KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104): ファイル転送 (Get a File)

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104): ファイル転送 (Get a File)」(レンタルサーバ・ホスティングサービス) のご案内です。

新規お申し込み受け付け終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104)」は、2016年2月29日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。

また、ホスティングサービスをご検討のお客さまには、KDDIグループのホスティングサービス「ACE01」をご提案します。詳しくは、以下の『共用レンタルサーバー』をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます共有レンタルサーバー

  • 外部サイトへ移動します。
一部CMSインストーラー提供終了のお知らせ

「KDDI ホスティングサービス (S101/S102/S103/S104)」は、2016年7月12日をもって以下のCMSインストーラーの提供終了をしました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。

  • Xoops Cube Legacy
  • osCommerce
  • NetCommons
  • MODx
  • concrete5
  • Nucleus
  • SilverStripe
  • pWebManager
  • Geeklog

ファイル転送 (Get a File)

機能一覧

ファイル転送 (Get a File)

大容量ファイルを簡単で安全に送信できるファイル転送サービスです。

利用シーン・利用メリット

メールでは添付しきれない大容量ファイルや複数のファイルを、SSL暗号化によってセキュアに、ファイルの受け渡しのできるファイル転送サービスです。
ファイル転送 (Get a File) を利用すればプロジェクトメンバーとメールを使ってデータ共有をする際もメールサーバを圧迫することもありません。また、バイク便や宅急便を利用して、CAD/CAEなど大容量データのやりとりする必要もなくなります。

Get a File画面

新規ウィンドウが開きますGet a File

詳細機能

送信者・受信者ともに専用ソフトを必要とせず、ウェブブラウザーがあれば誰でも簡単にご利用いただけます。
専用サイトからサーバヘアップロードし、相手先へメールにてダウンロードURLを伝えることにより、送信先にダウンロードURLのみを通知するため、メールサーバを圧迫することなくご利用いただけます。送信先を最大10アドレス分設定でき、送信ファイルも最大10種類まで、また最大1GBまで、SSLによる暗号化によって安全に送信できます。送信履歴 (メールの文章やファイル) を保存しているので、以前送ったあて先へ同様のファイルを再送することも可能です。

  • KDDI ホスティングサービスのDNS、メールサーバをご利用いただくことが必要です。

ご利用料金・導入方法

基本機能のため、追加料金などなくご利用いただけます。
コントロールパネルよりメールアドレスを作成後、「Get a File」よりご利用いただけます。

新規ウィンドウが開きますGet a File

対応プラン

  S101 S102 S103 S104
対応状況

マルチドメイン対応状況

機能 対応状況
ファイル転送 (Get a File)
  • マルチドメインに対応している機能の一覧は、以下をご参考ください。

マルチドメインの機能一覧

機能へ戻る

本サービスへのお問い合わせ

何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI Knowledge Suite」と「Office 365 with KDDI」により社内のスケジュール管理・情報共有が進み、事業継続性の担保と業務効率化を実現。