GRATINA 4Gグラティーナ フォージー

KDDI 法人・ビジネス向け「GRATINA 4G グラティーナ フォージー」(携帯電話) のご案内です。

GRATINA 4G グラティーナ フォージーby KYOCERA

  • au VOLTE
  • Wi-Fiテザリング
  • GLOBAL
  • 防水・防塵

写真: GRATINA 4G新規ウィンドウが開きますオンラインで購入

カラー: ブラック、ホワイト

au VoLTE対応により、高音質通話が可能な4G LTE携帯電話。
防水・防塵でWi-Fiテザリングや「au世界サービス」(注1) にも対応。

  • カメラ・ワンセグなしモデルもあります。

特長

au VoLTE対応により高音質 (注2) な通話が可能。

  • Wi-FiテザリングでのLTE通信中も通話が可能です。

海外でも電話番号がそのまま利用できる「au世界サービス」(注1) 対応。

  • 「au世界サービス」(注1) GSM/UMTSに対応しています。

防水・防塵・衝撃に強い

  • IPX5 (注3)/IPX8 (注4) 相当の防水性能 (注5) により、突然の雨でも安心して通話やメールが利用できます。
    防塵 (注6) に加え、耐衝撃 (注7) も備えた設計で、万一地面に落とした際も壊れにくく安心です。

カメラ・ワンセグなしモデル

  • 以下の機能が制限されたモデルです。
    • カメラ
    • ワンセグ
    • 外部メモリー (microSDカード)
    • LINE
    • カラーはブラックのみです。
  • 注1)
    「グローバルパスポート」は、2016年5月31日より「au世界サービス」に名称変更しました。
    注2)
    au VoLTE 対応機種同士 (auの4G LTEエリア内) の場合、高音質通話となります (そのほかは従来の音質相当での通話となります)。実際の音声品質は、電波環境や回線の混雑状況により変化します。高音質通話およびボイスパーティーに対応しています。
    注3)
    IPX5とは内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5ℓ/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。
    注4)
    IPX8とは常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての機能を保ちます。
    注5)
    キャップ類は確実に取り付けてください。海水、プール、温泉の中などに浸けないでください。熱湯をかけないでください。耐熱設計ではありません。また、砂浜などの上に置かないでください。
    注6)
    IP5X: 防塵試験管内で電話機を8時間かくはんした際に、試験用粉塵 (直径75µm以下) が電話機内部に入った場合でも所定の動作および安全性を保ちます。
    注7)
    米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7: Shock-Procedure IVに準拠した規格において、高さ1.22mから合板 (ラワン材) に製品を26方向で落下させる試験を実施しています。すべての衝撃に対して保証するものではございません。
  • 日本国内において3G通信はご利用いただけません。
  • EZwebサイトはご利用になれません。従来の3G携帯電話でご利用のコンテンツは継続してご利用になれません。Google Play (TM) やGmail (TM) はご利用になれません。
他社からの乗り換えのお客さまへ

対応サービス

新規ウィンドウが開きますテザリングオプション

  • auホームページへ移動します
  • 注)
    「グローバルパスポート」は、2016年5月31日より「au世界サービス」に名称変更しました。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

本庁内・全職員にユニファイド・コミュニケーションを導入。
業務効率化と通信コスト削減を実現。

中堅証券会社としては初めて (注1)スマートフォン『SIRIUSα IS06』とケータイ『E10K』を全社的に本格導入。さらに『KDDI ビジネスコールダイレクト』との組み合わせによって、大幅な業務効率化と通信費のコストダウンを実現。

  • 注1)
    KDDI調べ

データ通信と音声通話が同時に行えるコンカレント機能搭載のauケータイ『E31T』とポータブル・ポスを組み合わせお客さまサービスの向上と端末管理の効率化を実現