KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~

「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」は、作業員の装着するウェアラブルデバイスより危険状態を作業管理者へ通知し、作業員の安全管理に貢献します。

概要

「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」は、製造現場や建設現場で働く作業員や管理者が装着したウェアラブルデバイスにより温湿度など周囲の環境を測定し、熱ストレスレベルや悪天候などを予測し、作業現場責任者などへ通知することで、作業員の安全管理に貢献します。また、労働災害が発生した場合も、発見・対応までの時間が短縮できるため、被害を抑えることにつながります。

特長

「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」は、作業現場のニーズにあわせて、3つのコースを用意しています。

コース +バイタルセンシング +転倒検知 +天候予測
端末
リストバンド

ベルトホルダー (注1)

キーホルダー
取得データ
  • 温湿度
  • 気圧
  • パルス数
  • 加速度
  • 温湿度
  • 加速度
  • 温湿度
  • 気圧
  • 照度
  • 紫外線
  • 騒音
アラート機能
  • パルス数や周囲の温湿度環境により推定された個人ごとの熱ストレスレベル
  • 転倒・転落検知
  • ジオフェンス (注2)
  • 転倒・転落検知
  • 身体熱環境 (注3)
  • 気象予測
    (雨/雷/強風など)
  • 身体熱環境 (注3)
位置情報
(GPS)

(GPS)

(事前に登録した緯度経度情報)

<コース別機能一覧>

  • 注1)
    オプションでリストバンドの提供も可能です。リストバンドにより、パルス数の測定も可能になります。
  • 注2)
    オプションでビーコンを設置した場合の機能になります。
  • 注3)
    周囲の温湿度をもとに危険度を推定します。

1. +バイタルセンシング

作業員が装着するリストバンドによって周囲の温湿度や作業員のパルス数などを測定し、それらの情報を組み合わせたアルゴリズムを活用することで、作業員ごとに熱ストレスレベルを推定することができ、危険と判断された場合はアラートが通知されます。

2. +転倒検知

作業員が装着するベルトセンサーによって加速度などを測定し、作業員が作業中に転倒・転落した場合はアラートが通知されます。

+バイタルセンシング、+転倒検知 サービス構成イメージ

<+バイタルセンシング、+転倒検知 サービス構成イメージ>

3. +天候予測

高精度な気象予測システムと、お客さまが携行する気象センサーにより取得する気象情報を組み合わせることで、大雨や強風などの悪天候を予測し、作業現場単位でスマートフォンへアラームを通知します。

+天候予測 サービス構成イメージ

<+天候予測 サービス構成イメージ>

料金

お客さまのご要望に応じて、下記のプランよりお選びいただけます。

1. +バイタルセンシング

初期費用 初期設定費用 625,000円/契約
デバイス設定・デバイス費用 20,900円/台
(別途、台数に応じて専用の充電器を購入する必要があります。)
月額費用 (ヘルプデスク込) 6,000円/台
  • 別途オプションとして、ビーコン作業の設置や、ジオフェンス対応、現地レクチャー、スマートフォンキッティング作業などを追加できます。
  • スマートフォンは別途契約が必要です。

2. +転倒検知

初期費用 初期設定費用 125,000円/契約
デバイス設定・ケース準備 6,950円/台
月額費用 (デバイス、ヘルプデスク込) 4,500円/台
  • 月額費用は一例となります。別途オプションとして、リストバンド、現地レクチャーなどを追加できます。
  • スマートフォンは別途契約が必要です。

3. +天候予測

初期費用 初期設定費用 120,000円/契約
月額費用 (ヘルプデスク込) 60,000円 (~30ID)
100,000円 (31~60ID)
150,000円 (61~90ID)
  • 各プランとも新規契約時に気象センサーを20個提供いたします。
  • スマートフォンは別途契約が必要です。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
本サービスへのお問い合わせ
インターネットからのお問い合わせ

ご検討中のお客さま

本サービスへのお問い合わせ
KDDI DIGITAL GATE IoT、5G時代のビジネス開発拠点
be CONNECTED.
最新のイベント・セミナー情報をご覧いただけます。
よくあるご質問