KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 株式会社トランスコンテナ様

株式会社トランスコンテナ様

株式会社トランスコンテナ様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/tcl/index/logo-tcl.gif
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry10.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category111.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category112.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category118.gif

『スマートフォンSIRIUSα IS06』で、災害発生時の緊急連絡体制の強化と、業務の大幅な効率化を実現

国際海上物流サービスを提供するトランスコンテナ様は、「東日本大震災」を機に、BCP (事業継続計画) と情報共有の強化を目的として、『スマートフォン SIRIUSα IS06』(以下IS06) を導入。BCP対策としてインターネットを活用した連絡体制を築くとともに、『IS06』を核とした情報ネットワークの抜本的な強化を推進。グローバルな視点で業務の効率化をめざしている。

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
掲載日:2011年10月

課題1「東日本大震災」の際、電話では、安否確認や全体周知に時間がかかってしまったため、別の通信手段などによる緊急時の連絡体制を構築する必要があった。

ご提案・導入効果:『IS06』でBCP対策を強化

社員専用に開設したWebページにスムーズにアクセスできるスマートフォンを導入したことにより、災害時の情報共有体制の強化を実現した。

課題2外出中に、お客さまから届いたPCメールはケータイへ転送して確認していたが、添付ファイルは見ることができず、対応が遅れることがあった。

ご提案・導入効果:外出中もPCメール対応が可能に

『IS06』で、PCメールの送受信も添付ファイルの確認もできるので、業務の効率化と顧客対応力の強化につながった。

課題3スマートフォンには、多くのビジネスデータが蓄積されるので、紛失・盗難時やウイルスによる情報漏えいを防ぐ強固なセキュリティが求められた。

ご提案・導入効果:KDDIのセキュリティを導入

『ビジネス便利パック for Android (TM)』(注) を導入。リモートデータ消去や、アプリの利用制限で情報漏えいリスクを低減することができた。

図: さわやか信用金庫様のスマートフォンを使った業務効率化イメージ

事例詳細

写真 (左): 総務経理本部 総務部 部長 小林 哲士氏

総務経理本部
総務部 部長
小林 哲士氏

写真 (中): 総務経理本部 総務部 総務課 勢家 英男氏

総務経理本部
総務部
総務課
勢家 英男氏

写真 (右): 営業本部 営業部 営業1課 課長 松島 宏至氏

営業本部
営業部 営業1課
課長
松島 宏至氏

『スマートフォンSIRIUSα IS06』で、災害発生時の緊急連絡体制の強化と、業務の大幅な効率化を実現

社員専用に開設したWebページにスムーズにアクセスできるスマートフォンを導入したことにより、災害時の情報共有体制の強化を実現した

国際海上物流サービスを提供し、国内外に事業拠点を展開するトランスコンテナ様は、「東日本大震災」の際に、携帯電話や固定電話で通話がつながりにくく社員や家族の安否確認に長い時間を要した経験から、BCP (事業継続計画) の一環としてスマートフォンの導入を決定した。
通信キャリアについては、以前から『KDDI Global IP-VPN』で海外拠点を結ぶネットワークを構築していたため、通信料金などの相乗効果を狙ってKDDIに決定。さらに、『スマートフォン SIRIUSα IS06』を選んだ理由について勢家氏は「フィーチャーフォン的な機能は必要ではなく、シンプルで使いやすいものが良かった。『IS06』は、まさに私たちのニーズにぴったりであり、海外とのやりとりが多い当社にとって、グローバルモデルのスマートフォンは業務にも合っていると感じた」と語る。
また、トランスコンテナ様では、スマートフォンの導入を、BCP (事業継続計画) の対策だけでなく会社全体の情報共有やネットワークの強化を進める絶好の機会と捉え、さまざまな改革に着手。『IS06』の導入と同時に、メールをGmailに移行したほか、新たなグループウエアの導入も着々と進行中だ。小林氏は「現在、グループウエアにはパソコンからしかアクセスできないが、これをスマートフォンからもアクセスできるようにすることで、今まで以上にリアルタイムの情報共有が可能になり、業務の効率化や顧客満足の向上にもつながる」と今後への期待を膨らませている。

『IS06』で、PCメールの送受信も添付ファイルの確認もできるので、
業務効率化と顧客対応力の強化につながった

トランスコンテナ様では、外出中の営業社員のために、PCメールが届いた場合は、携帯電話へのメール転送を行っていた。しかし、メールは確認できても携帯電話のアドレスからでは、お客さまに返信がしにくい上、添付書類を見ることができないなどの不満があった。スマートフォンは、こうしたPCメールの問題も解決。松島氏は「お客さまからのメールは、船荷証券など添付書類付きの場合が多いのですが、『IS06』なら外出先でも内容が確認できて、緊急を要する場合もすぐ連絡ができます」と満足の笑顔を見せる。さらに松島氏は、「今後、『IS06』がグループウエアに接続できるようになると、現在、パソコンで行っている業務日報の作成・送信なども『IS06』でできるようになります。『IS06』を上手に使うことで、お客さま先とオフィスを何度も行き来する必要も無くなり、時間の有効活用が可能になると思います」と語る。

『ビジネス便利パック for Android (TM)』(注) を導入
リモートデータ消去や、アプリの利用制限で情報漏えいリスクを低減することができた

スマートフォン導入に際して課題となるセキュリティを確保するため、トランスコンテナ様では『ビジネス便利パック for Android(TM)』(注) を導入。万一、紛失したり盗難にあった場合でも、遠隔操作でスマートフォンをロックしたり、本体のデータ消去が行えるので情報漏えいを防ぐことができる。またウイルス感染などを防ぐため、アプリの使用を強制的に制限することもできるが、「あまり制限をかけ過ぎると営業社員が使いにくくなってしまうので、バランスを見極めながら運用していきたいと思います」と勢家氏は言う。また小林氏は「今後はスマートフォンを港湾でコンテナ管理を行う社員に支給したり、Web会議にも活用するなど、いろいろなプランを検討中です。そのためにもまず、セキュリティをきちんと確保して、我々もスマートフォンの使い方を習熟し、ひとつずつステップを踏みながら進めていきたいと考えています」と語る。『IS06』の導入は、トランスコンテナ様の情報通信環境の進化を支援し、業務の効率化に貢献しつつある。

  • 注)
    「ビジネス便利パック for Android (TM)」は、2014年9月30日をもってサービス提供を終了致しました。

次の戦略

スマートフォン機能の積極的な活用を推進

当社ではまだスマートフォンを導入したばかりなので、『IS06』の習熟度を高めることが目下の課題です。使い方に個人差も出ているので、できればKDDIにスマートフォンの講習会をしていただければと思います。また、グループウエアをスマートフォンからも接続できるように刷新することで、今までは不可能だった海外からのグループウエアへのアクセスも可能になり、当社の通信環境も大いに進化することになります。KDDIには今後もセキュリティ面やコスト面について、ご協力いただきたいと思っています。

お客さまプロフィール

社名 株式会社トランスコンテナ
本社所在地 東京都中央区入船3-7-2 35山京ビル
設立 1973年3月1日
資本金 1億円
社員数 150名 (2011年4月1日現在)
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.tcl.jp
事業内容 1973年の創業以来、お客さまの国際物流のニーズにきめ細かく応え続けている (株) トランスコンテナ。アジア、北米、欧州などの海外拠点に日本人社員を配置し、小口混載からコンテナ単位での輸送まで、日本国内と同等の質の高い物流サービスを提供。海外展開する日本企業の顧客から厚い信頼を獲得して、日本一質の高いNVOCCとコンソリデーターをめざし躍進を続けている。

担当からのメッセージ

KDDI株式会社 ソリューション営業本部 第1営業部 営業1グループ 課長補佐
吉田 晃司
『スマートフォンをビジネスに活用し、業務効率化と顧客対応力の強化につなげる』。そんな思いを「IS06」の導入で実現しました。導入にあたり、セキュリティ面を危惧されていた部分もありましたが「ビジネス便利パック for Android(TM)」を併せてご提案することで、安心して採用していただくことができました。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
導入のサービス・ソリューション
導入事例