KDDI Wide Area Virtual Switch: オプションサービス

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Wide Area Virtual Switch: オプションサービス」(イントラネット・VPN・専用線) のご案内です。

お知らせ
【2016年9月更新】 新規お申し込み受け付け終了およびサービス提供終了について
「KDDI Wide Area Virtual switch」のVirtualデータセンターメニュー「セキュア・インターネット」

「KDDI Wide Area Virtual switch」のVirtualデータセンターメニュー「セキュア・インターネット」は、2017年3月31日をもって新規お申し込み受け付けを終了します。
なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。ご利用中、ご契約内での設定変更のお申し込みについては、KDDI 法人営業担当者にお問い合わせください。

Virtualデータセンターメニュー
  • 「ファイルサーバ/ファイルサーバ・エントリー」は、2016年2月1日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。
  • 「仮想サーバプラットフォーム」は、2014年6月9日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。
  • 「テレビ会議」は、2014年6月9日をもって新規・変更お申し込み受け付けを終了しました。
    なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。ご利用中、ご契約内での設定変更・容量追加のお申し込みについては、KDDI 法人営業担当者にお問い合わせください。
ブロードバンド方式IIの一部 (withF+の一部)

withF+のフレッツ・ADSL品目は、2016年5月31日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。

ワイヤレスアクセス方式の一部
  • 「WiMAXアクセス」「WiMAXバックアップ」は2015年4月30日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。
  • 「LTEアクセス」「LTEバックアップ」は2016年9月30日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。
    代替サービスとして、アクセスメニューの「ワイヤレスアクセス方式 WiMAX 2+/LTEアクセス」、アクセスオプションの「WiMAX 2+/LTEバックアップ」をご提案します。なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。

    ワイヤレスアクセス方式 WiMAX 2+/LTEアクセス

アクセスオプション (IPマルチキャスト機能)

L3モードアクセスオプションメニュー「IPマルチキャスト機能」は、2016年5月31日をもって新規・変更のお申し込み受け付けを終了しました。

【2016年9月更新】 工事費改定について

「KDDI Wide Area Virtual Switch」は、2016年9月1日開通分より、工事費を分かりやすい料金体系とするための改定を実施しました。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」工事費改定のご案内

料金ページ

オプションサービス

KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch

「KDDI Wide Area Virtual Switch」(「KDDI WVS」) をご利用のお客さまに、オプションで本格的なIP電話サービスをご提供いたします。電話サービスとイントラネットサービスを組み合わせたサービスをワンストップでご利用可能です。

1.現在の電話番号はそのままに、スムーズな移行が可能

  • 従来の電話番号 (OAB~J番号) がそのままお使いいただけます。
  • OAB~J番号 (注1) の他に050番号も利用できます。
  • 音声通信はトラフィックフリーを使用するので、電話回線が増えても契約帯域はそのままでお使いいただけます。
  1. 注1)
    OAB~J番号は、市外局番が03や06などから始まる電話番号です。

KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch

2.コストパフォーマンスに優れ、TCOを削減

  • 「KDDI WVS」回線に580円 (1チャンネル1番号) を追加するだけで、IPフォンがご利用いただけます。
  • NTTの基本料金が不要になり、基本料の大幅削減が可能です。
  • KDDI電話 (注2) 宛や提携ISP/IP電話事業者宛の通話は無料です。
  • 注2)
    「KDDI光ダイレクト」「KDDI-IPフォン」「au ひかり」

3.固定電話と携帯電話の連携を実現

  • 「KDDI ビジネスコールダイレクト」とセットでご利用いただければ、固定電話からも携帯電話からも使える内線網の構築が可能です。内線通話は定額でご利用いただけます。
  • 「ビジネス通話定額」をお申し込みいただければ、企業の固定電話・携帯電話間の通話は定額でご利用可能です。

KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch

優先度に応じたデータ配信 - 「優先制御 (QoS)」

お客さま宅内より送出されたトラフィックの優先度に基づき、送信側および到着側の回線収容装置にて優先制御 (QoS) 機能をご提供します。
優先制御方式は「絶対優先 (Strict Priority) 」です。

優先制御 (QoS)

また、パケットを優先的に送信する優先制御機能に加え、お申込みいただいたIP precedence値 (IPv6の場合traffic class値) 毎の帯域を確保し、転送処理をする帯域制御方式の優先制御機能を追加し、ネットワーク帯域の有効活用を可能とします。
IP precedence値/traffic class値0,1,2,3,4~7から3クラス (0.5M品目は2クラス) を帯域確保で選択し、更に特定する1クラスは最優先処理も可能 (最優先で処理され指定帯域を超えてバーストしません) です。

ネットワーク帯域の有効活用が可能

接続先コントロール機能で、柔軟なネットワークポリシーを実現可能
「VLAN制御機能」「エクストラネット機能」

L2モード/L3モードのいずれにおいても、接続先のコントロールを行い、機密性の高いネットワークを構築可能です。

VLAN制御機能 エクストラネット機能

  • エクストラネット機能で接続される双方のネットワークにて、エクストラネット利用料が発生します。なお、1つのネットワークに複数のネットワークを接続する場合でも、1つのネットワークに対して発生する料金は一律です。
  • エクストラネット機能を利用するネットワークに所属するアクセス回線の料金区分は、すべて全国料金となります。
  • 接続先として「KDDI Wide Area Virtual Switch」のL3NW番号およびKDDI IP-VPNのVPNコードの指定が可能です。

KDDI IP-VPNと相互接続 - 「フリーゲートウェイ」

既存環境で構築したネットワークを継続して利用するお客さまのため、「KDDI Wide Area Virtual Switch」とKDDI IP-VPNとの相互接続を、「100Mbps月額無料」にてご提供いたします。

フリーゲートウェイ

  • ご利用には、お申し込みおよび初期工事費が必要となります。
  • L3モードのネットワークはエクストラネット機能でKDDI IP-VPNとの接続が可能です。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

KDDIのタブレットと「Office 365 with KDDI」で火力発電所の現場業務の革新を実現。

売上向上に貢献する情報システムを目指しKDDIのスマートフォンやキッティング (注) 代行サービスを活用。

タブレットと「KDDI Flex Remote Access」で顧客情報への安全なリモートアクセスを実現。


サーバーの管理・運用をアウトソースして 保守・運用負荷の軽減
イマサラ時事