KDDI ホスティングサービス (G120/G200): SSL

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (G120/G200): SSL」(レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了およびサービス提供終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (G120/G200)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了し、2016年8月31日をもって、サービス提供を終了しました。
代替サービスとして、GMOクラウド株式会社の提供サービスのInfinitoPLUS、株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズの提供サービスのACE01、KDDI提供サービスの「KDDI DNSホスティングサービス」をご提案します。
詳しくは、以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますKDDI ホスティングサービス (G120/G200) 終了のご案内

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。

SSL

機能一覧

SSL

通信情報を暗号化して、情報の盗聴・改ざん・なりすましを防止します。

利用シーン・利用メリット

個人情報保護法の施行により、情報漏えいに対する意識は法人個人を問わず高まっています。最近では、アンケートやネットショッピングで個人情報を入力する場面など、ブラウザに 暗号化通信を示す鍵マークがなければユーザーが入力をやめてしまう、という機会損失の可能性も否定できません。これまで「あればよい」という認識だった SSL は、今や必須機能です。

詳細機能

共用SSL

共用SSLでは、SSLを使用したページを表示した際、URLが、「http://お客さまのドメイン/」から「https://共用サーバ名/ssl/数字//お客さまドメイン」となります。

暗号化機能としては、まったく問題ありませんが、すべてのページで同じドメインを使いたい場合などは、独自ドメインでご利用いただけるSSLサーバ証明書の取得をおすすめします。

  • 本サービスの場合、例えば、「http://www.example.jp」のトップページのお客さまでしたら、共用SSLをご利用の場合、「https://共用サーバ名/ssl/数字//example.jp」となります。

独自SSL (グローバルサイン: クイック認証SSL)

ネットショップやお問い合わせ、アンケートフォームを運用されているウェブサイトでは個人情報など機密性の高い情報の通信を守る必要があります。この通信内容をSSLで暗号化することによって安全にインターネットをご利用できます。

現在では、ほとんどの企業サイトの個人情報を取得するページにSSLサーバ証明書を使い、利用者のセキュリティを保護して、企業の信頼性を守っております。

グローバルサイン社は全世界で2,000万枚の発行実績のある電子証明書の認証局です。

  • KDDI ホスティングサービスのウェブサーバをご利用いただくことが必要です。
  • 料金は年額一括払いとなります。 (導入時、更新時)
  • 更新時の料金も導入時と同額です。有効期限失効の約1カ月前に弊社よりメールでご連絡致しますのでよくお読みになってください。
  • サーバ証明書の共通鍵の長さは256bitとなります。
  • 携帯端末の対応状況はグローバルサイン社のサイトをご覧ください。 (http://jp.globalsign.com/)
  • 1証明書当たり1グローバルIPアドレスを払い出します。上限はG120プランで10個、G200プランで20個までです。

取得済証明書設置代行

お客さまで取得したSSLサーバ証明書をホスティングサーバへ設置致します。

対応認証局/商品名 Symantec セキュア・サーバID
サーバIDエクスプレスプレミアム
グローバル・サーバID
Global Sign クイック認証SSL
企業認証SSL
EV SSL
Geotrust ジオトラストクイックSSL プレミアム
Network Solution Basic
Advanced
Wildcard
Extended Validation
Secom セコムパスポートfor Web SR2.0
セコムパスポートfor Web EV
セコムパスポートfor Web
ホームページSECOMパックSR2.0
ホームページSECOMパック
Starfield スタンダードSSL
デラックスSSL
EV SSL
Thawte SGC Super Certs
SSL Web Server Certs with EV
SSL WildCard Certs
SSL Web Server Certs
SSL 123 Web Server Certs
  • 本オプションでは弊社がサーバ証明書を取得することはございませんので、お客さまにて取得してください。
  • サーバ証明書の取得の流れについては、各社によって異なりますので、サーバ証明書を取扱う各社へお問い合わせください。
  • 弊社の作業内容は、CSRの生成および、サーバID (CAキー) の設置代行となります。
  • CSRとは、 Certificate Signing Request (証明書署名要求) 」の略で、証明書を生成するために認証局に提出されるものです。CSRとは暗号化されたファイル (テキスト形式) で、申請団体の公開鍵、組織名、所在地、URL (サーバのアドレス) などの内容を含みます。
  • お客さまによる申請漏れや誤入力などでのCSRの再発行は 承ることができません。再度新規にオプション申し込みを行っていただく必要がございます。
  • 弊社サーバスペックを事前にご確認いただき、対応したSSLにてお申し込みください。

ご利用料金・導入方法

ご利用プランによって提供サービスが異なります。詳細は以下の「対応プラン」をご確認ください。
グローバルサイン: クイック認証SSLは下記よりお申し込みください。

新規ウィンドウが開きますオプションお申し込みフォーム

取得済証明書設置代行をご希望のお客さまは下記申込用紙をダウンロードいただき、ご郵送ください。

pdfファイルをダウンロードしますオプションのお申し込みについて (229KB)

対応プラン

  G120 G200
共用SSL
独自SSL グローバルサイン:
クイック認証SSL
年額:28,500円 / 1証明書
取得済証明書設置代行 初期費用:20,000円

機能へ戻る

  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。