KDDI ChatWork: セキュリティ管理機能

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ChatWork: セキュリティ管理機能」(クラウドアプリ) のご案内です。

セキュリティ管理機能

機能一覧

不正なアクセスをブロックし、情報漏えいを防ぎます。

  1. 社外ユーザー制限機能
    社外ユーザーとのやりとりを制限して、情報漏えいを未然に防ぎます。関連会社や取引先など、「KDDI ChatWork」および「ChatWorkビジネスプラン」を利用している特定の組織を制限から除外することも可能です。
  2. IPアドレス制限機能
    IPアドレスによるアクセス制限をおこない、社外のパソコンなどからの不正なアクセスをブロックします。
  3. スマートフォン制限機能
    登録されていないスマートフォンからのアクセスを制限して、不正なアクセスをブロックします。
  4. ファイル送信・受信禁止機能
    機密ファイルなどが誤って漏えいしないように、ファイルの送信・受信を禁止することができます。
  5. 専用URL機能

    自社専用URLでKDDI ChatWorkをご利用いただけます。

    • 例:
      https://kcw.kddi.ne.jp/s/xxxxxxxxxx
  6. 外部SNS制限機能
    ソーシャル・ネットワーキング・サービスとの連携を制限して、情報漏えいを防ぎます。
  7. チャットログ・エクスポート機能
    内部統制やバックアップなどの用途に、組織内のユーザーが参加しているチャットのログをエクスポートできます。
  8. シングルサインオン

    SAML認証によるシングルサインオン設定をすることで、セキュリティ強度を高めることができます。

    • IdP (Identity Provider) はお客さまにてご準備いただく必要があります。
    • IdP (Identity Provider) がSAML2.0に対応している必要があります。
    • SP-initiated SSOとしてのログインのみに対応しています。
    • ユーザー情報の同期、シングルログアウトには対応していません。
  9. KDDI Business ID (有料)

    KDDI Business IDがKDDI ChatWorkのシングルサインオンに対応しました。

こちらも併せてご覧ください。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI ChatWork」でメールから脱却しスピーディな社内コミュニケーションを実現。

「Google Apps for Work (TM)」と「KDDI ChatWork」で業務スピードの向上を実現。

KDDIが提供するタブレットとクラウド型ビジネスチャットツール「KDDI ChatWork」で、多職種間の情報共有を強化。


KDDI ChatWorkの誕生秘話 ユーザに寄添い「アソビ」をもたせる開発手法とは?
イマサラ時事