佐賀県様

佐賀県様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

KDDI VIEW

動画で事例内容をご覧いただけます。

(2分36秒)

出典: ITpro Active 2015/05/28

現場を第一に、そして働きやすい職場づくりを目指す。

タブレット920台導入でテレワークを加速し、現場を第一に、そして働きやすい職場づくりを目指す。

業種
官公庁・公益法人
従業員規模
1,001名以上

導入サービス

  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category114.gif

PDFダウンロード

新規ウィンドウが開きます 佐賀県様(0.5MB)

上記のボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。


お客さまインタビュー

導入前の課題
「利用したくなるテレワークを職員に提供したい」 と考えていました。

佐賀県 最高情報統括監
森本 登志男氏

2008年より全国に先駆け、在宅勤務制度を導入し、2010年より対象者を拡大したが、利用者は十数人だった。「これまではコミュニケーション面での不安などがあり、思うように浸透しませんでした」と運用面での課題を指摘する陣内氏。通常業務でテレワークが浸透していなければ、新型インフルエンザなどのパンデミックや災害発生時のテレワークの活用も難しい。
一方、松永氏は、「従来のモバイルPCでは手軽に持ち歩くには重く、セキュリティ面での不安もあり、簡単には浸透しませんでした」とシステム面での課題を指摘する。

導入後の効果
現場を第一に行政サービスの質の向上を目指し、全庁テレワークを実現するため、タブレットを導入。

佐賀県 統括本部 情報・業務改革課
業務改革担当 係長 陣内 清氏

2013年のタブレット試験導入では、職員に積極的に取り組んでもらうために希望部署を募り、利用目的を精査した上で100台のタブレットを配布した。また、在宅勤務のメリットを実感してもらうため、管理職を対象に週1回の在宅勤務を呼びかけた。「当初は不安の声もありましたが、在宅勤務への理解が深まり、コミュニケーションでの不安も徐々に解消されました」と陣内氏は語る。

佐賀県 統括本部 情報・業務改革課
業務改革担当 係長 陣内 清氏
佐賀県 統括本部 情報・業務改革課
最先端電子県庁担当 係長 松永 祥和氏

通信面では現場でのモバイルワークを想定してLTEによる通信も検証し、「これなら使いたい」と現場の反応もよかった。「セキュリティについては、タブレットに重要なデータは保存できない仕組みにして、安心して利用してもらっています。万が一、タブレットが故障・紛失した場合でもデータは入っていないので、安心です」と松永氏は語る。

タブレットの820台追加導入によって、在宅勤務、サテライトオフィス、モバイルワークがより効果的に活用され、業務の効率化、行政サービスの向上、ペーパーレスの効果が現れてきている。

また、全庁テレワークの一環としてサテライトオフィスを開設したことで、通常業務での移動時間の削減だけではなく、パンデミックや災害発生時の行政サービスの継続にも期待している。

担当からのメッセージ

KDDI まとめてオフィス西日本株式会社
ソリューション九州支社 法人営業1部 営業1グループ 森 優次
タブレット・スマートフォンを活用したテレワーク推進プロジェクトのお手伝いをさせていただき、大変嬉しく思っております。
今後もKDDIの総合力を生かしたソリューション提案を行い、「いつでも」「どこでも」県庁内業務を実施できる「どこでも県庁」の取り組みに貢献できればと考えております。

お客さまプロフィール

自治体名:
佐賀県
所在地:
佐賀県佐賀市城内1丁目1-59
URL:
新規ウィンドウが開きますhttp://www.pref.saga.lg.jp/

詳しくはPDFをご参照ください

掲載内容

 

お客さまインタビュー

PDFでは以下の内容もご覧いただけます。

  • 課題に対する効果

  • 全体概要図

PDFダウンロード

新規ウィンドウが開きます 佐賀県様 (0.5MB)

上記のボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。

  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
同じサービスの事例
同じ業種の事例
導入のサービス・ソリューション
導入事例