KDDI ホスティングサービス (G120/G200): CMS

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (G120/G200): CMS」(レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了およびサービス提供終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (G120/G200)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了し、2016年8月31日をもって、サービス提供を終了しました。
代替サービスとして、GMOクラウド株式会社の提供サービスのInfinitoPLUS、株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズの提供サービスのACE01、KDDI提供サービスの「KDDI DNSホスティングサービス」をご提案します。
詳しくは、以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますKDDI ホスティングサービス (G120/G200) 終了のご案内

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。

CMS

機能一覧

CMS

技術や専門的な知識がなくても、テキストや画像などを用意すれば簡単にウェブサイトを構築できるツールです。

利用シーン・利用メリット

ブログやショッピングサイト、ホームページの制作などを支援する便利な各種ツールがご利用いただけます。サーバにインストール後、すぐにご利用いただけます。

詳細機能

XOOPS (手軽にポータルサイトを構築できます)

コミュニティーサイトやポータルサイトを気軽に立ち上げ、運営できるアプリケーションです。国際的なコミュニティーで開発が行われているオープンソースで、非常に高性能な機能を簡単に利用できます。

  • 提供バージョンは、2.1.8となります。
  • 機能、操作方法などサポート対象外です。関連書籍、ウェブサイトをご覧ください。
  • インストール用のスクリプトをお客さまにて実行後、インストールできます。

pdfファイルをダウンロードしますXOOPSインストールガイド (776KB)

XOOPS

EC-CUBE (独自性の高いショッピングサイトを構築できます)

高度に洗練された無料のECサイト構築システムパッケージ、EC-CUBEのインストール・通常動作が確認されています。オープンソースなため、ソース コードを自由自在にカスタマイズし、ご利用いただけます。ECサイトに欠かせない商品登録などのフロント系機能や、受注情報・売上管理などの管理系機能も 充実しています。

  • 提供バージョンは、2.11.5となります。(コントロールパネル付属インストーラーからのインストール時は2.4.1-12となります)
  • お客さま自身でのインストールが必要です。
  • 機能、操作方法などサポート対象外です。関連書籍、ウェブサイトをご覧ください。
  • EC-CUBEおよびロゴは、EC-CUBEは株式会社ロックオンの商標です。

pdfファイルをダウンロードしますEC-CUBEインストールガイド (956KB)

EC-CUBE

WordPress

WordPressはMySQLとPHPを利用することにより軽快な動作をするオープンソースのブログ構築ツールです。
日本ではMovable Typeが大きなシェアを誇りますが、海外ではWordPressがいまでも支持され続けています。
WordPressは商用利用はもちろん、ユーザーの追加や権限設定も自由に行うことが可能です。

  • 提供バージョンは、3.9となります。(コントロールパネル付属インストーラーからのインストール時は2.8.4となります)
  • お客さま自身でのインストールが必要です。
  • 機能、操作方法などサポート対象外です。関連書籍、ウェブサイトをご覧ください。
  • WordPressは、Automattic, Inc. の登録商標です。

pdfファイルをダウンロードしますWordPressインストールガイド (758KB)

WordPress

Joomla!

可能な限り多機能で簡単に使えることを目指して開発されたCMSツールです。
PHP、Javaなどのスクリプトはもちろん、HTMLの知識さえ必要無くブラウザだけでサイト運営が可能です。
また、世界中から見つけ出したお気に入りのテンプレートは、モジュールで表示する場所を決めれるのでほかの利用者とかぶることがなくデザイン自由度の高いサイトを構築することが可能です。
広い拡張性や、さまざまなサイト形状に対応できるなど、とても自由度が高く、Joomla!は注目を集めているCMSツールです。

  • 提供バージョンは、1.5.26となります。
  • 機能、操作方法などサポート対象外です。関連書籍、ウェブサイトをご覧ください。
  • Joomla! およびJoomla! ロゴは、Open Source Matters の登録商標です。
  • インストール用のスクリプトをお客さまにて実行後、インストールできます。

pdfファイルをダウンロードしますJoomla! インストールガイド (744KB)

Joomla!

PukiWiki

ブラウザから訪問者が自由に書き込めるデータベースを使用しないCMSです。
ブラウザから簡単に編集できることが特徴で、誰でも自由にコンテンツを追加したり既存ページの編集ができる仕組みとなっているため、例えば、会社内の従業員限定の情報共有ツールとしたり、『ウィキペディア (WikiPedia)』のように百科事典として活用することも可能です。

  • 提供バージョンは、1.4.7となります。
  • 機能、操作方法などサポート対象外です。関連書籍、ウェブサイトをご覧ください。
  • インストール用のスクリプトをお客さまにて実行後、インストールできます。

pdfファイルをダウンロードしますPukiWikiインストールガイド (516KB)

PukiWiki

ご利用料金・導入方法

基本機能のため、追加料金などなくご利用いただけます。
また、ご利用プランによって提供サービスが異なります。詳細は以下の「対応プラン」をご確認ください。
記載のCMSはすべての動作を保障するものではありません。サポート対象外です。

対応プラン

  バージョン G120 G200
XOOPS 2.1.8 ○※
(無制限)
EC-CUBE 2.11.5 ○※
(無制限)
WordPress 3.9 ○※
(無制限)
Joomla! 1.5.26 ○※
(無制限)
PukiWiki 1.4.7 ○※
(無制限)
  • お客さまご自身でのインストールが必要です。

機能へ戻る

導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。