KDDI Wide Area Virtual Switch 2: クラウド接続

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Wide Area Virtual Switch 2: クラウド接続」(イントラネット・VPN・専用線) のご案内です。

2016年9月1日開通分より工事費改定のお知らせ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」は、2016年9月1日開通分より、工事費を分かりやすい料金体系とするための改定を実施しました。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」工事費改定のご案内

料金ページ

一部機能追加のお知らせ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」は、2016年8月5日より『Office 365』への閉域接続の提供を開始しました。

新規お申し込み受け付け終了およびサービス提供終了のお知らせ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」の以下のサービスメニュー・品目につきまして、下記の通り新規・変更お申し込み受け付けを終了しました。

  • 下記対象サービスにカーソルをあてクリックすると、詳細説明が表示されます。
アクセスオプション (IPマルチキャスト機能)

L3モードアクセスオプションメニュー「IPマルチキャスト機能」は、2016年5月31日をもって新規・変更のお申し込み受け付けを終了しました。

ブロードバンド方式II withF+の一部

withF+のフレッツ・ADSL品目は、2016年5月31日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。
なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。

ワイヤレスアクセス方式LTEアクセス、LTEバックアップ

「LTEアクセス」「LTEバックアップ」は2016年9月30日をもって新規お申し込み受け付けを終了します。代替サービスとして、アクセスメニューの「ワイヤレスアクセス方式 WiMAX 2+/LTEアクセス」、アクセスオプションの「WiMAX 2+/LTEバックアップ」をご提案します。なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。

ワイヤレスアクセス方式 WiMAX 2+/LTEアクセス

クラウド接続とは?

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」、アマゾン ウェブ サービス (AWS) 、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドにインターネットを経由せずに閉域で接続できるサービスです。
お客さま側で個別の回線手配や機器設置をすることなく、クラウドを安定した品質でオンプレミス環境と同様、セキュアにご利用いただけます。
仮想ネットワーク経由でご利用いただくと、組織や用途に限定した利用環境を選べるようになり、より柔軟にクラウドをご利用いただけます。

  • 注1)
    「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」は、2016年8月5日より『Office 365』への閉域接続の提供を開始しました。

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」接続の特長

  • 「KDDI Wide Area Virtual Switch 2 (略称: KDDI WVS 2)」のバックボーンネットワーク (注2) からダイレクトに接続、接続料無料でトラフィックを気にせずご利用いただけます。
  • イントラネットファイアウォールや仮想ネットワーク機能によって、より柔軟でセキュアなご利用が可能です。
  • プライベートクラウドとしても利用可能な専用サーバ型や、安価に大容量のストレージが利用できるオブジェクトストレージ機能、モバイルアプリを迅速に構築できるmBaaS by Kiiなど、多彩なラインアップを閉域でご利用いただけます。

KDDI クラウドプラットフォームサービス

  • 注2)
    拠点間を結ぶ高速・大容量のネットワーク回線のことです。

AWSダイレクト接続の特長

  • お客さまがご契約のアマゾン ウェブ サービス (AWS) との閉域接続をベストエフォート、または帯域確保から選択してご利用いただけます。
  • お客さま側で個別の回線手配やラック・機器設置は不要、安心の冗長構成でご利用いただけます。
  • お申し込みから最短5営業日でご利用開始いただけます。
  • AWS導入に当たっての課題を解決したいお客さまは、以下をご参照ください。

AWS with KDDI

  • アマゾン ウェブ サービス (AWS) への専用線接続を実現するためのサービスとしてAWS Direct Connectを利用します。
    詳しくは以下をご参照ください。

    新規ウィンドウが開きますAWS Direct Connect

    • 外部サイトへ移動します。
  • 閉域網経由での接続はAWSの東京リージョンのみとなります。
  • 帯域確保メニューは、クラウド接続用仮想ネットワークとのエクストラネット接続による提供となります。

ダイレクト接続 for Microsoft Azureの特長

  • Microsoft AzureのExpressRouteにお客さまの閉域ネットワークを接続し、セキュアなクラウド接続を実現します。
  • お客さまがご契約のMicrosoft Azureとの閉域接続を帯域確保メニューでご利用いただけます。
  • お客さま側で個別の回線手配やラック・機器設置は不要、安心の冗長構成でご利用いただけます。
  • 『Office 365』への閉域接続 (注3) もご利用いただけます。詳細はKDDI法人営業担当者までお問い合わせください。

  • 注3)
    「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」は、2016年8月5日より『Office 365』への閉域接続の提供を開始しました。
  • 本接続はエクイニクス・ジャパン株式会社が提供するEquinix Cloud Exchangeを活用し、Microsoft Azureの閉域網接続サービスExpressRouteに接続することで提供します。
    詳しくは、以下をご参照ください。

    新規ウィンドウが開きますExpressRoute

    • 外部サイトへ移動します。
  • ExpressRouteへの接続箇所は東京リージョンのみとなります。
  • クラウド接続用仮想ネットワークとのエクストラネット接続による提供となります。

ダイレクト接続 for IBM SoftLayerの特長

  • IBM SoftLayerのDirect Linkにお客さまの閉域ネットワークを接続し、セキュアなクラウド接続を実現します。
  • お客さまがご契約のIBM SoftLayerとの閉域接続を帯域確保メニューでご利用いただけます。
  • お客さま側で個別の回線手配やラック・機器設置は不要です。

  • 本接続はエクイニクス・ジャパン株式会社が提供するEquinix Cloud Exchangeを利用し、IBM SoftLayerの閉域網接続サービスDirect Linkに接続することで提供します。
    詳しくは、以下をご参照ください。

    新規ウィンドウが開きますIBM SoftLayer

    • 外部サイトへ移動します。
  • Direct Linkへの接続は冗長構成非対応です。
  • クラウド接続用仮想ネットワークとのエクストラネット接続による提供となります。
知ってるようで知らないクラウドのキホン クラウド まるわかり
イマサラ時事

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。