KDDI Ether-VPN: サービス品質保証 (SLA)

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Ether-VPN: サービス品質保証 (SLA)」(イントラネット・VPN・専用線) のご案内です。

お知らせ

「KDDI Ether-VPN」は、2009年12月28日をもって新規ネットワークのお申し込み受け付けを終了しました。
なお、現在ご利用中のお客さまは継続してご利用いただけます。

ご利用中のお客さまへ

高速ディジタルアクセスの電力系NCC以下エリアにつきまして、下記の通り、サービス提供終了および新規・変更お申し込み受け付けを終了しました。
KDDI (旧パワードコム) エリア、ケイ・オプティコムエリアは、2012年12月31日をもってサービスの提供を終了しました。
TOHKNetエリア、STNetエリアは2015年3月31日をもってサービス提供を終了しました。
HTNetエリアは2012年3月1日をもって新規・変更お申し込み受け付けを終了しました。
CTCエリアは2011年6月30日をもって新規・変更お申し込み受け付けを終了し、HOTnetエリア、エネルギア・コミュニケーションズエリア、QTNetエリアは2014年5月31日をもって新規・変更お申し込み受け付けを終了し、2016年3月31日をもってサービス提供終了しました。OTNetエリアは2016年3月31日をもって新規・変更お申し込み受け付けを終了しました。

Coltテクノロジーサービスは2016年3月31日をもってサービス提供終了しました。

ADSLアクセスは2014年12月15日をもって新規・変更申し込み受け付けを終了しました。

サービス品質保証 (SLA)

KDDI Ether-VPNでは、サービスをご利用いただいているすべてのお客さまを対象に、網内遅延時間および稼働率について保証値を規定し、サービスの品質を保証致します。

網内遅延時間

保証内容

KDDI Ether-VPNの国内バックボーン全体の往復遅延時間の月間平均値が基準値を超えた場合にご利用料金の一部を返還致します。

月間平均往復遅延時間の定義

対象区分 対象区間
KDDI Ether-VPN国内バックボーン 各ゾーンの回線収容スイッチ相互間

基準値および返還率

基準値 返還率
35ms 1/30
  • 回線断などの障害は網内遅延時間の対象外とさせていただきます。

前月までの実績値


月間平均往復遅延時間
2016年8月20.02ms
2016年7月19.68ms

稼働率

保証内容

お客さまのアクセス回線が接続するPOIからバックボーン側の区間が常時利用可能であることを保証致します。1カ月あたりの稼働率が99.9%未満となった場合、率に応じてご利用料金の一部を返還致します。

  • イーサアクセスおよびデータセンター接続回線は、アクセス部分 (イーサネット変換装置を除く) を含め保証します。

基準値および返還率

基準値 返還率
99.9%以上 なし
99.8%以上99.9%未満 1/90
98.0%以上99.8%未満 1/30
95.0%以上98.0%未満 1/10
90.0%以上95.0%未満 1/5
90.0%未満 1/1
  • パケット落ちは対象外とさせていただきます。

故障復旧時間

保証内容

お客さまのアクセス回線が接続するPOIからバックボーン側の区間において、KDDIが障害を検知してから復旧を確認するまでの時間が基準値を超えた場合、時間に応じてご利用料金の一部を返還致します。

  • イーサアクセスおよびデータセンター接続回線は、アクセス部分 (イーサネット変換装置を除く) を含め保証します。
基準値および返還率
基準値 返還率
1時間以上 10%
トラフィック試験実施時のご注意点について

トラフィック試験を実施される際には、試験対象の拠点間の相互疎通の確認後、双方向での試験を実施していただくようお願いします。
また、トラフィック試験の際のあて先MACアドレスの指定にあたっては、イーサ網内でブロードキャストが発生しないようご注意ください。

例) ブロードキャストMACアドレス「FF:FF:FF:FF:FF:FF」
IPv4マルチキャストMACアドレス「01:00:5E:00:00:00~01:00:5E:7F:FF:FF」そのほかの特殊なMACアドレス「00:00:00:00:00:00」などは使用しないでください。

  • 手順を誤って試験を実施された場合、網全体に重大な影響を及ぼす可能性がございます。
  • 200M以上の回線において試験を実施する場合は、事前に当社TSC (テクニカルサービスセンター: (0120-988-113) ) にご連絡ください。