KDDIホーム 法人のお客さま イマサラ時事 『電力小売全面自由化』が4月に開始! 企業向けお得プランも登場へ 『電力小売全面自由化』が4月に開始! 企業向けお得プランも登場へ

『電力小売全面自由化』が4月に開始! 企業向けお得プランも登場へ

 2016年1月以降、これまで電気とは無縁だった名だたる企業が、テレビ・コマーシャルなどで電力小売事業への参入をアピールするようになってきました。これは2016年4月に開始される『電力小売全面自由化』を前に電力販売の事前受け付けが本格化したからです。
 すでに大規模施設などに向けた高圧電力事業は自由化されていますが、今回は東京電力、関西電力などの一般電気事業者が地域独占を続けてきた低圧分野 (50kW未満) が自由化され、全面的に市場が開放されます。低圧分野の主な対象は家庭ですが、中小事業所や商店などの企業も対象となります。4月に向けて法人向けのお得なプランをさまざまな事業者が提案してくるでしょう。電力の購入先を賢く選択していくために、まずは自由化の基本的な考え方をおさらいしておきましょう。

電力システム改革の一環として実施

 まず、『電力小売全面自由化』が実施される背景についてみてみましょう。電力を利用者に届ける電力システムは主に『発電』、『送配電』、『小売』の三つに分類できます (図1)。

 政府は2011年の東日本大震災後に発生した電力不足や料金の値上げを踏まえ、3段階で電力システム改革を進めています。第一弾として、地域を超えた電力需給を円滑に実施するために2015年に『電力広域的運営推進機関』が設立されました。第二弾が今回の『電力小売全面自由化』です。さらに第三弾が、2020年に実施が予定されている、一般電気事業者の送配電部門を発電部門から切り離す『発送電分離』です。
 政府はこれら一連の電力システム改革によって、電力の安定供給確保、料金の抑制、利用者の選択肢の拡大、さらに新規参入による事業機会の創出をねらっています。電力だけでなく、ガスの小売全面自由化も2017年に計画されています。これにより、電力会社によるガス小売参入も促し、競争環境を整備することでエネルギー事業全般の活性化を図る考えです。

 電力市場を規模別に分類すると図2のようになります。すでに50kW以上の高圧分野は段階的に自由化されてきました。50kW以上の高圧小口が自由化されたのが2005年4月ですから、11年を経て全面自由化が実施されることになりました。今回開放される低圧分野の契約件数は約8,500万件と膨大な数にのぼります。資源エネルギー庁の試算では市場規模は約8兆円です。新規参入企業にとっては大きなビジネス・チャンスといえるでしょう。

新規参入事業者はセット販売で知恵を絞る

 電気を購入する利用者の立場に立つと、競争により、低価格化が促進されるのは歓迎すべきですが、供給される電力の品質は気になるところです。結論をいえば、購入先の小売事業者を切り替えても、届く電気の品質は変わりません。小売事業者は発電事業者から調達した電気をお客さまに販売しますが、電気を届ける送配電網は、これまでと変わらず東京電力や関西電力などの一般電気事業者が運営します。そのため、どの事業者から電気を買っても品質は従来と同じになります (図3)。

 品質が変わらないとなると利用者が選ぶポイントは料金やサービスということになります。そこで新規参入事業者は、すでに展開している自らのサービスと組み合わせたセット販売に知恵を絞っています。ガス事業者であればガスと電気を組み合わせた割安プラン、鉄道事業者であれば定期券とのセット購入がお得になるプラン、通信事業者であれば通信料金とのセット割などです。さらに新規参入事業者だけでなく、既存の一般電気事業者も含めて電気の購入でポイントが貯まるなどのサービス競争も始まっています。

「auでんき」の名称で企業向けのお得なプランをご提供

 KDDIも、「auでんき」の名称で電力の小売事業に参入します。一般的に広く利用されている従量電灯プランと同等の料金プランをご用意しています (図4)。販売エリアは沖縄と一部離島を除いた全国です。法人のお客さまには、KDDIの法人サービスと組み合わせることで、ご利用料金に応じて電気料金を割り引くお得なプラン『auでんき法人セット割』をご用意しています。

 『電力小売全面自由化』が始まり、ついに電気を選べる時代が幕を開けます。ぜひ、「auでんき」のご活用をご検討ください。

関連サービス・ソリューション

auでんき

KDDI法人サービスとセットでお使いいただくことで、ご利用料金に応じて電気料金を割り引くお得なプラン『auでんき法人セット割』をご用意しています。