KDDI Wide Area Virtual Switch: 特長・メリット

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Wide Area Virtual Switch (KDDI WVS): 特長・メリット」(イントラネット・VPN・専用線) のご案内です。

お知らせ
【2017年10月更新】 ブロードバンドアクセス方式II品目追加について

「KDDI Wide Area Virtual Switch」は、2017年10月30日より、ブロードバンドアクセス方式IIにフレッツ光ネクスト1Gbps品目の新規お申し込み受け付けを開始しました。詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI Wide Area Virtual Switch」・「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」ブロードバンドアクセス方式に1Gbpsベストエフォート品目を追加

【2017年8月更新】 サービスの一部 新規お申し込み受け付けおよび提供終了について

「KDDI Wide Area Virtual Switch」の一部、『Virtual データセンターメニュー』のファイルサーバ/ファイルサーバ・エントリーなどの新規お申し込み受け付けおよび提供終了について、詳しくは以下をご参照ください。

サービスの一部 終了情報

特長・メリット

お客さまの課題、「KDDI Wide Area Virtual Switch」がこのように解決します

通信コストを抑えながらトラフィックが集中するデータセンター向けの帯域を確保したい

「KDDI WVS」のトラフィック機能 (データセンター向け帯域を拡張) とバースト機能 (拠点と「KDDI WVS」を結ぶネットワークの帯域を拡張) を使う事で、通信コストを抑制しながら高トラフィック通信を快適に実現します。

社内に散在しているサーバ設備を集約して、運用や保守の負担とコストを削減したい

「KDDI WVS」上に構築されたVirtual データセンターで、初期費用や管理・運営負荷を軽減できるクラウド型サービスをご提案します。

セキュアなリモート接続によって、外出先でもモバイル端末からの社内ネットワークアクセスをしたい

セキュリティの観点から制限していたPCの持ち出しや外出先からのリモートアクセスも「KDDI WVS」のリモートアクセスメニューやVirtual データセンターの閉域クラウドメニューでシステムやデータを安全に守ることができ、セキュリティを確保しながら業務効率化を達成することが可能になります。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

「KDDI IoT クラウド Standard」と「KDDI Wide Area Virtual Switch」で、設備機器のデータを、セキュアかつリアルタイムに収集。

KDDIのタブレットやネットワークを活用し、安全性と業務効率を両立。

「クローズドリモートゲートウェイ (CRG)」と「KDDI Wide Area Virtual Switch」で、デジタルX線画像診断装置のセキュアなリモート保守を実現。


業種別に見る ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 業務効率化・コスト削減編