KDDI デバイスマネジメントパック: スマートデバイス管理機能一覧

KDDI 法人・ビジネス向けの「KDDI デバイスマネジメントパック: スマートデバイス管理機能一覧」(モバイルソリューション) のご案内です。

スマートデバイス管理機能一覧

「KDDI ビジネスオンラインサポート」と連携するため「KDDI Smart Mobile Safety Manager」と一部提供機能が異なります。

「○」 = 機能有 「×」 = 機能無 「—」 = 非対応

2014年9月現在

機能 内容 iOS Android (TM) OS 備考
端末管理 デバイスのMDM登録 事前に「KDDI ビジネスオンラインサポート」から登録した電話番号またはシリアル番号のデバイスのみ管理を有効にします。
(注1)

(注1)

ハードウエア情報の取得 端末のハードウエア状態を確認することができます。
ハードウエア情報のレポート出力 端末のハードウエア情報を一覧化し、csvによるレポート出力を行うことができます。 インポート可能な形式での出力はありません
アプリケーション情報の取得 端末内にインストールされているアプリケーション情報を確認することができます。
アプリケーション情報のレポート出力 端末のアプリケーション情報を一覧化し、csv形式でレポート出力することができます。
ネットワークマップの取得 アクセスポイントごとの端末一覧を取得することができます。
(注2)

ネットワークマップの検索 IPアドレスやネットワーク名で検索できます。大規模ネットワーク環境でも、目的のネットワークを簡単に確認することができます。
エージェントアンインストールパスワード設定 ツールのアンインストール防止用としてパスワードによるアンインストール制限を行うことができます。 ×
リモートロック解除パスワード設定 ロック時の緊急解除パスワードの入力設定をすることができます。
所属グループ設定 管理下における所属グループを設定することができます。
エージェントログのレポート出力 端末内のエージェントが行った動作ログをcsv形式でレポート出力することができます。
設定情報のレポート出力 端末へ設定した設定情報を一覧化し、csv形式でレポート出力することができます。
階層化管理 組織構造に合わせて、階層的な端末管理を行うことができます。
Zone Management 端末で検知したSSID、スケジュール、位置情報を用いて、自動的に設定セットを切り替えることができます。
位置情報履歴取得 端末で取得、管理サイトに送信された位置情報を保存。履歴として確認することができます。
セキュリティ管理 パスワードポリシーの設定 端末のパスワード解除方法、パスワードの指定文字数入力の強制を設定します。
端末パスワード設定の強制設定 端末パスワード設定を必ず行うように設定します。
パスワード再利用禁止設定 パスワード再設定の際に以前使用していたパスワードを使用させないように設定することができます。
(注3)

使用パスワードの有効期限設定 現在使用しているパスワードの有効期限を設定することができます。
(注3)

パスワード自動ロック時間の設定 端末がパスワードロックされるまでの時間を設定することができます。
パスワードロック解除時の設定 パスワードロックに指定回数失敗すると自動的に端末を初期化することができる設定を行うことができます。
(注4)

位置情報の取得
【Android (TM)】
位置情報の取得タイミングを設定することができます。
また、定期的もしくは任意のタイミングで取得した位置情報を確認することができます。

位置情報の取得
【iOS】
取得した位置情報を確認することができます。
(注5)

バッテリー残容量の取得 端末のバッテリー残容量を確認することができます。
(注6)

無通信検知機能 端末の無通信時に管理者へメールによる通知を行うことができます。
root化、JailBreak検知機能 iOS端末のroot化、JailBreak状態を検知することができます。
(注5)

構成プロファイル削除検知 インストールされている構成プロファイルの削除がされたか否かを検知することができます。
また削除を検知した際に管理者へメールによる通知を行うことができます。

(注6)

構成プロファイル削除防止 Apple-MDM構成プロファイル以外の構成プロファイルを、削除禁止もしくはパスワード入力必須とすることができます。
(注6)

リモートロック 端末を遠隔操作にてロックをかけることができます。一定間隔の通信が行われなかった際にもロックすることができます。
またロックを実行した際に管理者へメールによる通知を行うことができます。

(注7)

(注7)

リモートワイプ (本体内部) 端末を遠隔にて初期化することができます。
またワイプ実行前に管理者へメールによる通知を行うことができます。

リモートワイプ (SDカード) リモートワイプ時に端末内のSDカードを遠隔にて初期化することができます。
(注8)

リモートワイプ (管理領域) iOS5.1.1以降の端末でMDMの管理領域 (MDMプロファイル、管理されたアプリ) のリモート削除を実施することができます。
(注9)

スクリーンロックパスワード削除/変更 端末に設定されているスクリーンロックパスワードを削除 (iOS)/変更 (Android (TM)) することができます。
(注10)

発信先制限 機器の発信先を特定の番号のみに指定したり、特定の番号の発信のみを禁止するように設定することができます。
iOS構成プロファイル画面上設定 管理サイト上で、iOS構成プロファイルの「パスコード」と「制限」の項目を作成、閲覧、編集、削除できます。
管理対象モードによる制御機能 iOS7かつ管理対象モードの端末を利用している場合、制限項目が拡張されます。「Siri の不適切な単語フィルタを有効にする/Siri の不適切な単語フィルタを有効にする/アプリケーションによるモバイルデータ使用方法の変更を許可/アカウント設定の変更を許可/"友達を探す"設定の変更を許可/Game Centerの使用を許可/構成プロファイルのインストールを許可/AirDrop を許可/iBooks Store を許可/iBooks Store を許可/iMessage を許可/App の削除を許可/Configurator 以外のホストとのペアリングを許可」
(注11)

設定管理 連絡先情報の設定 電話帳一覧を作成し、端末へ設定を行うことができます。
(注12)

機器カスタム項目の入力・送信 機器カスタム項目を入力・送信できます。
デバイス管理 SDカード利用禁止・許可設定 SDカードへのアクセス、利用を禁止・許可設定することができます。
(注13)
(注14)

PC接続時のSDカード利用禁止・許可設定 PCへの接続時、SDカードへの参照を禁止・許可設定することができます。
(注15)

カメラの利用禁止・許可設定 カメラ機能の使用を禁止・許可設定することができます。
Bluetooth (R) 利用禁止・許可設定 Bluetooth (R) の利用を禁止・許可設定することができます。
端末暗号化の強制設定 端末の暗号化設定を強制設定することができます。
(注16)

アプリケーション管理 アプリケーション使用許可
(ホワイトリスト)
ホワイトリストに登録されたアプリケーション以外の起動を禁止することができます。
アプリケーション使用禁止
(ブラックリスト)
ブラックリストに登録されたアプリケーションの起動を禁止することができます。
(注17)

個別設定画面の使用禁止 背景画面内の「Wi-Fi設定」「VPN設定」「APN設定」「デバイス管理者機能」「デバックモード」「アプリケーション設定」画面の利用を禁止設定することができます。
(注18)

アプリケーション情報配信 端末へ、インストールさせたいアプリケーション情報を配信し、ダウンロード・インストール作業の簡略化ができます。
アプリケーション配信 (VPP対応) Apple社が提供するVolume Purchase Programに対応しました。AppStore上のアプリを一括購入した後に、ユーザーに対するアプリケーションのライセンスの付与・回収などの管理を行うことができます。
アプリケーションインストール催促 配信したアプリケーションが未インストールの場合、定期通信の間隔でポップアップを表示し、インストールを催促することができます。
(注19)

プロビジョニングプロファイル配信 Inhouseアプリケーションに対してプロビジョニングプロファイルを配信することができます。
インストール制限機能 端末のアプリケーションインストールを禁止設定することができます。
(注20)

指定アプリ検知機能 指定したアプリケーションがインストールされた端末を検知できます。
アプリケーション名やバージョン条件などを指定することで、インストール推奨アプリケーション・インストール非推奨アプリケーションのインストール状況を検知し、管理者に知らせる機能です。

Secure Shield SMSMが提供する端末設定アプリを利用いただくことで、お客さま管理者が端末利用者の設定可能範囲を制限することができます。
(注21)

App Manager エージェントに組み込まれたアプリ配信基盤App Managerにより、エージェント経由で、各種MDM関連アプリをダウンロードすることができます。
インターネット接続管理 Webクリップ設定 Webクリップの設定を行うことができます。
Wi-Fi設定 端末の無線LAN環境設定を行うことができます。Wi-Fi設定のHidden SSIDにも対応しています。 一部設定をKDDI ビジネスオンラインサポートから行います。
ローミング設定 「音声」「データ」のローミング設定の有効・無効設定を行うことができます。
(注6)

Exchange ActiveSync設定 端末とのExchange ActiveSync (R) 設定をすることができます。 一部設定をKDDI ビジネスオンラインサポートから行います。
Webフィルタリング (ホワイトリスト/ブラックリスト) iOS構成プロファイルに準じたホワイトリスト、ブラックリストに基づくウェブフィルタリングを設定することができます。また、Apple社基準で設定されたアダルトコンテンツに登録されたURLへの接続を制限する事ができます。当機能を利用するには、iOS7かつ管理対象モードの端末を利用している必要があります。
(注11)

HTTPプロキシ設定 管理サイト上で、HTTPプロキシ設定を作成、閲覧、編集、削除できます。
(注11)

証明書配布設定 クライアント証明書並びにCA証明書をアップロード、配布することができます。
(注11)

(注22)

VPN設定 VPN接続を設定することができます。
プロキシ 手動および自動設定によるプロキシ設定が行えます。
(注11)

Web閲覧履歴取得、削除 OS標準ブラウザのWeb閲覧履歴の取得、削除を行うことができます。
(注23)

インターネット接続管理
(オプション)
お気に入り設定 お気に入り設定をOS標準ブラウザに設定することができます。
Webフィルタリング (ホワイトリスト/ブラックリスト) ホワイト/ブラックリストに登録されたURLアクセス制限をAndroid (TM) 標準ブラウザおよび+browser Safety Managerに設定する事ができます。
(注23)

Wi-Fi設定 端末の無線LAN環境設定を行うことができます。
Wi-Fiの有効・無効や、Wi-Fiネットワークの追加などを行うことができます。
Wi-Fiネットワークの追加はHidden SSIDにも対応しています。
一部設定をKDDI ビジネスオンラインサポートから行います。
Wi-Fiフィルタリング設定 指定の無線LANアクセスポイントのみ接続を許可する設定を行うことができます。
+browser Safety Manager SMSMが提供するブラウザを利用いただくことで、(注2) の制限を解消します。
Web閲覧履歴取得、削除 Android (TM) 標準ブラウザおよび+browser Safety ManagerのWeb閲覧履歴の取得、削除を行うことができます。
(注23)

バックアップ
Android (TM)
(オプション)
設定情報バックアップ 端末の設定情報を自動・手動にてバックアップすることができます。
(注24)

設定情報復元 バックアップされた設定情報を元に、端末の設定情報を復元することができます。
(注24)

メッセージ配信
(オプション)
メッセージ配信設定 管理者より端末へ指定のメッセージを送信することができます。
(注5)

通知結果の集計 端末より通知済のメッセージ状況を集計することができます。
(注5)

ウイルス対策
Android (TM)
(オプション)
Safety Manager AntiVirus 不正なアプリがインストールされた場合に検知して削除を促すエージェントを提供します。管理サイトから、スキャンポリシーを適用させたり対策状況監視や脅威検知ログを確認できます。
  1. 注1)
    「KDDI Smart Mobile Safety Manager」単体サービスでは対応しておりません。
  2. 注2)
    3G/Wi-Fi端末を混在した表示となります。
  3. 注3)
    Android (TM) OS 2.xは非対応です。
  4. 注4)
    スクリーンロック解除失敗時の「KDDI Smart Mobile Safety Manager」ロック画面表示機能はAndroid (TM) OS 4系以降の端末が対象となります。
  5. 注5)
    機能の利用にはエージェントのインストールが必要です。また、iOS7以降ではエージェントがAppSwitcherにあることが前提となります。
  6. 注6)
    iOS5.1.1以上に対応しています。
  7. 注7)
    Android (TM) OSは「KDDI Smart Mobile Safety Manager」独自のロック、iOSはスクリーンロックをかけることができます。
  8. 注8)
    Android (TM) OS 4.2以降では利用不可です。
  9. 注9)
    削除防止設定がされている構成プロファイルは削除されません。
  10. 注10)
    Android (TM) OS 4系のみ対応です。
  11. 注11)
    iOS7.0かつ管理対象モードの端末の場合ご利用いただけます。
  12. 注12)
    CardDAVによる設定を行います。
  13. 注13)
    Android (TM) OS 4.2とOS 4.3の一部の端末では、データが書き込まれたことを検知、データを削除します。
  14. 注14)
    Android (TM) OS 4.3 (注13非対応端末) とOS 4.4ではSDカードを挿入した場合、ロック画面が表示されます。
  15. 注15)
    Android (TM) OS 2系のみ対応です。
  16. 注16)
    Android (TM) OS 3.1以降に対応しています。
  17. 注17)
    Safari (R)、iTunes Store (R)、Youtube (TM) の禁止が可能です。
  18. 注18)
    Android (TM) OS 2.2、2.3に対応しています。Android (TM) OS 4.0、4.1、4.2、4.3は独自の設定アプリを利用して禁止が可能。
  19. 注19)
    管理対象モードの端末にはサイレントでインストールされるため、ポップアップは表示されません。
  20. 注20)
    Android (TM) OS 2.xの場合、設定画面の「開発」も開けなくなります。Android (TM) OS 3.x以降の場合、設定画面も開けなくなります。
  21. 注21)
    Android (TM) OS 3系以降に対応しており、対応端末は限定されています。また、端末により設定可能な項目が異なります。
  22. 注22)
    Android (TM) OS 4以降で対応しておりますが、4.3、4.4は証明書パスワードのクリップボードコピーには非対応です。
  23. 注23)
    シークレットモードでの利用時は不可です。
  24. 注24)
    +browser Safety Manager は、バックアップ機能: Android (TM) の対象となりません。
  • 「構成プロファイル」とは、Apple社が提供する「iPhone構成ユーティリティ」にて作成するプロファイルです。

機能へ戻る

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報