KDDIホーム 法人のお客さま 業務改善のヒント満載 お役立ちコラム LINEの操作性を踏襲! 事務作業の効率化も可能な<ビジネス版LINE>「LINE WORKS with KDDI」とは?

LINEの操作性を踏襲! 事務作業の効率化も可能な<ビジネス版LINE>「LINE WORKS with KDDI」とは?

使える! ビジネスコミュニケーションツール『LINE WORKS with KDDI』第2回 LINE WORKS with KDDIの基本機能

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションを活性化するためのツールとして「LINE WORKS with KDDI」を紹介している本シリーズ。
本コラムでは、『LINE』を踏襲しつつ法人利用に適した機能を備える、<ビジネス版LINE>「LINE WORKS with KDDI」の主な機能について解説していきます。

個人『LINE』をビジネスで使うリスク

個人利用で普及し続ける『LINE』ですが、仕事の現場でも利用する人が増えているようです。幅広い年齢層が使い慣れ、時系列ごとにメッセージの送受信履歴が追いやすいことは社員同士や社員と顧客との間でスピーディーな情報共有を可能にします。さらに「既読」機能によって相手が確認した・確認していないという情報伝達の確実性や履歴の追いやすさはビジネスの現場でも使い勝手がよいとの声も聞こえます。

しかし前回コラムでもご紹介した通り、個人利用を想定したツールをビジネスの現場へ持ち込むことは、情報セキュリティ上のリスクが懸念されます。例えば、個人用のアカウントを使って仕事上の連絡を取っているうちに、全く関係のない相手に仕事の情報を送ってしまったとなると情報漏えい事故ともなりかねません。

該当項目へジャンプします<ビジネス版LINE>についてさらに詳しく知りたい

『LINE』の基本を踏襲した 「LINE WORKS with KDDI」とは?

そこで、プライベートでの利用ではなく、あくまでも「仕事で使うこと」を想定して開発されたのが<ビジネス版LINE>「LINE WORKS with KDDI」です。

LINEの兄弟会社であるWorks Mobile社が開発した「LINE WORKS with KDDI」は、『LINE』の技術やノウハウ、使い勝手の良さはそのままに、ビジネスで使い勝手のよい機能を追加。通常のメールのような送信までの手間が省けるので、事務作業の時間短縮になり業務の効率化も可能です。さらに業務上のやりとりに耐えうるセキュリティを備えています。

主な機能は以下の通りです。

  • 「LINE WORKS with KDDI」機能概要 (※ライトプランの場合)
  • LINEのUIを踏襲
    トーク

    LINEを踏襲したユーザーに親しみやすいインターフェース。スタンプを用いた会話や、写真・動画などの送受信、音声・ビデオ通話が利用可能。また個人向けLINEにはない『既読メンバーの確認機能』も搭載しており、複数メンバーに送った際も「誰がメッセージを読んだか」まで分かるように。

    組織に合わせた階層構造に対応
    アドレス帳

    階層型組織表現や兼務など、日本の企業文化に対応したアドレス帳で、社員を一括管理できる。

    課別、プロジェクト別に設定可能
    掲示板

    社内の重要なお知らせや共有事項の書き込みやコメント記載はもちろん、書き込み内容の検索や自分の投稿の管理、必読表示、通知設定などの便利な機能を搭載

    LINE WORKSのみが実現
    LINE連携

    管理者が許可したIDにおいて、LINEと1対1のトークができる。管理者側でユーザー個別にLINE連携許可の設定も可能

    ビジネスに必須のリスク管理を実現
    管理機能
    (セキュリティ)

    管理者側で、ログイン時のパスワードポリシーや、ファイルのダウンロード制限、アプリケーションの遠隔削除などのセキュリティ機能を設定できます。また、トーク履歴も保存され管理者による監査も可能。また外部からの攻撃に備えた高いレベルのセキュリティ対策も実現。

    ビジネスでの活用をさらに便利に
    アーカイブオプション

    『アーカイブオプション (追加料金必要)』の利用で最長10年間のログ保管が可能。送信者・受信者・期間・内容など、高度な条件指定で検索が可能であり、トーク内でやりとりした実際のファイルまで保存できるので、詳細な監査が入る場合にも有効です。

このように、「LINE WORKS with KDDI」はビジネスでの利用に適したさまざまな機能を持っています。

次回以降のコラムでは「LINE WORKS with KDDI」の活用事例についてご紹介していきます。

該当項目へジャンプします<ビジネス版LINE>についてさらに詳しく知りたい

詳しい内容の資料を無料でダウンロードできます

ビジネスにおける正しい『LINE』の使い方

シンプルで簡単。ビジネスの現場での効果を発揮する<ビジネス版LINE>の活用方法をご紹介しています。

新規ウィンドウが開きます資料ダウンロード

関連サービス・ソリューション

まずは、お気軽にご相談ください。

新規ウィンドウが開きますご検討・お見積の相談はこちら (無料)

パンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。