KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 リスクモンスター株式会社様

リスクモンスター株式会社様

リスクモンスター株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/riskmonster/index/logo-riskmonster.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry07.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee01.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category113.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category132.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category172.gif

1台のau携帯電話でオフィス内では内線電話、外出中は携帯電話を実現
さらに『ビジネス便利パック』の導入で一元管理が可能となり強固なセキュリティも実現

オフィスでは内線電話、外出中は携帯電話として使えるau携帯電話 E05SH (構内PHSカード搭載) を営業担当者を中心に48台導入。1台の端末で内線通話と携帯通話を可能にすることにより使い勝手の向上と管理業務削減を実現。さらに、「リモートロック/メモリ削除」機能を利用し、強固なセキュリティ管理が可能となった。

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
掲載日:2010年05月

課題1本社移転までの短期間で従来の通信環境構築が絶対条件。

ご提案・導入効果

従来機能はそのままで
短期間での通信システム構築を実現。

課題2構内PHSと携帯電話を2台持ち
オフィスと外出先で使い分けることは面倒。

ご提案・導入効果

au携帯電話 (E05SH) 1台で、内線通話と携帯通話を実現。
さらに使い勝手を高めるとともに管理面での効率化も図る。

課題3携帯電話に蓄積されたビジネスデータを守るセキュリティ対策が必須。

ご提案・導入効果

携帯端末の強固なセキュリティ機能に加え
「ビジネス便利パック」の導入により情報漏洩リスクを低減。

図: au携帯電話 (E05SH) を使った内線ソリューションの概要 (2010年3月)

事例詳細

写真: 奥山 昌幸氏

開発ソリューション部
部長
奥山 昌幸氏

写真: 松原 香里氏

情管理ソリューション部
人事総務課 課長
松原 香里氏

1台のau携帯電話でオフィス内では内線電話、外出中は携帯電話を実現 さらに『ビジネス便利パック』の導入で一元管理が可能となり強固なセキュリティも実現

従来機能はそのままで
短期間での通信システム構築を実現

新たなシステムの導入に当たっては、代理応答 (部の代表にかかってきた電話をPHS端末でも受けられる) など、従来より使っていた機能はそのまま移管し、本社移転時に確実な通話環境を整えることが絶対条件であった。

「今回のシステムの提案をいただいたのが移転日の3ヶ月ほど前で、正直間に合うのか不安な面もありました。ただ、新たな交換機などのネットワーク構築をお願いしていた会社とKDDIで、綿密な連携をとっていただき、各種設定や検証も含め非常に短期間で完了することができました」と語る開発ソリューション部の奥山部長。また、代理応答については、コールピックアップ機能により固定電話にかかってきた電話を携帯電話でとれるよう設定することで機能移管も含め、スムーズな導入が可能となった。

au携帯電話 (E05SH) 1台で、内線通話と携帯通話を実現
さらに使い勝手を高めるとともに管理面での効率化も図る

オフィス内の社員間通話は、離席時でも連絡が取れる構内PHSで通信コストの削減を図っていた。その結果、営業部門ではPHS端末の他に外出用の携帯電話を貸与。2台の端末を所持し、オフィス内と外で端末を使い分けなければならなかった。本社移転に伴うインフラの見直しを機に、より効率的な通信端末についても検討を行っていた。

オフィスでは内線電話、外出中は携帯電話として自動接続が可能なau携帯電話 E05SH (構内PHSカード搭載) を導入。1台の端末で内線通話と携帯通話を可能にすることで、通信コストを抑えつつスムーズなコミュニケーションを実現。さらに人事総務課 松原課長は「端末管理も1台になることで、物理的な充電や保管スペースも随分縮小でき、目には見えない月々の通信料精算などの管理業務の軽減により、管理コストの削減にもつながっていると思います」と管理面での効率化も実現した。

携帯端末の強固なセキュリティ機能に加え
「ビジネス便利パック」の導入により情報漏洩リスクを低減

スピーディーな連絡を可能にするために、携帯電話でも会社のメールアドレスによる送受信を行っていた。その結果、携帯電話には重要なビジネス情報が蓄積され、紛失時などのセキュリティ対策をより強固にする必要があった。

「ビジネス便利パック」に加入することで、万一の紛失・盗難時には管理者PCから遠隔操作でロックをかけたり、携帯電話内のメモリやmicroSD(TM) のデータを削除。携帯電話内のデータを消去することで情報漏洩リスクを大幅に低減。また、本人以外の使用を制限する指紋認証機能や管理者PCで携帯電話の利用機能の監視・制限を可能にする管理制限機能などにより、企業のセキュリティポリシーにあった強固なセキュリティ対策が可能になった。

お客さまプロフィール

社名 リスクモンスター株式会社
大阪証券取引所ヘラクレス市場上場 (証券コード: 3768)
本社所在地 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル1F
設立 2000年9月
資本金 1,107,428,191円
従業員数 連結67名 単体57名 (2009年9月末現在)
事業内容 国内最大級の約210万社に対して企業の信用力を6段階で格付。信頼度の高い与信管理情報をスピーディーにインターネット経由で提供することで法人会員数は約7,400 (2009年9月末現在) を誇る。
主な事業内容は、与信管理ASPサービス事業および関連コンサルティング事業、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ化サービス等の各種BPO事業。
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.riskmonster.co.jp/
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
導入のサービス・ソリューション
導入事例