KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104): 料金

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104): 料金」 (レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。
一部CMSインストーラー提供終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104)」は、2016年7月12日をもって以下のCMSインストーラーの提供終了をしました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。

  • Xoops Cube Legacy
  • osCommerce
  • NetCommons
  • MODx
  • concrete5
  • Nucleus
  • SilverStripe
  • pWebManager
  • Geeklog

料金

シリーズ

S101:月額3,990円 ディスク容量50GB メールアカウント200個

S102:月額5,880円 ディスク容量70GB メールアカウント500個

S103:月額7,980円 ディスク容量70GB メールアカウント無制限

S104:月額10,500円 ディスク容量80GB メールアカウント無制限

お支払いイメージ

お支払いイメージ

ドメイン関連の料金については、詳細はこちらをご参照ください。
機能

機能・費用比較

費用 / 機能 S101 S102 S103 S104
費用 初期費用 3,000円
月額費用 3,800円 5,600円 7,600円 10,000円
基本機能 ディスク容量 50GB 70GB 70GB 80GB
メールアカウント数 200 500 無制限 無制限
グローバルIPアドレス 1 1 1 1
マルチドメイン 6 無制限 無制限 無制限
ドメインエイリアス 1 1 3 3
バックアップサービス (内部/外部)
※有償オプション

※有償オプション

※有償オプション

※有償オプション
メール関連機能 ウェブメール
(Active! Mail/その他)
ウイルスチェックサービス
(アイアンポート)
スパムメールチェック機能
迷惑メール受信拒否設定
メールマガジン設定可能数 3 5 7 7
メーリングリスト設定可能数 3 5 7 7
転送メール
自動応答メール
APOP
POP before SMTP
SMTP AUTH
IMAP
POP/SMTP/IMAP over SSL
Web関連機能 CGI・開発言語
データベース MySQL
データベース数
3 5 5 10
PostgreSQL
データベース数
1 1 1 1
SQLite
データベース
CGIライブラリー
制作支援ツール
SSL 共用
CPI
シマンテック
※有償オプション

※有償オプション

※有償オプション

※有償オプション
グローバルサイン
※有償オプション

※有償オプション

※有償オプション

※有償オプション
FTP関連機能 FTPアカウント数 10 20 30 無制限
FTP接続制限機能
ファイル転送 (Get a File)
セキュアファイルマネージャー
Anonymous FTP設定
FTP over SSL
アクセスログ機能 アクセスログ解析ツール AWStats
Webalizer
Analog
アクセスログ/エラーログ閲覧
アクセスログメール配信
ソフトウエア関連機能 グループウエア 30IDまで 30IDまで 30IDまで 30IDまで
CMS Movable Type
(1ユーザ・ライセンス)

(1ユーザ・ライセンス)

(1ユーザ・ライセンス)
その他CMS
管理機能 コントロールパネル
Google Drive for Work/Google Apps for Work 1ライセンス無償提供
(2ライセンス以降は有償オプションです。)

○:標準装備のサービス △:有料オプションサービス -:ご利用いただけません

  • 1通あたりの送受信容量については、以下をご参照ください。

    新規ウィンドウが開きます1通あたりの送受信容量について

  • マルチドメインに対応している機能の一覧は、以下をご参考ください。

    マルチドメインの機能一覧

  • 本サービスで提供しておりました「Google Drive for Work/Google Apps for Work」は2014年4月30日をもって新規お申し込み受け付けを終了致しました。代替サービスとして、「Google Drive for Work」、「Google Apps for Work」をご案内します。詳しくは、以下をご参照ください。

    Google Drive for Work

    Google Apps for Work

    なお、現在ご利用中のお客さまはひきつづきご利用いただけます。

オプションメニュー

オプション内容 初期費用
(または年額費用)
月額費用
バックアップサービス 内部バックアップ 3,000円 1,900円
外部バックアップ
(20GB)
5,000円 2,000円
外部バックアップ
(50GB)
5,000円 4,000円
外部バックアップ
(100GB)
5,000円 7,000円
外部バックアップ
(200GB)
5,000円 10,000円
外部バックアップ
(500GB)
5,000円 30,000円
SSL グローバルサインクイック認証SSL【年額】 28,500円
グローバルサイン企業認証SSL【年額】 39,000円
グローバルサインEV SSL【年額】 92,000円
シマンテックSSLサーバ証明書 初年度:70,800円
次年度以降:106,000円
Google Drive for Work/Google Apps for Work 1ライセンス 6,000円 ※
  • 1ライセンスは無償提供ですが、2ライセンス以降は有償となります。なお2ライセンス以降の初年度費用はお申し込み月により異なります。
  • 本サービスでオプションサービスとして提供しておりました「Google Drive for Work/Google Apps for Work」は2014年4月30日をもって新規お申し込み受け付けを終了致しました。
    今後は、KDDIの法人のお客さま向けサービス「Google Drive for Work」、「Google Apps for Work」をご利用ください。詳しくは、以下をご参照ください。

    Google Drive for Work

    Google Apps for Work

    なお、現在ご利用中のお客さまはひきつづきご利用いただけます。

料金・お支払いに関する注意事項

料金お支払い方法

本サービスのご利用料金は、お客さまへ送付致します「ご利用内容のご案内」に表記されている「ご利用開始日」より起算し、ご利用月の翌月に請求させていただきます。

請求書によるお支払い

弊社より送付する請求書にて、金融機関、コンビニエンスストアからお支払いください。
お支払いいただける窓口の詳細は、振込用紙裏面に記載しています。

口座振替によるお支払い

お客さまご指定の金融機関口座より、毎月の料金を引き落としさせていただきます。
口座振替の登録については、法人お客さまセンターまでご連絡ください。

  • 一部お取り扱いのできない金融機関があります。

月の途中で加入、プラン変更されるお客さまへ

各プランとも日割りによる料金計算となります。

他のKDDIサービスを併せてご利用のお客さまへ

KDDIホスティングサービスと併せて他KDDIサービスをご利用の場合、お申し込み時に「すでに利用中サービスとの合算請求を希望」とし、「ご請求コード」をご記入いただくことで、請求書をまとめさせていただきます。「ご請求コード」についてご不明な場合は、法人お客さまセンターへお問い合わせください。

最低ご利用期間

KDDIホスティングサービスの最低ご利用期間は6カ月となります。最低ご利用期間前の解約については、違約金が発生します。ドメインの維持管理料は、初回の支払い月に1年分を一括でお支払いいただきます。

  • KDDI株式会社は、株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズとの業務提携により、Google Drive for Work/Google Apps for Workを提供致します。

こちらも併せてご覧ください。

新規ウィンドウが開きますよくあるご質問

  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。