KDDI IoTクラウド Creator

これからIoTを活用したプロジェクトや新規ビジネスを創り始めるお客さま向けの新しいサービスです。

概要

KDDIとIoTで新しい価値を創りませんか?

お客さまのIoTサービスや、システムの企画から構築・リリースまで責任を持ってサポートします。
ビジネスとテクノロジーが一体となったチームが、ビジネス環境の変化にも機敏かつ柔軟に対応します。

特長

1. スモールスタート―ビジネス価値を最大化

アジャイル開発手法により、お客さまのIoTサービスの開発や構築・リリースからその後の改善作業までサポートします。
「開発→評価→改善」を小さく繰り返す手法により、スモールスタートでIoTを始めることができます。

2. プラットフォームの提供

個別開発で一から作るのではなく、KDDIが用意するIoTに特化したプラットフォーム基盤をご利用いただけます。さまざまなIoT/M2M案件に15年以上取り組んできた通信事業者としての豊富なノウハウを活用することで、お客さまのIoT開発をサポートします。

ご提供内容

1. IoTシステムの開発だけでなく、企画・構築までご支援

「IoTをどこから始めればよいか分からない」とお悩みのお客さま。
KDDIはお客さまに寄り添って一緒にIoTビジネスを構築致します。

2. IoTに特化したプラットフォームでスピーディに開発

IoTシステムを効率的に開発する独自プラットフォームをご用意しています。

ご利用料金

支援サービス

IoTビジネスにおけるシステムやアプリケーションの設計、構築、開発および改善などのサポートを行うサービスです。

利用料金名称利用料金
支援サービス利用料金内容、期間に応じて個別見積

基盤サービス (注1)

IoTデータの収集蓄積環境、対象アプリケーションの開発環境および利用環境を提供するサービスです。

利用料金名称 単位 利用料金 (月額)
基本料 利用契約1件当たり 10,000円
ゲートウェイ機器接続料 (注2) ゲートウェイ1台当たり 800円
メッセージ利用料 (注3) 15万通未満 3,000円
15万通から100万通まで 5,000円
100万通を超えた場合、100万通当たり 5,000円
ストレージ利用料 1GB未満 3,000円
1GBから5GB未満 5,000円
5GBから10GB未満 8,000円
以降、10GB当たり 8,000円
  • 注1)
    基盤サービスは、支援サービスをご利用のお客さまに限り利用いただけます。
  • 注2)
    ゲートウェイ機器接続料は、基盤サービスの設備使用料です。
    ゲートウェイ端末機器については、別途、ご用意がお客さまの方でのご購入が必要ですとなります。
    ゲートウェイ端末機器はHTTP (S)、MQTT、WebSocketなどのプロトコルに対応したアプリケーションを搭載していることが必要となります。
    同機器を弊社から機器販売にてご提供することや支援サービスをご利用いただき端末のアプリケーションを開発することも可能です。
  • 注3)
    メッセージ利用料はゲートウェイ機器とIoT開発基盤との間で行われるデータの送受信メッセージの通数に基づき算出されます。

利用規約

お申し込みご希望のお客さまは、ご確認ください。

pdfファイルをダウンロードしますKDDI IoTクラウド Creator利用規約 (789KB)

本サービスへのお問い合わせ
お問合わせ先: KDDI営業担当または下記までご連絡ください。

<法人お客さまセンター>

受付時間: 平日9:00~18:00
(土・日・祝日および年末年始を除く)

インターネットからのお問い合わせ

導入事例 一覧 導入事例トップ

知らぬ間に発生する発電異常や電気設備の故障を、『ソーラー監視王』によるアラートメール即時配信で、復旧時間を短縮化し、損失を最小化へ。

AEDの状態を24時間365日遠隔で自動監視することにより、緊急時の作動不良を防止すると同時に、設置者が担う日常点検や消耗品の管理業務の省力化も実現。

LTE通信モジュールを内蔵したVPNゲートウェイによりインターネット配線が困難な環境下にある産業機械の「監視」と「制御」を実現。


  • 表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税抜です。