KDDI ホスティングサービス (G120/G200): DNS管理

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (G120/G200): DNS管理」(レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了およびサービス提供終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (G120/G200)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了し、2016年8月31日をもって、サービス提供を終了しました。
代替サービスとして、GMOクラウド株式会社の提供サービスのInfinitoPLUS、株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズの提供サービスのACE01、KDDI提供サービスの「KDDI DNSホスティングサービス」をご提案します。
詳しくは、以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますKDDI ホスティングサービス (G120/G200) 終了のご案内

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。

DNS管理

機能一覧

DNS管理

コントロールパネルからDNSレコードを設定することが可能です。

利用シーン・利用メリット

同じドメイン名でメールのみを自社のメールサーバで利用する場合など、コントロールパネルからメールレコード (MXレコード) を修正するだけで、対応が可能となります。サブドメイン名の権限委譲などといった作業も可能です。従来、DNSの設定などはホスティング会社で行っていたために、対応までに2~3営業 日必要でしたが、コントロールパネルからお客さまが設定できるため、必要な時にすぐに対応ができます。

詳細機能

ご利用タイプ ご利用内容
正引きタイプ 正引き (ホスト名からIPアドレス) の設定のみご利用の場合
レコード名 各レコード説明
Aレコード ホスト名とそれに対応するIPアドレスを指定するレコードです
MXレコード ドメインのメールサーバ名を指定するレコードです
NSレコード ドメインのネームサーバ名(プライマリ/セカンダリ)を指定するレコードです
CNAMEレコード Aレコードの別名を指定するレコードです
SOAレコード ドメイン(ゾーン)に関する情報として、DNSサーバ名、管理者、生存時間などを登録するレコードです
SRVレコード サービスとホスト (サーバ) を関連付けるレコードです
TXTレコード ホストやドメインにテキスト情報を定義するレコードです
  • 参照用 (キャッシュ) サーバの機能は提供しておりません。
    参照用 (キャッシュ) サーバはご利用中のISP事業者が提供するサーバをご利用ください。
  • 「MX」「SRV」レコードの優先度の設定については、4個の値から選択していただく形式となります。
  • 各レコードのTTLの設定も可能です。
  • お客さまの設定するレコードの記述方法や正誤判定については、サポート対象範囲外となります。
  • 提供するゾーンは、正引きゾーンのみとなります。逆引き設定をご利用の場合は、KDDI DNSホスティングサービス (月額2,800円)」をご利用ください。

KDDI DNSホスティングサービス

ご利用料金・導入方法

基本機能のため、追加料金などなくご利用いただけます。
コントロールパネルより設定後、ご利用いただけます。

機能へ戻る

  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。