KDDI Wide Area Virtual Switch: 故障・お問い合わせ対応

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Wide Area Virtual Switch (KDDI WVS): 故障・お問い合わせ対応」(イントラネット・VPN・専用線) のご案内です。

お知らせ
【2017年10月更新】 ブロードバンドアクセス方式II品目追加について

「KDDI Wide Area Virtual Switch」は、2017年10月30日より、ブロードバンドアクセス方式IIにフレッツ光ネクスト1Gbps品目の新規お申し込み受け付けを開始しました。詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI Wide Area Virtual Switch」・「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」ブロードバンドアクセス方式に1Gbpsベストエフォート品目を追加

【2017年8月更新】 サービスの一部 新規お申し込み受け付けおよび提供終了について

「KDDI Wide Area Virtual Switch」の一部、『Virtual データセンターメニュー』のセキュアインターネットなど、新規お申し込み受け付けについて、詳しくは以下をご参照ください。

サービスの一部 終了情報

故障・お問い合わせ対応

画像で表をご覧いただけます。

項目 イーサネット方式
(注)
高速ディジタル方式 ブロードバンド
アクセス方式
ブロードバンド
アクセス方式II
ワイヤレス
アクセス方式
故障対応 故障申告受付 24時間受付
故障復旧作業 24時間対応 24時間対応
  • DAのTYPE Iの場合は、
    平日9:00~17:00
24時間対応
  • NTT東日本・西日本などのインターネット回線提供事業者との相互接続部分~お客さま宅内の終端部分までは
    9:00~17:00
    (NTT東西の24時間365日保守オプションをご利用された場合には24時間対応)
24時間対応
  • ただし、WiMAX・LTE・WiMAX 2+基地局などの設置環境により、復旧作業に時間を要する場合があります。
お客さまへの
故障発生連絡
自動検出により
KDDIより連絡
行わない
お客さまへの
故障復旧連絡
実施 故障申告のあったお客さまのみに実施
借用 作業日の30日前までに
お客さまと事前調整
作業30日前までに
お客さまと事前調整
  • NTT区間は通知のみの場合有り
NTT東西などのウェブサイトでのWeb通知またはKDDIからの通知 UQコミュニケーションズのウェブサイトまたはKDDIのウェブサイトでのWeb通知
  • 注)
    プラットフォームアクセスメニュー イーサネット方式、アクセスメニュー イーサネット方式/イーサネット方式 (ハウジング) を含みます。

保守監視連絡体制

図: 保守監視連絡体制

PNJグループ各社の回線をアクセス回線として利用した場合、バックボーンからアクセス回線までをエンド・ツー・エンドでご提供できます。とくに首都圏においては、自社のインフラを利用します。

トラフィックレポートサービス

アクセス拠点ごとにトラフィックの推移を閲覧できるトラフィックレポートサービスをご提供します。インターネット経由でアクセスして利用するので、専用のアプリケーションは不要です。お客さまの利用状況確認や、ネットワーク拡張の検討にお役立てください。

図: トラフィックレポートサービス

トラフィックレポートにて表示が可能なアクセス回線は、高速ディジタル方式とブロードバンドアクセス方式、ブロードバンドアクセス方式II、ワイヤレスアクセス方式を除く、アクセス回線種別となっております。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI 光ダイレクト」「Office 365 with KDDI (Skype for Business Cloud PBX)」によって、フリーアドレス環境を実現

「ユニファイド コミュニケーション」で、効率的な音声通話環境を構築。
生産性の向上を果たし、多様な働き方が可能になった。

「KDDI IoT クラウド Standard」と「KDDI Wide Area Virtual Switch」で、設備機器のデータを、セキュアかつリアルタイムに収集。


業種別に見る ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 業務効率化・コスト削減編