KDDI IoTクラウド ~工場パッケージ~

「KDDI IoTクラウド ~工場パッケージ~」は、工場の生産設備状態の可視化や故障予兆検知を可能とするパッケージサービスです。

概要

「KDDI IoTクラウド ~工場パッケージ~」は、工場内の装置にセンサーを取りつけて、工場の生産設備の状態をデータとして収集し、それらのデータを分析することで故障予兆の検知からアラート通知までをワンストップで提供するサービスです。これにより、点検に関わる作業工数の削減によるコスト削減や、設備故障を未然に防ぐことによる生産性向上などに貢献できます。

<サービスイメージ>

特徴

1. 生産設備の状態を可視化

工場内の装置にセンサーを取りつけることで、生産設備の状態を可視化します。
センサーは、「レベルセンサー」(注1)「流量センサー」(注2)「電流センサー」「温度センサー」「振動センサー」の取りつけが可能なため、さまざまな状態を把握することが可能になります。

2. 分析モデルによる生産設備の故障予知検知 (注3)

センサーから取得したデータをもとに、生産設備ごとに正常もしくは異常状態を把握するための最適な分析モデルを作成することで、作業員の判断によらない高度な生産設備の故障予兆を検知します。これにより、点検に関わる作業工数の削減によるコスト削減や、設備故障を未然に防ぐことによる生産性向上などに貢献できます。

3. 工場設備のIoT化をフルサポート

センサーの選定や設置工事、回線手配から生産設備状態の可視化や分析までKDDIがサポートします。

  • 注1)
    タンクなどに入っている液体の水量を図るセンサー
  • 注2)
    配管を流れている油や液体の流量を図るセンサー
  • 注3)
    ARISE analytics社の「ARISE Intelligent Factory - ARISE Predictive Maintenance」を簡易分析オプションと高度分析 (AI) オプションで使用しております。
    また、AIによる機械学習を活用しているのは、高度分析 (AI) オプションになります。

ご提供サービス

基本セット

工場内の装置にセンサーを取りつけてクラウド上にデータとして収集・蓄積することで、生産設備の状態を可視化します。また、作業者が任意に設定した閾値が超過した場合はアラート通知されます。

<基本セット サービス構成イメージ>

簡易分析オプション

「ARISE Intelligent Factory - ARISE Predictive Maintenance」の分析エンジンにより、センサーから取得した情報をもとに分析モデルを自動で作成します。複数作成された分析モデルの中から、データ分析者が最適な分析モデルを選定し、分析モデルによって異常と判定された場合はアラートを通知することで、設備の故障予兆を早期に発見できます。

<簡易分析オプション サービス構成イメージ>

高度分析 (AI) オプション

「簡易分析オプション」に加えて、自動作成された分析モデルをAIが継続して最適化します。お客さまのフィードバックをもとに分析モデルを更新し、設備の故障予兆精度を向上させます。

<高度分析 (AI) オプション サービス構成イメージ>

料金例

種別 提供内容 提供料金
基本セット 簡易分析オプション 高度分析 (AI) オプション
月額 振動センサー 6,400円/個 -
温度センサー 20円/m
電流センサー 600円/個
流量センサー 4,400円/個
レベルセンサー 6,700円/個
ロガー 5,000円/個
クラウド使用料 50,000円/ID 基本セット (50,000円/ID)
+50,000円/ID
基本セット (50,000円/ID)
+150,000円/ID
30,000円/ロガー 基本セット (30,000円/ロガー)
+20,000円/ロガー
基本セット (30,000円/ロガー)
+20,000円/ロガー
保守 23,120円 -
  • 上記料金は一例です。別途、設置に関わる初期費用や通信費用が必要となります。
  • 最低契約期間は2年となります。
  • 保守費用は、センサーの数や種類によって変動します。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
本サービスへのお問い合わせ
インターネットからのお問い合わせ

ご検討中のお客さま

本サービスへのお問い合わせ
KDDI DIGITAL GATE IoT、5G時代のビジネス開発拠点 2018年9月5日オープン
be CONNECTED.
最新のイベント・セミナー情報をご覧いただけます。
よくあるご質問