KDDIホーム 法人のお客さま 導入事例 日本クルーズ客船株式会社様

日本クルーズ客船株式会社様

日本クルーズ客船株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/venus-cruise/index/img_venus-cruise.jpg
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry10.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category151.gif
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category180.gif

船舶VSAT『KDDI Optima Marineサービス』により、安全で高効率な運航に不可欠なインターネット閲覧とEメール環境を獲得。お客さまへのサービス力と乗組員の福利厚生の向上をさせつつ通信コストの定額化と削減を実現した。

本格的クルージングを追求した日本の外航クルーズ客船「ぱしふぃっく びいなす」を運航管理する日本クルーズ客船株式会社様。「ふれんどしっぷ」をコンセプトとする「びいなすクルーズ」では、快適で安全・安心の運航が求められる。この高品質なサービスを支える重要なインフラが海上通信である。従来、この種の通信は海事衛星 (インマルサット) を介していたが、帯域が狭く不安定であったことから、運行管理業務やお客さまサービス、そして乗組員の福利厚生面で十分なパフォーマンスをもたらすことができなかった。そこで2010年2月、広帯域な常時接続通信、船舶VSAT※1【KDDI Optima Marineサービス】を導入、懸案事項を一掃することに成功した。

  • ※1
    Very Small Aperture Terminal (小型地球局)

PDFダウンロード
下記をクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動しますので、必要事項をご入力ください。
ご入力いただいたメールアドレス宛てに、ダウンロード用のURLをお送りします。
  • 動画事例(2分59秒)
掲載日:2014年04月

課題1安全で効率的な運航にはインターネットによる情報の入手やEメールによる連絡が必要不可欠であるが、従来の通信手段では限界が生じていた。

ご提案・導入効果: KDDIの船舶VSATで解決

KDDIが提供する船舶VSAT『KDDI Optima Marineサービス』を導入し、業務上ストレスの無い高速通信環境を獲得、定額制による大幅なコスト削減も実現した。

課題2従来は海事衛星 (インマルサット) 通信を利用して、お客さまにもEメール環境を提供していたが、インターネットが閲覧できないなど、不満が寄せられていた。

ご提案・導入効果: お客さま用にインターネット閲覧環境を構築

船舶VSATの導入により、お客さま専用インターネット接続端末をパソコンルームに設置、Eメールのリアルタイム送受信や容量アップも実現した。

課題3海上労働条約 (MLC) が国際労働機関 (ILO) により採択され、乗組員の福利厚生の向上のために、航海中のプライベートな高品質通信環境を整備する必要があった。

ご提案・導入効果: 乗組員用インターネット接続端末を配備

フロント、船長室、バックオフィスに加え、厨房にもインターネット接続端末を配備し、プライベート時間におけるコミュニケーション環境を構築した。

図: 日本クルーズ客船様の船舶VSATによる業務効率化イメージ

事例詳細

写真: 海務部 次長 室 誠人 氏

海務部 次長
室 誠人氏

写真: 船長 由良 和久 氏

船長
由良 和久氏

写真: アシスタントパーサー 矢野 雅子 氏

アシスタントパーサー
矢野 雅子氏

船舶VSAT『KDDI Optima Marineサービス』により、安全で高効率な運航に不可欠なインターネット閲覧とEメール環境を獲得。お客さまへのサービス力と乗組員の福利厚生の向上をさせつつ通信コストの定額化と削減を実現した。

船舶VSAT『KDDI Optima Marineサービス』の導入により
インターネットの閲覧とEメールによる添付書類の送受信を可能にし、
ストレスフリーな通信環境の獲得と同時に通信コストの定額化と低減も実現

1998年4月に就航した「ぱしふぃっく びいなす」は、旅客数620名、乗組員220名、甲板数12層、総トン数にして26,594トンを誇る日本の外航クルーズ客船である。船内には、大型メインホールやシアターなどのエンターテインメント施設から各種スポーツ&リラクゼーション設備を備え、洋上のホテルの相応しいもてなしの環境が用意されている。クルーズプランには、世界一周の旅もラインナップし、船体には横揺れを防止するフィンスタビラザーを装備するなど、快適な旅への対応にぬかりはない。一方で通信環境については、就航時点でこそ先進的とされた海事衛星 (インマルサット) 通信を積載していたが、そもそも通信速度が遅いことから、インターネットはもちろん容量の大きいメール送信ができないなど、さまざまな局面で課題を抱えていた。その後、これを打開する手段として、固定衛星通信システムで利用されているVSATを船舶用に適用させた新サービスが続々で打ち出される中、日本クルーズ客船様は船舶VSAT『KDDI Optima Marineサービス』を選択、2010年にこれを導入するに至った。『KDDI Optima Marineサービス』は、最大1Mbpsのブロードバンドサービスであり、最低保証帯域ごとの定額制プランであることから、広帯域化と同時に通信コストの定額化と削減を同時に達成した。

広帯域な常時接続通信により
運航管理の効率と品質を向上しつつ、
お客さまにもインターネットアクセス環境を提供

導入効果を由良船長に尋ねる。「得られたメリットは数知れません。例えば、船が揺れないようにし燃料消費率を抑えるには、波や風の状態をリアルタイムに知る必要があります。また寄港地の政情をチェックしなければならないケースもあります。そうした際にインターネットがストレス無く使用できるようになったのは革新的でした。また本社との連絡や、接岸する港との文書のやり取りをEメールの添付書類として送受信できるようになったことで、業務効率が飛躍的に改善しました。それまでは、一定時間ごとにまとめて送信していたのですが、送信途中で途切れてしまい、それまでの通信費が従量課金されるなど非効率な事態が生じていましたから」。
サービス面でのメリットも大きい。同船の設計から携わってきた室氏はこう答える。「お客さまはシニア層が中心ですが、中には株式のお取引をされる方もいらっしゃいます。洋上であっても陸上と同環境を期待していますので、使えてありがとうではなく使えて当たり前なのです。上得意のお客さまほど、船選びはシビアになりますので、競合対策上も是非実現しなければならない事項でした」。アシスタントパーサーの矢野氏がこれに続く。「船内にはお客さま専用のパソコンルームを設けています。ロングクルーズではパソコン教室を開催し、Eメールの使い方をお教えしています。スマホで撮影した画像をEメールに添付してご家族に送られたり、次の寄港地のことをネットで調べたりと、大変好評です」。

乗組員のプライベートなコミュニケーションやインターネット閲覧用として
専用端末を整備、福利厚生の向上に努めたほか、
運用時のバックアップ体制を構築し、通信の安全性にも配慮

船舶VSATの導入に際して、乗組員にも専用のパソコンを整備し、プライベートなコミュニケーション用途としてこれを開放した。この点について室氏が説明する。「乗組員の福利厚生の向上は海運業界全体の課題として取り組んでいます。休息時間中にEメールの送受信やインターネットの閲覧ができるようにすることは乗組員共通の要望でした。今やスマホを肌身離さず所持する時代。国の内外を問わず離れて暮らす家族、友人とのコミュニケーション手段が有るか無いかは、雇用に関わる重要な問題なのです」。外国人クルーが数多く就労する同船にとって士気に与える影響も無視できない。運用後は行列ができるほどの盛況ぶりで効果は絶大のようだ。
このほか同船は、船舶VSATのバックアップ用として『インマルサットFB』を搭載、最適なエリアを選択することで航海上の安全を担保している。また、そうしたテクニカルな業務をサポートするため、『KDDI Optima Marineサービス』では、日本語/英語による24時間365日のお問い合わせ窓口を設けており、インターナショナルな対応にも万全を期している。さらに船舶VSATの導入に際し、地球局となるKDDI山口衛星通信センターから日本クルーズ客船様本社までのイントラネットワークに『KDDI Wide Area Virtual Switch』を導入、船舶から本社までを安定した帯域でのセキュアな通信を可能にしている。KDDIのトータルソリューションが「ぱしふぃっく びいなす」の快適なクルーズを支えている。

次の戦略

テーマは「より速く、より広く、より安く」です。

今後は船内のWi-Fi化を急ぐことになりますが、ブロードバンドとはいえ、陸上のそれとはまだ差がありますので、多くのお客さまがストレス無くご利用いただける環境を構築するには丁寧な検証と対策が必要だと考えています。海上通信は衛星インフラに依存するところが大きいわけですが、運行管理面はもとよりお客さまサービス面でもまさに生命線です。「より速く、より広く、そしてより低価格のサービス」を期待しています。

お客さまプロフィール

社名 日本クルーズ客船株式会社
本社所在地 大阪市北区梅田2丁目5番25号 梅田阪神第1ビルディング
設立 1989年4月26日
資本金 4億円
従業員数 131名 (陸上56名、海上75名)
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.venus-cruise.co.jp/
事業内容 当社は1989年に設立された、外航客船運航を専業とする海運会社です。世界の海を航海する<SHKライン>の一翼を担う当社では、本格的クルージングを追求した日本の外航クルーズ客船「ぱしふぃっく びいなす」を運航管理しています。そのコンセプトは『ふれんどしっぷ』。人との触れ合いが多く、心地よくて温かい雰囲気はまるで「洋上の我が家」です。クルーズプランは、お手頃なワンナイトクルーズから好評の世界自然遺産 小笠原クルーズなどの短期クルーズ、さらには世界一周クルーズ (2015年1月~4月) まで、多彩なメニューをご用意しております。動く洋上のホテルで過ごしながら、人と人との繋がりが自然と深まる旅をこれからも提供してまいります。

担当からのメッセージ

KDDI株式会社
ソリューション営業本部 メディア営業部
VSATサービスの導入により、業務効率化およびコスト低減にご協力できたとうれしく思っております。今後もお客さまの期待に応えられるよう、さらなる活用方法をご提案しサポートしていきます。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。
同じ業種の事例
導入のサービス・ソリューション
導入事例