KDDI クラウドプラットフォームサービス: mBaaS by Kii

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI クラウドプラットフォームサービス (略称: KCPS): mBaaS by Kii」(IaaS・PaaS・DaaS) のご案内です。

お知らせ
【2017年3月更新】 サービスの一部 新規お申し込み受け付けおよび提供終了について

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の『mBaaS by Kii』と、パートナーサービスの『Makerel』は、新規お申し込み受け付けおよび提供を終了します。詳しくは以下をご参照ください。

サービスの一部 終了情報

mBaaS by Kii新規申込受付終了

機能一覧

『mBaaS by Kii』は、Android (TM)、iOSといったモバイルアプリケーションをはじめとした、各種アプリケーションの開発に必要なサーバサイドの機能をクラウドでご提供します。お客さまは、サーバ側の開発が不要となり、初期投資および開発期間を大幅に削減できます。
また、インターネット回線だけでなく、イントラ網「KDDI Wide Area Virtual Switch (略称: KDDI WVS)」への接続で、社内システムともセキュアに連携可能。業務で安心してご利用いただけるSLAも標準提供します。

  • 注1)
    IoT (Internet of Things) とは、さまざまなモノをインターネットに接続して活用するための技術のこと
  • 注2)
    SDK (Software Development Kit) とはソフトウエアの開発に必要となるツール類のパッケージのこと

機能提供

提供機能および提供するSDKは以下の通りです。

機能 内容
ユーザー管理 アプリケーション利用ユーザーの登録、認証、規制などの管理を行う機能。
データ管理 アプリケーションで発生したさまざまなデータを保存、共有、同期、集計などに使用可能。
プッシュ通知 モバイル端末に対してプッシュ通知を配信する機能。アプリケーション再活性化やプロモーションなどさまざまな利用シーンに活用。
位置情報 モバイル端末のGPS機能などを利用した位置情報を保存管理する機能。アプリケーションデータに位置情報を紐付けたり、位置情報に基づくデータ検索が可能。
サーバ拡張機能 JavaScript で作成したお客さまの固有プログラム (カスタムロジック) を、クラウド上に設置することで、アプリケーションからの呼び出し時や定期起動など、設定された条件に応じて実行が可能。
アプリ分析 アプリケーションのさまざまなイベント、データを分析・可視化し、改善に不可欠なPDCAサイクルの運用を実現。
A/Bテスト ユーザーの行動に基づいたUX/UIの最適化を行うための機能。
モノ管理 モノ情報の登録・変更・削除・取得やオーナーの設定など、多様なIoT (Internet of Things) (注1) サービスのニーズに適切に対応可能。
提供SDK (注3)
  • Android Client SDK
  • iOS Client SDK
  • JavaScript Client SDK
  • Unity Client SDK
  • Things SDK
  • 注3)
    直接mBaaS by KiiのAPIを操作する手段としてREST APIも公開しています。REST API (REpresentational State Transfer API) とは、ウェブ上で複数のソフトウエアを連携させるのに適した設計手法を用いたAPIのことです。

機能へ戻る

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

KDDIのタブレットやネットワークを活用し、安全性と業務効率を両立。

コスト削減、高い堅牢性と最新のセキュリティ、高速レスポンスを実現。

知らぬ間に発生する発電異常や電気設備の故障を、『ソーラー監視王』によるアラートメール即時配信で、復旧時間を短縮化し、損失を最小化へ。


ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果