KDDI ホスティングサービス (G120/G200): 迷惑メールフィルター

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (G120/G200): 迷惑メールフィルター」(レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了およびサービス提供終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (G120/G200)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了し、2016年8月31日をもって、サービス提供を終了しました。
代替サービスとして、GMOクラウド株式会社の提供サービスのInfinitoPLUS、株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズの提供サービスのACE01、KDDI提供サービスの「KDDI DNSホスティングサービス」をご提案します。
詳しくは、以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますKDDI ホスティングサービス (G120/G200) 終了のご案内

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。

迷惑メールフィルター

機能一覧

迷惑メールフィルター

日々増加する迷惑メールを判別する機能です。

利用シーン・利用メリット

受信したメールが判断基準となるデーターベースの情報と一致するか否かをサーバ側で判断します。
サーバ上にて動作を完了するため、パソコン環境およびメールソフトに関係なくご利用いただくことができます。
サービスのご利用に必要な設定 (スパムメール定義ファイルの更新など) は、すべてサーバにて行いますので、お客さまに行っていただく作業はありません。

スパムメールチェックのイメージ

詳細機能

SpamAssassin

スパム判定のエンジンはSpamAssassinを提供。
サーバ上で、スパムメールかどうかチェックを行ないます。スパムメールと判定した場合は、メールの件名やメールヘッダに「SPAM」と追記するか、またはメール自体を削除します。 (お客さまにて設定) また、お客さまにて、送信元のメールアドレスをホワイトリスト (スパムでないもの) やブラックリスト (スパムとするもの) を設定することが可能です。

  • お客さまにて、スパムと判定するスコアを (判定を緩くしたり、厳しくしたり) 設定することが可能。
  • すべてのメールが必ず正しく判定されることは保証できません。
  • サーバ上での隔離ボックスは提供しておりません。

ご利用料金・導入方法

基本機能のため、追加料金などなくご利用いただけます。
ご利用のメールソフトで特定のヘッダ情報を元に振り分けの設定を行うことで、スパムメールを振り分けできます。

ご対応プラン

  G120 G200
対応状況

機能へ戻る

導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。