KDDIホーム法人のお客さま導入事例郵船クルーズ株式会社様

郵船クルーズ株式会社様

郵船クルーズ株式会社様の導入事例。KDDI 法人・ビジネス向け。

ext_lib/1/business/case-study/nyk-cruises/nyk-cruises.jpg
  • 業種
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_industry10.gif
  • 従業員規模
    • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_employee02.gif
導入サービス
  • /ext_lib/1/business/case-study/index/label_category180.gif

船舶VSAT『KDDI Optima Marine サービス』により「飛鳥II」船内にWi-Fi接続環境を構築。
お客さまご自身の端末・メールアドレスでメール送信やウェブの閲覧を実現した。

2006年2月の就航以来、多くのクルーズファンに愛され続けている日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」。船内にはレストランやラウンジ、ショッピングエリア、娯楽施設などが備えられ、「洋上の我が家」として快適にお過ごしいただけるゆとりとおもてなしが魅力である。「飛鳥II」を運営する郵船クルーズ社では、このたび新しいサービスとしてクルーズ中のお客さまがご自身の端末・メールアドレスでメール送信やウェブ閲覧ができるよう、Wi-Fi環境を構築した。これを実現したのは船舶VSAT※1【KDDI Optima Marine サービス】で、高品質な船舶衛星通信により陸上と同じインターネット接続環境の提供を可能にした。

  • ※1
    Very Small Aperture Terminal (小型地球局)

PDFダウンロード

こちらの導入事例はPDFでもご覧になれます。

  • 動画事例(2分41秒)
掲載日:2014年12月

課題1従来のメール送信・ウェブ閲覧サービスでは、専用ルーム内に設置されたパソコンをご利用いただく必要があり、お客さまにご不便をおかけするケースがあった。

ご提案・導入効果: Wi-Fi環境を構築したことで解決

船舶VSATを1回線追加し、多くのお客さまがご利用になられるデッキやラウンジにWi-Fi接続機器を構築。お客さまご自身の端末からの接続を実現した。

課題2加えてサービスご利用に際しては、事前申請を行いクルーズ専用のメールアドレスを取得しなければならず、お客さまが普段使われているアドレスは使用することができなかった。

ご提案・導入効果: お客さまのアドレスでアクセス可能

乗船前にあらかじめお知らせするID情報を専用画面に入力、ご利用プランを購入するだけで個人メールアドレスの利用が可能となるため、従来の煩わしい手続きが不要となった。

課題3Wi-Fi接続を実現するには、複数の端末からの接続に対応し得る広帯域の通信が必要であった。一方投資コストのみならずランニングコストの抑制も課題とされていた。

ご提案・導入効果: 定額制の船舶VSATで解決

すでに導入済の船舶VSAT「KDDI Optima Marine サービス」のインフラを使い、回線を増やす方式を選択したことにより、効率的に広帯域・常時接続を実現した。

図: 郵船クルーズ様の船舶VSATによるサービスレベル向上イメージ

  • ベストエフォート

事例詳細

管理部 部長代理
総務チーム/IT戦略チーム チーム長
髙宮 洋一氏

管理部 IT戦略チーム
課長代理
松本 成広氏

飛鳥II 船長
中村 大輔氏

飛鳥II チーフパーサー
吉田 悟氏

船舶VSAT『KDDI Optima Marine サービス』により「飛鳥II」船内にWi-Fi接続環境を構築。
お客さまご自身の端末・メールアドレスでメール送信やウェブの閲覧を実現した。

「すばらしい非日常の世界を家族にも伝えたい」
お客さまの想いを実現するため、
飛鳥IIの船内にWi-Fi接続環境を実現。

"洋上のオアシス"とうたわれる飛鳥IIは2014年11月時点で日本籍では最大のクルーズ客船である。乗客数872名、客室は436室ですべてオーシャンビュー、デッキ4から12までの各フロアには、レストラン・ラウンジやショッピングエリア、娯楽施設さらにはメディカルセンターやスパ、スポーツ施設まで用意され、充実のクルーズライフが約束される。「年間を通じてさまざまなクルーズがあり、お客さまも多種多様です。多くは船という非日常の世界を楽しまれるわけですが、最近は年代を問わずご家族にメールしたり、撮影画像をSNSにアップしたりと、インターネット接続サービスをご利用されるお客さまが増えてまいりました」と語るのは中村船長。今回のWi-Fi導入の牽引者である。チーフパーサーの吉田氏は「これまではコンピュータプラザにおいて専用の端末をご利用いただいておりましたが、メールは個人のメールアドレスが使用できないなどご不便をおかけしていました。特に陸上で常時接続環境に慣れた若いお客さまからは、スピードが遅いことや割高なご利用料金などについてご意見が寄せられていました」と振り返る。郵船クルーズ社ではこうした背景を受け、2011年頃からお客さま向けWi-Fi接続環境整備に取り組み、2014年12月末、当サービスを開始するに至った。

既存の船舶VSATに1回線を追加し、
2回線を効率的に活用することで
お客さま向けWi-Fi接続環境を構築。

飛鳥IIは以前、米国クリスタルクルーズ社に就役していたことから、船舶通信は世界標準仕様の設備を保有している。運行管理や本社との情報伝達に不可欠なインマルサット衛星通信も完備し、2014年1月には既存2回線とも最新のインマルサットFBにグレードアップ。主回線である船舶VSAT (非インマルサット衛星通信) のバックアップとしても機能させている。船舶VSATは、2010年に定額制をメリットに「KDDI Optima Marine サービス」を導入しており、広帯域の常時接続により、業務用ならびにお客さま用のインターネット接続回線として利用してきた。「Wi-Fi化に際してはベストな仕組みを検討しました。現在のインフラとの連携、投資コストなどを総合的に判断し、船舶VSATの回線を増やすことにしました」と語るのは本社でプロジェクトを統括した髙宮氏。「決め手は2014年4月のカバレッジの拡大です。検討段階での懸念点でしたが、これが改善されたことで導入を決定しました」。Wi-Fi接続エリアは、多くのお客さまが利用するデッキ11のラウンジ、フロア、コンピュータプラザからスタートし、徐々に拡大していく予定だという。「Wi-Fi化により、場所に限定されることなく、ご自身の端末、ご自身のメールアドレスでストレスなく接続できます。将来的には客室からもアクセスできるようにしたいと思います」。

船舶、通信衛星、地球局の
三位一体で高速化を実現。
ご利用時の手続きや精算方法もよりスムーズに。

お客さま向けWi-Fi接続環境を構築する上で解決すべき課題もあった。そのひとつが「高速化」である。船舶VSATは船舶通信としては広帯域ではあるものの、スペックとしては1回線当たり1MB※で、従来回線で割り当てている0.5MBと合わせても1.5MB※でしかない。そこでKDDIからは、船舶側と陸上 (地球局) のKDDI山口センターの双方に高速化装置を配備し、高度なキャッシュ管理とフィルタリングによりトラフィックを軽減、高速化を実現する提案がなされた。KDDI山口センターと本社はIP-VPNで結ばれ、業務用通信のセキュリティも担保されている。「導入に当たり私も山口センターに伺い、仮想環境でテストを行いました。実はVSAT導入前にはインマルサットFBを活用したWi-Fi接続も検討し、これが困難であることが実証され、VSAT導入の根拠となりました」と語るのは、本社の松本氏。さらにWi-Fi接続時の課金方法も課題であった。「お客さまにはあらかじめIDとなる乗船者番号をお伝えしています。お客さま専用画面にログイン後、料金プランを購入いただきます。その情報はホテルシステムと呼ばれる精算システムに取り込まれ、下船の際に一括してお支払いいただきます。システム統合にはKDDIにも協力いただきました」。KDDIの総合的なサポート体制が陰ながらお客さまサービスの向上につながっている。

  • ベストエフォート

次の戦略

陸上と同じ環境を。

今後は、Wi-Fi接続のご利用状況等を確認しながら、必要な時期にサービスエリアの拡大を検討してまいります。一方で海上通信は陸上に比べるとまだまだ十分ではありません。お客さまの多くは、比較的スピードが遅いと感じてしまいます。KDDI含め海上通信に関わるみなさまには今後の技術開発により、さらにスピードの速いネットワークサービスを提供していただけることを期待しております。

お客さまプロフィール

社名 郵船クルーズ 株式会社
本社所在地 横浜市西区みなとみらい2-2-1
横浜ランドマークタワー47階
設立 1989年1月
資本金 20億円
従業員数 陸上100名、海上44名
URL 新規ウィンドウが開きますhttp://www.asukacruise.co.jp/
事業内容 当社は、1990年就航の「クリスタル・ハーモニー」を2006年に日本のお客さま向けに大改装した日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」で、1泊から世界一周まで多彩なクルーズ運航を行っています。ゆとりあるスペースにさまざまな設備が配置され、工夫を凝らしたイベントやプログラムをご用意しています。「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」に長年連続して輝くなど日本船ならではのおもてなしは、クルーズが初めてというお客さまにも安心してお楽しみいただけます。クルーズ業界は、多様化する日本のレジャー産業において今後一層の成長が見込まれており、当社は常に日本におけるクルーズのリーディングカンパニーでありたいと考えています。

担当からのメッセージ

KDDI株式会社
ソリューション営業本部 メディア営業部
今回飛鳥IIにWi-Fi構築できたのは、お客さまの熱い想いと、『チーム飛鳥』が一丸となり取り組んだ結果だと思っております。今後もお客さまの期待に応えられるよう、さらなる活用方法をご提案し、サポートしていきます。
  • 記載された情報は、掲載日現在のものです。