KDDI クラウドプラットフォームサービス: オブジェクトストレージ

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI クラウドプラットフォームサービス (略称: KCPS): オブジェクトストレージ」(IaaS・PaaS・DaaS) のご案内です。

お知らせ
【2018年9月更新】 「KCPSベアメタルサーバー」提供開始について

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の新たなメニューとして、お客さま専有の物理サーバー (ベアメタルサーバー) をオンラインでお手軽にご利用いただけるサービス「KCPSベアメタルサーバー」の提供を開始いたします。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますオンプレミス同等の専有型クラウドサービス「KCPS ベアメタルサーバー」を提供開始

【2018年3月更新】 SOC1 Type2およびSOC2 Type2の取得について

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」は、国際的な内部統制保証基準であるサービス・オーガニゼーション・コントロール1 (SOC 1) のType2 (継続) およびSOC2のType2 (継続) を2018年3月16日付で取得しました。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI クラウドプラットフォームサービス」にて国際セキュリティ認証のSOC1 Type2を3年連続、SOC2 Type2を2年連続で取得

オブジェクトストレージ

機能一覧

爆発的に増加するデータ (動画/画像/文書/ログなど) を、無制限で保管できる拡張性とErasure Coding (分散データ格納方式) で、安心して預けることができます。保管データの損失・破壊がないことを示す値である堅牢性が99.999999999999% (14ナイン) (注1) のクラウド型ストレージサービスです。
イントラネットサービスである「KDDI Wide Area Virtual Switch」・「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」との接続が標準提供された「KDDI クラウドプラットフォームサービス」は、クローズド環境 (注2) でもご利用いただけることから、セキュアで安全なデータ転送が可能です。

  • 注1)
    2015年8月31日時点 KDDI調べ
  • 注2)
    インターネットに直接アクセスしない環境のこと。

機能へ戻る

提供機能

機能一覧

Admin Console操作画面

オブジェクトストレージをご利用いただくためのバケットの作成/削除、APIキーの払い出し/削除やバケットごとのクォータ設定など、各種情報の確認や設定が可能

詳細は、以下のガイドをご参照ください。

新規ウィンドウが開きますAdmin Console
  • 外部サイトへ移動します。

REST API (Amazon S3互換)

オブジェクトに対する各種操作が可能

詳細は、以下のガイドをご参照ください。

新規ウィンドウが開きますオブジェクトストレージ
  • 外部サイトへ移動します。

SDK

Java SDKをご提供

詳細は、以下のガイドをご参照ください。

新規ウィンドウが開きますオブジェクトストレージ
  • 外部サイトへ移動します。

機能へ戻る

おすすめ利用用途

機能一覧

オブジェクトストレージについて、お客さまのご利用用途や使い方に対応する各種ツールをご提供します。

詳細は、以下のガイドをご参照ください。

新規ウィンドウが開きますおすすめ利用用途
  • 外部サイトへ移動します。

機能へ戻る

ご利用イメージ

機能一覧

オブジェクトストレージをWindowsサーバーなどのバックアップ先とすることで、ストレージ設備のコスト削減、IT部門の運用負荷を軽減。

  • 注3)
    世代管理とは、任意のバックアップ時点に復元できるように管理すること。
  • 注4)
    NAS: ネットワークに直接接続し、コンピュータなどからネットワークを通じてアクセスできる外部記憶装置 (Network Attached Storage)。

機能へ戻る

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

「ユニファイド コミュニケーション」で、効率的な音声通話環境を構築。
生産性の向上を果たし、多様な働き方が可能になった。

「KDDI IoT クラウド Standard」と「KDDI Wide Area Virtual Switch」で、設備機器のデータを、セキュアかつリアルタイムに収集。

KDDIのタブレットやネットワークを活用し、安全性と業務効率を両立。


ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果