 5,100万円
社員数 153名
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.premier-itsolution.co.jp
事業内容 年間約60万件のロードアシスト事業を手掛ける株式会社プレステージ・インターナショナルのグループ会社として設立。長年にわたり蓄積したロードサービス事業のノウハウを活かし、お取引協力会社様のサービス品質向上を図るために、教育や施設の運営管理をサポート。また、同時にロードサービスをはじめ、さまざまな業種に対し、価値あるサービスやシステムの提供を行っている。

担当からのメッセージ

写真: KDDI株式会社 ソリューション営業本部 第1営業部 営業2グループ 課長補佐 伊藤 智宏

KDDI株式会社
ソリューション営業本部 第1営業部 営業2グループ
課長補佐 伊藤 智宏
この度、ロードサービスの新システムに『ビジネスタブレット –TOUGH– ETBW11AA』をご採用いただくことで、業務効率アップと出動手配時間の半減に貢献することができ、嬉しく思っています。今後も株式会社プレミアネットワーク様 (現 株式会社プレミアIT&プロセスマネジメント様) をはじめ、更なるサービス品質向上に寄与できれば幸いです。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
導入のサービス・ソリューション
導入事例