ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション

KDDI 法人・ビジネス向け「ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション」(グローバルコンテンツアクセラレーター) のご案内です。キャッシュとプロトコル最適化により、海外配信のパフォーマンスを向上するサービスです。

サービス概要

ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション (DWA) は、海外をまたぐウェブサイトやウェブアプリケーション配信のパフォーマンスを飛躍的に向上させるサービスです。

ウェブサイトやウェブアプリケーションを配信する際に、動的コンテンツ (エンドユーザーのリクエストに応じた個別ページや、商品検索、ユーザー登録といった処理などお客さまWebサーバで処理する必要があるもの) やコンテンツのアップロードのパフォーマンス向上を実現します。

DWAは、キャッシュに加えて通信プロトコルを最適化することで、動的コンテンツやオリジンからエンドユーザーへの双方向通信のパフォーマンスを向上します。双方向通信や動的コンテンツも含めた高速化が求められる海外向けウェブサイトやウェブアプリケーションのパフォーマンス向上に最適なサービスです。

図: ダイナミック・ウェブ・アクセラレーション

特長

インターネット区間通信の最適化

TCP、およびHTTP/HTTPSの最適化によるパケットロスや再転送の遅延を最小化し、通信速度のボトルネックとなるインターネット区間を高速化することでウェブパフォーマンスの向上に大きく寄与します。

Round Trip Time (RTT) の最適化

エンドユーザーに近いエッジサーバと通信を行う事で、お客さまWebサーバへのアクセス頻度を抑制します。
これにより海外をまたぐ通信の回数を低減させウェブパフォーマンスを向上させます。

高度なキャッシュ機能

コンテンツ・アクセラレーションの高度なキャッシュ機能により、キャッシュ可能なコンテンツの大半を処理します。キャッシュ可能なコンテンツがお客さまのウェブサーバにアクセスする頻度を極力抑えることでウェブパフォーマンスを向上させます。

お客さまWebプラットフォームのコスト効率化

海外に別途お客さまWebサーバを用意する必要はありません。加えて、静的コンテンツの配信をエッジサーバが代行するため、お客さまWebプラットフォーム整備のコストを効率化できます。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 新規ウィンドウが開きますお問い合わせ

    お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

関連サービス・ソリューション
導入事例 一覧 導入事例トップ

次世代CDN (注1)「KDDI グローバルコンテンツアクセラレーター」で安定したコンテンツ配信とHTTPS対応 (注2) を実現。

「KDDI グローバルコンテンツアクセラレーター」の導入により、中国-日本間の高速で安定したコンテンツ配信を実現。