G Suite: 機能・動作環境

KDDI法⼈・ビジネス向け「G Suite: 機能・動作環境」(グループウエア) のご案内です。

お知らせ
【2018年6月更新】 Chrome OS (TM) 自動更新ポリシーについて

Chrome OS (TM) は、『Google認定 Chromeデバイス』の自動更新の有効期限が切れますと、そのプロダクトモデルはサポート対象外となり、Google (TM) からの自動ソフトウエアアップデートの提供は保証されなくなります。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますGoogle Chrome Enterprise自動更新ポリシー

【2016年10月更新】 名称変更について

「Google Drive for Work (TM)」「Google Apps for Work (TM)」は、2016年9月30日をもって「G Suite Business」「G Suite Basic」に名称変更しました。

新規ウィンドウが開きますGoogle Apps から G Suite への名称変更について

機能

機能一覧

ビジネス用途に最適化された各種機能を利用できます。

機能 概要 G Suite
Enterprise
G Suite
Business
G Suite
Basic
G Suite標準機能 Gmail
Gmail (TM)
大容量メールボックスと高速検索で、必要な情報に素早くアクセスできます。
Google カレンダー
Google カレンダー
共有機能でメンバーのスケジュールを共有でき、会議の招集が簡単におこなえます。
Google ドライブ
Google ドライブ
クラウド上にあらゆるファイルを安全に保管・管理できる、オンラインストレージです。

Google ドキュメント
Google ドキュメント

Google スプレッドシート
Google スプレッドシート

Google プレゼンテーション
Google スライド

Google フォーム
Google フォーム

リアルタイムに編集内容を共有しながら、距離を超えて共同作業ができます。

Google ハングアウトハングアウト Meet
Google ハングアウト
ハングアウト Meet

すぐに始められるビデオ会議機能で、コミュニケーションの効率化が図れます。
Google サイト
Google サイト
情報を集約、共有できる社内ポータルサイトを簡単に作成できます。
Google Groups for Business
Google Groups for Business
メーリングリストの作成やコンテンツの共有が可能です。
Google +
Google+ (TM)
限定公開のコミュニティで、社内の最新情報や会話を写真や動画で共有できるビジネス用ソーシャルネットワークです。
Google Keep (TM)
Google Keep (TM)
メモやリストを作成し、ほかのユーザーと共有・共同編集が可能です。
管理コンソール
管理コンソール
(端末管理含む)
管理者がユーザーの追加、端末管理、Googleの各種サービスの設定を管理するための機能です。
機能 概要 G Suite
Enterprise
G Suite
Business
G Suite
Basic
ビジネス向け高度な機能 Google Vault
Google Vault
アーカイブ、電子情報開示、情報ガバナンスの機能を提供します。× (注2)
Cloud Search
Cloud Search
G Suite内の企業コンテンツの横断的に検索可能です。×
ストレージ ファイル、フォルダ、バックアップなど、すべてのファイルが無制限に保存できます。(注1)
また、ファイルを、パソコンやスマートフォン、タブレットで自動同期し、どんなファイルも必要な時にアクセスできます。
容量無制限30GB
機能 概要 G Suite
Enterprise
G Suite
Business
G Suite
Basic
プレミアム管理機能 データ損失防止 (DLP)
(Gmail・Google ドライブ)
機密性の高いコンテンツが組織外のユーザーと共有されるのを未然に防ぐため、検出項目やカスタムルールを定義することができます。
機密コンテンツが検出されたときに、メールの送信をブロックするといったポリシーに基づく操作設定が可能です。
××
BigQueryでのGmailログ解析 (注3)BigQueryと統合することで、クエリを実行しGmailのログ分析やメールの利用状況の把握ができます。××
GmailのS/MIME (注4)S/MIMEを使用してメールのセキュリティ強化が可能です。××
  • 注1)
    G Suite Basicはメールとドライブで30GBまでご利用いただけます。別途有料オプションで容量を追加することも可能です。
    G Suite Business、G Suite Enterpriseのご契約ID数が4ID以下の場合は1ID当たり1TBまでの容量になります。
  • 注2)
    G Suite Basicは有料オプションにてGoogle Vaultをご利用いただけます。
  • 注3)
    BigQueryはGoogle Cloud Platformのサービスの一つで、別途ご用意いただく必要があります。
  • 注4)
    S/MIME証明書は別途ご用意いただく必要がございます。

オプションサービス

G Suite Basicオプション (有料)

Google Vault

ストレージ容量追加

アドオンサービス

KDDI Business ID

KDDI サテライトオフィスツール

DNSオプション

DNS オプション

関連サービス

Chromebox for meetings

動作環境

「G Suite」利用環境

パソコンブラウザ

新規ウィンドウが開きますサポート対象のブラウザ - G Suite管理者 ヘルプ

モバイルアプリ

新規ウィンドウが開きますモバイルアプリのアップデート対象OS ‒ G Suite管理者ヘルプ

  • 外部サイトへ移動します。
  • 動作環境に記載されているブラウザの種類は、ブラウザのサポート終了、改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

KDDI サテライトオフィスツール利用環境

デバイスブラウザ
パソコン
(Windowsをご利用の場合)
  • Windows (R) Internet Explorer (R) 8以上 (9以上推奨) (最新バージョンから2世代前までをサポート)
  • Google Chrome (TM) (最新バージョンから2世代前までをサポート)
  • Mozilla (R) Firefox (R) (最新バージョンから2世代前までをサポート)
  • Safari (R) (最新バージョンから2世代前までをサポート)
  • 動作環境に記載されているブラウザの種類は、ブラウザのサポート終了、改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

お申し込み

本サービスへのお申し込みはこちら。

無償トライアル

お気軽にお申し込みください。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

導入事例 一覧 導入事例トップ

「Cisco Webex with KDDI」で、拠点間コミュニケーションを円滑化。
会議のための出張も減り、業務スピードが向上。

グループウエアを「G Suite」に刷新。
多彩な機能と抜群の安定性で、業務効率化とともに運用負荷の大幅軽減を達成。

クラウドとモバイルを積極活用しながら「Google Apps for Work (TM)」と「KDDI ファイルストレージ」でセキュリティをより強固に。


業種別に見る ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 業務効率化・コスト削減編

ご検討中のお客さま

be CONNECTED.
業種別に見る ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 業務効率化・コスト削減編
ビジネスに役立つスマートフォンの活用
最新のイベント・セミナー情報をご覧いただけます。
KDDI ビジネスメールマガジン 法人のお客さまに役立つ情報をお届けします。
Business Port パートナーサービス一覧
ビジネス支援サービス
KDDI Cloud Blog
よくあるご質問