KDDI クラウドプラットフォームサービス: 料金

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI クラウドプラットフォームサービス」(略称: KCPS) : 料金 (IaaS・PaaS・DaaS) のご案内です。

お知らせ
【2016年12月更新】機能追加について

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」は、2017年4月3日よりお申し込み受け付けを開始し、2017年4月中旬より「ファイルサーバー」の提供を開始します。詳しくは以下をご参照ください。

ファイルサーバー

料金

トライアル

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」は、Admin ConsoleのIDを払い出した月とその翌月は、Premium (専有サーバ) またはValue (共有サーバ) の無料ご利用枠を用意しております。詳細は、当社営業窓口までお問い合わせください。

SLA

長年のインフラ運用ノウハウおよび設備の完全冗長化により、99.99%の稼働率を保証します。万が一、SLAを守れなかった場合、その月の請求額の10%を返金致します。詳細は、当社営業窓口までお問い合わせください。

  • Custom提供するサーバやネットワーク機器、構築・監視・運用メニューは、SLA対象外です。

クラウドサーバ・バックアップ

完全冗長化された共有サーバが、閉域イントラ網・インターネット接続費用込みで月額8,000円から (Value (共有サーバ) のSmall1をご利用の場合) ご利用いただけます。

データ通信料は、アウトプット/インプットとも無料です。最低利用期間はありません。サーバ利用料・OS起動ドライブ利用料・追加ディスク利用料は、日単位での課金となります。

■Premium (専有サーバ) 基本メニュー

メニュー 仕様 (注1) 単位 月額
サーバ利用料 12vCPU~/メモリー
48GB~ (注2)
仮想化基盤: KVM 物理
サーバ
210,000円
仮想化基盤: VMware 物理
サーバ
270,000円
OS起動ドライブ利用料 50GB 仮想
サーバ
2,500円
100GB 仮想
サーバ
5,000円
OS利用料 Windows Server (R) Standard Edition 仮想
サーバ
5,000円
Windows Server (R) Enterprise Edition/Datacenter Edition 物理
サーバ
20,000円
RedHat Enterprise Linux 仮想
サーバ
KVM利用時: 無料
VMware利用時:
7,000円/
13,000円 (注3)
Cent OS 仮想
サーバ
サーバ利用料に含む
ネットワーク 閉域イントラ網接続 (注4) - - サーバ利用料に含む
インターネット接続 - -

■Value (共有サーバ) 基本メニュー

メニュー 仕様 (注1) 単位 月額
サーバ利用料 Small1 1vCPU/メモリー2GB 仮想
サーバ
8,000円
Small2 1vCPU/メモリー4GB 仮想
サーバ
11,000円
Medium1 2vCPU/メモリー4GB 仮想
サーバ
14,000円
Medium2 2vCPU/メモリー8GB 仮想
サーバ
19,000円
Large1 4vCPU/メモリー8GB 仮想
サーバ
22,000円
Large2 4vCPU/メモリー16GB 仮想
サーバ
32,000円
OS起動ドライブ利用料 100GB 仮想
サーバ
サーバ利用料に含む
OS利用料 Windows Server (R) Standard Edition 仮想
サーバ
5,000円
Windows Server (R) Enterprise Edition/Datacenter Edition 仮想
サーバ
20,000円
RedHat Enterprise Linux 仮想
サーバ
KVM利用時: 無料
VMware利用時:
7,000円/
13,000円 (注3)
Cent OS 仮想
サーバ
サーバ利用料に含む
ネットワーク 閉域イントラ網接続 (注4) - - サーバ利用料に含む
インターネット接続 - -

■オプションメニュー

メニュー 仕様 単位 月額
エクストラアベイラビリティ
(Premium (専有サーバ) のみ)
物理
サーバ
10,000円/
Premiumサーバ1台
アプリケーション利用料 SQL Server (R) (Premium (専有サーバ) のみ) 物理
サーバ
62,000円
マイクロソフトアプリケーション
(Officeなど)
お問い合わせください
ウイルスチェック 仮想
サーバ
3,000円
追加ディスク システムストレージ データベースなどに最適 10GB 500円
データストレージ ファイル保存などに最適 10GB 250円
バックアップ バックアップストレージ 国内2サイトのデータセンターに二重バックアップ (注5) 10GB 500円
ネットワーク データセンターコネクト (注6) - - 0円
HCIオプション (注7) 基本パック 冗長化された10Gbpsポートを搭載したマルチレイヤスイッチおよびHCI機器4ノード (最小構成は4ノード) - 980,000円 (注8)
追加ノード - 1ノード 300,000円 (注9)
ネットワーク機器 標準ファイアウォール 200Mbpsベストエフォート、DMZ非対応 - サーバ利用料に含む
拡張ファイアウォール 1Gbpsベストエフォート
DMZ対応
サイト 50,000円
JSOCセキュリティ監視
(「拡張ファイアウォール」のご利用必須)
IPSログを解析し不正アクセスやウイルス感染を検出し通知 サイト 80,000円
標準ロードバランサ
(負荷分散装置)
200Mbpsベストエフォート - サーバ利用料に含む
拡張ロードバランサ 60Mbpsベストエフォート - 27,000円
100Mbpsベストエフォート - 33,000円
拡張ロードバランサ
(SSLオフロード)
100Mbpsベストエフォート - 54,000円
300Mbpsベストエフォート - 68,000円
500Mbpsベストエフォート - 81,000円
1Gbpsベストエフォート - 95,000円
  • 注1)
    1vCPU=2.66GHz相当です。OSのVersionは、別途お問い合わせください。
    注2)
    vCPU、メモリーのうち、仮想化基盤などにて一定リソースを確保する必要があります。
    注3)
    仮想化基盤にVMwareを選択した場合、5vCPU以上の仮想サーバは、RedHat Enterprise Linux利用料が13,000円/月となります。
    注4)
    「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」をご利用の場合、アクセス回線料が別途かかります。
    注5)
    ご利用のゾーンにより利用容量の計算形態が異なります。別途お問い合わせください。
    注6)
    「KCPS」および「TELEHOUSE」のご利用が必須です。また、それぞれご利用料金が別途発生します。なお、「KCPS」と「TELEHOUSE」のお客さま機器との連携用途がない場合はご利用になれません。
    注7)
    1ノードのスペックは以下の通りです。
    CPU: 24コア (12コア x 2)
    メモリー: 128GB
    ストレージ (SSD): 800GB (400GB x 2)
    ストレージ (SAS): 4TB (1TB x 4)
    注8)
    初期費用が2,200,000円発生します。ご利用には「TELEHOUSE」のご利用料金および監視費用などが別途発生します。
    注9)
    1ノードお申し込みごとに、初期費用が400,000円発生します。ご利用には「TELEHOUSE」のご利用料金および監視費用などが別途発生します。

ファイルサーバー

完全冗長化されたファイルサーバーが、閉域イントラ網接続費用込みで月額138,000円からご利用いただけます。

データ通信料は、アウトプット/インプットとも無料です。最低利用期間はありません。サーバ利用料・追加ディスク利用料は、日単位での課金となります。

■基本メニュー

メニュー 仕様 (注10) 単位 月額
サーバ利用料 4vCPU/16GB
閉域イントラ接続を含む
仮想
サーバ
80,000円
OS起動ドライブ利用料 100GB 仮想
サーバ
サーバ利用料に含む
OS利用料 (注11) Windows Server (R) Standard Edition 仮想
サーバ
5,000円
ネットワーク 閉域イントラ網接続 (注12) - - サーバ利用料に含む

■オプションメニュー

メニュー 仕様 単位 月額
アプリケーション利用料 (注11) ウイルスチェック 仮想
サーバ
3,000円
追加ディスク ファイルサーバーストレージ ファイルサーバー用 1TB 50,000円
  • 注10)
    1vCPU=2.66GHz相当です。OSのVersionは、別途お問い合わせください。
    注11)
    『ファイルサーバー』をご利用の際は、別途『OS利用料』『アプリケーション利用料』のお申し込みが必須です。
    注12)
    「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」をご利用の場合、アクセス回線料が別途かかります。

オブジェクトストレージ

堅牢性、拡張性、信頼性の高いオブジェクトストレージが、閉域イントラ網・インターネット接続費用込みで月額8,000円からご利用いただけます。

データ通信料は、アウトプット/インプットとも無料です。最低利用期間はありません。

■基本メニュー

メニュー 仕様 単位 月額
オブジェクトストレージ 動画・画像など大容量データのバックアップやアーカイブに最適 (100Mbpsベストエフォート) 1TB 8,000円 (注13)
ネットワーク 閉域イントラ網接続 (注14) - - サーバ利用料に含む
インターネット接続 - -

■オプションメニュー

メニュー 仕様 単位 月額
ネットワーク データセンターコネクト (注15) - - 0円
HCIオプション (注16) 基本パック 冗長化された10Gbpsポートを搭載したマルチレイヤスイッチおよびHCI機器4ノード (最小構成は4ノード) - 980,000円 (注17)
追加ノード - 1ノード 300,000円 (注18)
  • 注13)
    「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」をご利用の場合、アクセス回線料が別途かかります。
    注14)
    「KCPS」および「TELEHOUSE」のご利用が必須です。また、それぞれご利用料金が別途発生します。なお、「KCPS」と「TELEHOUSE」のお客さま機器との連携用途がない場合はご利用になれません。
    注15)
    1ノードのスペックは以下の通りです。
    CPU: 24コア (12コア x 2)
    メモリー: 128GB
    ストレージ (SSD): 800GB (400GB x 2)
    ストレージ (SAS): 4TB (1TB x 4)
    注16)
    初期費用が2,200,000円発生します。ご利用には「TELEHOUSE」のご利用料金および監視費用などが別途発生します。
    注17)
    1ノードお申し込みごとに、初期費用が400,000円発生します。ご利用には「TELEHOUSE」のご利用料金および監視費用などが別途発生します。
    注18)
    0~1TBは一律8,000円、以降1TB超過ごとに8,000円をご請求します。日次データ量の最大値の利用料を翌月にご請求します。

mBaaS by Kii

業務用アプリケーションを開発するためのプラットフォームが、閉域イントラ網・インターネット接続費用込みで月額200,000円からご利用いただけます。最低利用期間はありません。

メニュー 仕様 単位 月額
基本利用料 (注19) API1,000万コール・ストレージ100GB・1,000万プッシュまでの無料利用を含む 3アプリまで 200,000円
API超過料 (注20) 無料利用分を超過した場合 100万コールごと 1,000円
ストレージ超過料 (注20) (注21) 無料利用分を超過した場合 1GBごと 10円
プッシュ超過料 (注20) 無料利用分を超過した場合 100万プッシュごと 1,000円
ネットワーク 閉域イントラ網接続 (注22) - - サーバ利用料に含む
インターネット接続 - -
  • 注19)
    4アプリ以上ご利用の場合は、3アプリ単位に切り上げて、基本利用料が追加で必要となります。(無料利用分も追加されます)
    注20)
    基本利用料に含まれる無料利用分を超過した場合に必要です。複数アプリをご利用の場合は合算値で算出されます。
    注21)
    当月の最大利用量に応じて算出されます。
    注22)
    「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」をご利用の場合、アクセス回線料が別途かかります。
  • Custom提供するサーバおよびネットワーク機器は、お客さまのご用件ごとに個別にお見積もりします。
  • ベストエフォート方式による提供は、通信環境や混雑状況の影響により通信速度が変化します。

構築・運用・監視

KDDI法人営業担当者までお問い合わせください。

こちらも併せてご覧ください。

新規ウィンドウが開きます導入検討・見積相談

  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

知らぬ間に発生する発電異常や電気設備の故障を、『ソーラー監視王』によるアラートメール即時配信で、復旧時間を短縮化し、損失を最小化へ。

LTE通信モジュールを内蔵したVPNゲートウェイによりインターネット配線が困難な環境下にある産業機械の「監視」と「制御」を実現。

auの4G LTE回線網がカバーする日本全国を通話圏内とするIPトランシーバー
同報性・即時性はそのままに同時通話・多重通話も実現。


サーバーの管理・運用をアウトソースして 保守・運用負荷の軽減
知ってるようで知らないクラウドのキホン クラウド まるわかり
イマサラ時事