KDDI クラウドプラットフォームサービス

企業がクラウド上にシステムを構築する際、ユーザ企業の保有データはクラウド事業者の提供する環境に保管されます。この、データを保管し運用するためのサービスとして、“クラウド基盤サービス”があります。
利用データを格納するサーバやストレージ、保管データを基にクラウドサービスを利用する(動作させる)ための基本ソフトウエアなどがワンストップで提供されます。クラウド基盤サービスでは企業の大切な業務データを運用するので、安心・安全の確保がとても重要となります。この分野で2012年から提供を開始し、国内No.1(注1)の規模に成長してきたサービスが「KDDI クラウドプラットフォームサービス」です。

注1: Citrix Cloud Platform(注2)を採用したIaaSではNo1の稼働規模。
注2 :IaaSを構築・管理するための基盤ソフトウエア。国内外で多数のクラウド事業者が採用している。

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」はインターネットおよびイントラネットからの接続に対応し、用途に応じてパブリッククラウドとしても、プライベートクラウドとしても利用が可能。
パブリッククラウドの多くは、利用するサーバ・ソフトウエア・回線を多種多様な不特定多数の企業や組織と「共有」し、導入コストを抑え必要な時に必要な分だけ利用できる点が最大のメリット。
一方、プライベートクラウドは利用環境を「専有」するため、利用する企業のニーズにあわせて高度なセキュリティやシステム構成を実現できるという特徴があります。
「KDDI クラウドプラットフォームサービス」はサーバの利用形態を専有サーバ型、共有サーバ型、カスタム型から選べるなど、企業のさまざまなニーズにも柔軟に対応できるクラウド基盤です。

キャリアグレードがもたらすハイパフォーマンス

通信キャリアであるKDDIが提供する通信サービス(au携帯電話やauひかりなど)や情報システムは、社会生活を支える基盤の一部であり、一般的な情報システムと比べ、高い性能と安定した稼動が求められます。「KDDI クラウドプラットフォームサービス」で提供されるサーバは、au携帯電話やauひかりなどの事業用サーバ設備を24時間体制で運用する、強固なセキュリティ・耐震性・バックアップのとれた電源・空調システムを具備したデータセンターを利用。数あるクラウドサービスの中でも高品質で安定した運営環境を実現しています。
クラウドはネットワークに接続して利用するもの。通信キャリアのクラウドである「KDDI クラウドプラットフォームサービス」ではネットワーク接続をセットで提供することが可能です。クラウドとネットワークを個別で導入するケースと比べ、コスト面でもパフォーマンスを高めることができます。

※キャリアグレードとは 機器やソフトウエア、システムの品質や信頼性の水準を表す用語のひとつで、通信事業者(通信キャリア)が通信網の構築・運用を高い水準で行っているという意味です。
通信事業者のネットワークは現代社会を支えるインフラの一部として極めて重要であるため、高い性能と信頼性が必要になり、トラブル発生時に速やかに対応できるサポート体制などを要求されます。

※「KDDI クラウドプラットフォームサービス」のサーバが格納されているデータセンターでは、膨大な量のサーバの発熱によるハードウエア故障をさけるため、家庭用クーラー約3,200台分に匹敵する規模の冷却装置を二台配備。停電に備える蓄電設備も充実しています。

稼働率フォーナインを超えて

万が一の障害発生時には、早期復旧はもちろん、迅速な障害発生通知、影響範囲の特定と原因究明、善後策の策定と実行、関係各所への状況説明など、文字通り1分1秒を争う情報収集と対応が求められます。しかし、実際は、多くの日本企業はこの「迅速な対応」をとりにくい状況です。

その理由は、IT人材のリソースを外部の企業に委託するケースが多いこと。

社外の委託先のIT技術者から情報を吸い上げ、判断し、指示を出すというシステム管理担当者の負荷がボトルネックとなっています。

クラウドサービスの中には、障害報告などのプロセスを提供していないケースもありますが、KDDIでは高い運用サポートと品質を求める日本の企業文化に合わせて、万が一の障害時でもお客さまとのやりとりをスムーズに行うべく、障害通知システムの開発や体制の整備に取り組み、「30分以内の能動通知」「2時間以内に多重障害から復旧」を実現しています。

稼働率フォーナインを超えて
稼働率フォーナインを超えて

こうした高度な技術と安定した設備、そして優れた人材サポートにより、「KDDI クラウドプラットフォームサービス」はミッションクリティカルと呼ばれる99.99%(フォーナイン)を超えて、99.999%(ファイブナイン)という非常に高い稼働率を達成しています。
システムを運転している全時間からシステム停止時間を除いたものが稼働時間。稼働率とは全時間における稼働時間の割合になります。
稼働率99.999%(ファイブナイン)とは、時間に置き換えると、年間のシステム停止時間をおよそ5.26分に抑えているということになります。

すべては稼働率アップのために

高稼働率が維持される背景には、万が一のシステム障害に備えた様々なバックアップの工夫があります。
「KDDI クラウドプラットフォームサービス」では「フェイルオーバー機能」によりホストサーバの故障時も自動的に予備のサーバへ切り替える機能を完備。さらにサーバだけではなく、データを保存するストレージも予備を準備しバックアップ化された「エクストラアベイラビリティ」機能も提供しています。
クラウドサービスにおいてサーバの冗長化は一般的ですが、ストレージまで含めて冗長化の冗長化、つまり四重のバックアップが提供されるケースは多くありません。
また、これらの設備を格納するデータセンターにも、バックアップの工夫が施されています。お預かりする企業データは東日本と西日本いずれかのデータセンター内設備へ保管されますが、加えて遠隔地の別のデータセンター(DRサイト)へも同時に保存されます。これにより、万が一の被災などの場合にも、事業継続計画(Business Continuity Planning:BCP)対策が可能な環境を提供しています。

すべては稼働率アップのために
カンタンなのに安心安全?!

メールやニュース、SNSに音声チャットなど、さまざまなサービスを便利に使えるクラウドですが、一般向けのクラウドサービスでは、ログインIDとパスワードさえ照合できれば、誰でもどこからでも容易にアクセスできてしまいます。
セキュリティレベルを上げるために、複数のID/PWを複数のクラウドサービスごとに使うことがありますが、管理が煩雑となり利便性を損ないます。昨今のクラウドサービスの普及とあわせて、安全性と利便性を両立したログイン環境が求められています。 「KDDI クラウドプラットフォームサービス」と併せて提供される「KDDI Business ID」では、同一のID/PWで複数のクラウドサービスを利用できる環境を、強固なID認証基盤でセキュリティを担保し提供しています。一般的なID/PW認証に加えて、ワンタイムパスワードやIPアドレス制限、さらにあらかじめ指定したスマートフォンに電話をかけて本人確認する着信認証も利用可能。多要素認証によりクラウドサービスの安全な利用を支えています。

これからはネットワークもクラウド化が必要です

ビジネス品質でクラウドを使うためには、仮想サーバを使ったハードウエアのクラウド化だけではなく、ネットワークも自社で「保有」せず、クラウドライクに柔軟に調達できかつ安全な利用環境が求められています。
クラウドはネットワーク経由で接続し利用するため、クラウドの活用には高品質なネットワークが欠かせません。

KDDIが提供する「KDDI Wide Area Virtual Switch 2(以下略称:KDDI WVS 2)」は、特定の企業や利用者のみアクセス可能な閉域網として提供されるネットワークサービス。クラウド化した各種セキュリティ機能を設備投資なし、最低利用期間なしで利用でき、固定資産を持たずに(減価償却せずに)高いセキュリティ要件を満たしたネットワークの導入が可能となります。 加えて、新たにリリースされた「仮想ネットワーク機能」では、今まで時間や手間をかけていたネットワークも簡単・迅速に拡張することが可能となり、組織改変や他社との協業などビジネスの環境変化にあわせて、柔軟にネットワークの構築・統合・分離を実現します。 仮想ネットワーク機能やセキュリティ機能は、お客さま自身がオンデマンドで設定することが可能になっており、ネットワークリソースの拡張やセキュリティ機能追加・変更も最短1日で行えるようになります。 クラウドだけでなくネットワークも必要なとき必要なだけ利用すること、インフラ全体の調達スピードをあげることで、ビジネス環境の変化や経営判断のスピードアップに柔軟に対応し、ビジネスチャンスの可能性も広がります。

クラウドの導入・活用と併せて最適なネットワークを導入することは、クラウドがもたらすビジネスのパフォーマンス、利用コストのパフォーマンスそれぞれにおいて重要なポイントとなります。

※閉域網とは? インターネットなど一般的に開放され、不特定多数の利用者のアクセスが可能なネットワークから分離され、特定企業や利用者のみアクセスが可能な専用線。

クラウドを支えるKDDI

業務効率やコミュニケーションの促進。迅速な意思決定や市場の変化に対応していくため、複数のクラウドを上手に使い分ける企業が増えています。
いつでも最新のサービスを選択できるクラウドはビジネスチャンスを広げることができます。
今後もKDDIはクラウドサービスとその利用環境すべてを安全に、そして快適に使えるように支えていきます。

AMAZON