KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104): ドメインエイリアス・マルチドメイン

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104): ドメインエイリアス・マルチドメイン」(レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。
一部CMSインストーラー提供終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104)」は、2016年7月12日をもって以下のCMSインストーラーの提供終了をしました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。

  • Xoops Cube Legacy
  • osCommerce
  • NetCommons
  • MODx
  • concrete5
  • Nucleus
  • SilverStripe
  • pWebManager
  • Geeklog

ドメインエイリアス・マルチドメイン

機能一覧

ドメインエイリアス・マルチドメイン

複数ドメインで同一サイトへ誘導するドメインエイリアス機能と、1つの契約に対して複数のドメイン名を設定できるマルチドメイン機能です。

利用シーン・利用メリット

現在ご利用いただいているサーバ内で、複数のブランドを別のドメインで運用したい企業さまやキャンペーンなどで強くアピールしたいサイトにアクセスを集中させたい場合などに、活用できる機能です。

詳細機能

ドメインエイリアス

ドメインエイリアスは、複数のドメインでアクセスした場合でも同一のコンテンツを表示させる機能です。
例えば「○○.jp」のサイトへ、「○○.co.jp」や「○○.net」などの別ドメインでアクセスをしても、同一のトップページ (ご契約中のドメインサイト) が表示されます。キャンペーンなどで強くアピールしたいサイトにアクセスを集中させたい場合、また社名変更などで新しいドメインを取得した際、旧ドメインと新ドメインを並行運用したい場合などに役立つ機能です。

  • 下記の場合はドメインエイリアスをご利用いただけません。
    • マルチドメインで設定されたドメインの場合。
    • サブドメインでのお申し込み。必ず独自ドメインでお申し込みください。
    • 未取得のドメインでのお申し込み。あらかじめドメインを取得してからお申し込みください。
    • 他社のネームサーバをご利用いただいている方。
    • gTLD ドメインを移管して当機能をご利用いただく際は、ドメイン移管申請費:3,000円の費用がかかります。

マルチドメイン

マルチドメインとは、1つの契約に対して複数のドメイン名を設定することができる機能です。
例えば、「○○.com」と「××.jp」など、異なるドメイン名でも同じサーバに収容し、1契約とすることができます。複数のブランドで展開しようとしている企業さまや、複数の店舗を持ち、店舗ごとに別々のドメイン名を取得したいお客さまへ、1契約にまとめられるためコスト削減の役立つ機能です。

  • ディスク容量は、基本契約されたホスティングサービスの容量内での運用となります。
  • 別途ドメイン名の取得料金・維持管理料金が発生致します。
  • マルチドメインの開通は1つずつの設定・開通となります。
  • マルチドメインを主契約ドメインに変更することはできません。主契約ドメインをマルチドメインに変更することもできません。

ご利用料金・導入方法

基本機能のため、追加料金などなくご利用いただけます。
マルチドメイン追加をご希望のお客さまは申込用紙をダウンロードいただき、ご郵送ください。

pdfファイルをダウンロードしますマルチドメイン申込書 (276KB)

  • 1マルチドメインにつき、1申込書が必要です。

対応プラン

  S101 S102 S103 S104
ドメインエイリアス追加設定可能数
(1)

(1)

(3)

(3)
マルチドメイン追加設定可能数
(6)

(無制限)

(無制限)

(無制限)

マルチドメインの機能一覧

機能 対応状況
メールアカウント数 200
グローバルIPアドレス ×
Google Drive for Work (TM)/Google Apps for Work (TM) ×
バックアップサービス (内部/外部) ×
メール関連機能 ウェブメール (Active! Mail) ×
ウェブメール (その他)
ウイルスチェックサービス (アイアンポート)
スパムメールチェック機能
迷惑メール受信拒否設定
メールマガジン設定可能数 3
1メールマガジンに登録できるユーザー数 1,000
メーリングリスト設定可能数 3
1メーリングリストに登録できるユーザー数 1,000
転送メール
自動応答メール
APOP
POP before SMTP
SMTP AUTH
IMAP
POP/SMTP/IMAP over SSL
Web関連機能 CGI・開発言語
データベース MySQL
データベース数
3
PostgreSQL
データベース数
1
SQLite
データベース数
CGIライブラリー
制作支援ツール
SSL 共用
CPI ×
シマンテック ×
グローバルサイン ×
FTP関連機能 FTPアカウント数 1
FTP接続制限機能
ファイル転送 (Get a File)
セキュアファイルマネージャー
Anonymous FTP設定
FTP over SSL ×
アクセスログ機能 アクセスログ解析ツール AWStats
Webalizer
Analog
アクセスログ/エラーログ閲覧
アクセスログメール配信
ソフトウエア関連機能 グループウエア ×
ブログ ×
CMS
管理機能 コントロールパネル

○:ご利用いただけます ×:ご利用いただけません

機能へ戻る

本サービスへのお問い合わせ

何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。