1. KDDIホーム
  2. 法人のお客さま
  3. イマサラ時事
  4. 高齢化が進む日本で重要となる『健康寿命』を延ばすには

高齢化が進む日本で重要となる『健康寿命』を延ばすには

2016年7月27日に厚生労働省は『平成27年簡易生命表 (注)』を公表しました。これによると2015年における日本の『平均寿命』は男性が80.79歳、女性が87.05歳となり、いずれも過去最高を更新しました。日本の平均寿命は世界でトップクラスを維持していますが、今年は世界1位だった女性は香港に抜かれて2位となり、男性も3位から4位に順位を下げました。

平均寿命は0歳時における平均余命を表す指標ですが、高齢化が進む日本では寿命に関わるもうひとつの指標である『健康寿命』を延ばすことが求められています。

  • 注)
    平成27年簡易生命表: 日本にいる日本人について、1年間の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の人が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や0歳時における平均余命である平均寿命などの指標によって表したもの。

健康寿命の延びは平均寿命よりも小さい

『健康寿命』とは、2000年にWHO (世界保健機関) が提唱した考え方で、『健康上、問題がない状態で日常生活を送れる期間』と定義されています。『平成27年版高齢社会白書』によれば、2013年時点の健康寿命は男性が71.19年、女性が74.21年となっており、それぞれ2001年と比べて延びています。しかし、2001年から2013年までの健康寿命の延びは、同期間における平均寿命の延びと比べて小さく、その結果、平均寿命と健康寿命の差は2013年時点で男性は約9.13年、女性は約12.40年となりました (図1)。

図1 健康寿命と平均寿命の推移

高齢化が進む日本では『平均寿命』だけでなく、『健康寿命』を延ばすことが重要になります。政府が取りまとめた『日本再興戦略』においても『国民の「健康寿命」の延伸』がテーマのひとつとして掲げられています。この流れを受けて経済産業省では、企業、個人による健康投資の促進など需要側からの取り組みと、産業の発展に資する事業環境整備など供給側からの取り組みを両面から推進する事業として、『健康寿命延伸産業創出推進事業 (地域におけるヘルスケアビジネス創出推進等事業)』を実施しています。

「スマホdeドック」が採択候補に

『健康寿命』を延ばすには、健康診断などで自分の健康状態を定期的に確認することが重要です。しかし、仕事で忙しいなど、健康診断を受診する時間がなかなか取れない方が多いのも事実です。そこでKDDIでは、専用の在宅検査キットとWebサービスを組み合わせることで、気軽に素早く健康チェックを行なうことができるサービス「スマホdeドック」を提供してきました (図2)。

図2 「スマホdeドック」利用の流れと専用の在宅キット

「スマホdeドック」では、利用者自身の健康状態を見える化することで現状を把握し、必要に応じた医療機関の受診など、健康状態の改善に向けた行動変容をサポートする機能を提供しています (表1)。

表1 「スマホdeドック」による行動変容サポートに関する機能

この「スマホdeドック」を軸として、神奈川県未病産業研究会、万国医療津梁協議会 (沖縄県) の協力のもと、株式会社ファンデリーと連携し、『KDDI スマホdeドックコンソーシアム』を結成し、実証事業『セルフ健康チェックと食事コントロールによる生活習慣病予防事業』を経済産業省公募の『平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業 (地域におけるヘルスケアビジネス創出推進等事業)』に提案、2016年7月15日に採択候補として決定しました。

セルフ健康チェックと食事コントロールを組み合わせ

この実証事業の中では、より具体的な生活改善提案を行なうため、「スマホdeドック」によるセルフ健康チェック機能に加え、管理栄養士が監修した宅食メニューによる食事改善サービスを提供し、生活習慣改善を促進することを目指しています。

実証対象エリアである沖縄県・東京都下の一部自治体 (計、2自治体) にお住まいで「スマホdeドック」の血液検査を実施いただいた方に対し、宅食メニューを3カ月間、1日1食、無償で配送します。そして3カ月後に、「スマホdeドック」の2回目の検査を実施し、食事コントロールによる数値改善効果を検証し、重症化の予防につなげます (図3)。

図3 実証事業概要: 重病化予防サイクルイメージ

厚生労働省の『平成22年度国民医療費』によると、40兆円を超えて増大し続ける医療費の1/3は生活習慣病に起因するものとされています。生活習慣病は自らの健康状態に気づき、生活習慣をコントロールすることで抑止し、重症化を防ぐことができます。KDDIでは、自宅で手軽に正確な健康状態の確認ができる「スマホdeドック」の提供を通じて、重症化の予防や健康寿命の延伸に貢献して参ります。

新規ウィンドウが開きますおウチでできる血液検査 スマホ de ドック

自治体、企業、健康保険組合の方のお問い合わせ先

  • 「スマホdeドック」コールセンター
    0800-700-4141 <受付時間: 平日10:00-18:00>
    smartkensa@port.ne.jp
    • 企業名・ご担当者さまご連絡先ご記載の上お送りください。

関連サービス・ソリューション