KDDI Wide Area Virtual Switch 2: SLA (サービス品質保証制度)

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Wide Area Virtual Switch 2: SLA (サービス品質保証制度)」(イントラネット・VPN・専用線) のご案内です。

機能追加・拡充のお知らせ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」は、2017年3月より、アクセスメニューの刷新とクラウド接続の強化を実施予定です。詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますクラウド対応を強化した「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」の機能拡張について

2016年9月1日開通分より工事費改定のお知らせ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」は、2016年9月1日開通分より、工事費を分かりやすい料金体系とするための改定を実施しました。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI Wide Area Virtual Switch」「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」工事費改定のご案内

料金ページ

一部機能追加のお知らせ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」は、2016年8月5日より『Office 365』への閉域接続の提供を開始しました。

新規お申し込み受け付け終了およびサービス提供終了のお知らせ

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」の以下のサービスメニュー・品目につきまして、下記の通り新規・変更お申し込み受け付けを終了しました。

  • 下記対象サービスにカーソルをあてクリックすると、詳細説明が表示されます。
アクセスオプション (IPマルチキャスト機能)

L3モードアクセスオプションメニュー「IPマルチキャスト機能」は、2016年5月31日をもって新規・変更のお申し込み受け付けを終了しました。

ブロードバンド方式II withF+の一部

withF+のフレッツ・ADSL品目は、2016年5月31日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。
なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。

ワイヤレスアクセス方式LTEアクセス、LTEバックアップ

「LTEアクセス」「LTEバックアップ」は2016年9月30日をもって新規お申し込み受け付けを終了します。代替サービスとして、アクセスメニューの「ワイヤレスアクセス方式 WiMAX 2+/LTEアクセス」、アクセスオプションの「WiMAX 2+/LTEバックアップ」をご提案します。なお、現在ご利用中のお客さまは、ひきつづきご利用いただけます。

ワイヤレスアクセス方式 WiMAX 2+/LTEアクセス

SLA (サービス品質保証制度)

安心してご利用いただくために、次の項目においてサービス品質の保証基準を設定しています。
万が一この保証基準を維持できなかった場合、ご利用料金の一部をお客さまに返還します。
お申し込み手続きや追加料金は不要です。

SLA適用範囲

  • セキュリティアプライアンスおよびイントラネットファイアウォールの故障は、それらの故障回復時間のSLAのみ対象となり、網や回線のSLAの対象にはなりません。
  • 仮想ネットワークの故障についてはSLAの対象にはなりません。

イントラネット区間

網内遅延

網内遅延 SLA対象区間 アクセス区間を除いた「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」網内で、
東京を起点とする北海道や九州など主要各拠点間
保証基準 IPパケットの往復転送時間の月間平均値 (注1) を35ミリ秒以下
料金返還 返還条件 返還金額
月間平均値が35ミリ秒を超えた場合 返還対象料金の1/30
  • 注1)
    測定方法: 各測定区間ごとに5分間で測定用パケットを送信し、全測定区間によるすべての測定値の1カ月間の平均値を『月間平均値』とします。

KDDI Wide Area Virtual Switch 2遅延情報

2015 2016
9 10 11 12 1 2
月間平均値
(ミリ秒)
11.10 11.11 11.12 11.10 11.06 11.15
2016
3 4 5 6 7 8
月間平均値
(ミリ秒)
11.14 11.06 11.10 11.12 11.13 11.09

稼働率


網稼働率 回線稼働率
稼働率 SLA対象区間 アクセス回線設備 (注2) を含む
「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」
網内 (SLA適用範囲を参照)
アクセス回線設備 (注3) を含む
「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」
網内 (SLA適用範囲を参照)
保証基準 当社ネットワークの稼働率を
99.99%以上
アクセス回線単位の稼働率を99.9%
料金返還 返還条件 返還金額 返還条件 返還金額
99.99%以上 - 99.9%以上 -
99.8%以上
99.99%未満
返還対象料金の
1/90
99.8%以上
99.9%未満
返還対象料金の
1/90
98.0%以上
99.8%未満
返還対象料金の
1/30
98.0%以上
99.8%未満
返還対象料金の
1/30
95.0%以上
98.0%未満
返還対象料金の
1/10
95.0%以上
98.0%未満
返還対象料金の
1/20
90.0%以上
95.0%未満
返還対象料金の
1/5
90.0%以上
95.0%未満
返還対象料金の
1/10
90.0%未満 返還対象料金の
全額
90.0%未満 返還対象料金の
1/5
  • 注2)
    回線接続装置、回線終端装置、イーサネット変換装置を除きます。
  • 注3)
    回線接続装置、回線終端装置、イーサネット変換装置を含みます。
  • ブロードバンドアクセス方式II (インターネット)、ブロードバンドアクセス方式III (インターネット)、IPsec方式、ワイヤレスアクセス方式、ワイヤレスアクセス方式IIを除きます。なお、ブロードバンドアクセス方式IIおよびワイヤレスアクセス方式は、2017年3月末をもって新規お申し込み受け付け終了予定です。現在ご利用中のお客さまはひきつづきご利用いただけます。また、ブロードバンドアクセス方式III、およびワイヤレスアクセス方式IIは、2017年3月末より提供開始予定です。詳しくは別途ご案内します。
  • トラフィックフリー機能、トラフィックフリー機能IIのみ利用できない場合は、SLAの対象とはなりません。また、トラフィックフリー機能IIは、2017年3月末より提供開始予定です。詳しくは別途ご案内します。
  • 天災 (風水害、落雷、地震など) の場合でも対象となります。
  • 計画工事などによる借用停止期間は対象外となります。

故障回復時間SLA

故障回復
時間SLA
SLA対象区間 SLA適用範囲を参照
保証基準 お客さまの責任ではなく利用できない状態が発生した場合、
弊社がそのことを知った時刻から1時間未満
料金返還 故障回復までの
遅延時間
返還条件 返還金額
1時間以上~2時間未満 返還対象料金の10%
2時間以上~4時間未満 返還対象料金の20%
4時間以上~6時間未満 返還対象料金の30%
6時間以上~8時間未満 返還対象料金の40%
8時間以上~48時間未満 返還対象料金の50%
48時間以上 返還対象料金の100%
  • ブロードバンドアクセス方式II (インターネット)、ブロードバンドアクセス方式III (インターネット)、IPsec方式、ワイヤレスアクセス方式、ワイヤレスアクセス方式IIを除きます。なお、ブロードバンドアクセス方式IIおよびワイヤレスアクセス方式は、2017年3月末をもって新規お申し込み受け付け終了予定です。現在ご利用中のお客さまはひきつづきご利用いただけます。また、ブロードバンドアクセス方式III、およびワイヤレスアクセス方式IIは、2017年3月末より提供開始予定です。詳しくは別途ご案内します。
  • トラフィックフリー機能、トラフィックフリー機能IIのみ利用できない場合は、SLAの対象とはなりません。なお、トラフィックフリー機能は2017年3月末をもって新規お申し込み受け付け終了予定です。現在ご利用中のお客さまはひきつづきご利用いただけます。また、トラフィックフリー機能IIは、2017年3月末より提供開始予定です。詳しくは別途ご案内します。
  • 天災 (風水害、落雷、地震など) の場合でも対象となります。
  • 計画工事などによる借用停止時間は対象外となります。

インターネット区間

網内遅延 SLA対象区間 「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」で接続するKDDIインターネット網の
国内バックボーン区間
保証基準 「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」で接続するKDDIインターネット網の国内バックボーンの往復遅延時間の月間平均値 (注4) が一定値 (保証月間平均往復遅延時間) を超えた場合にご利用料金の一部を返還します。
料金返還 返還条件 返還基準
保証月間平均往復遅延時間が25ミリ秒を超えた場合 返還対象料金の1/30
  • 注4)
    測定方法は東京 (大手町) と各ネットワークセンター (札幌、仙台、新宿、渋谷、お台場、江東、府中、多摩中央、名古屋中、名古屋一宮、大阪 (OBP)) 間、大阪 (OBP) と各ネットワークセンター (広島、福岡) 間の往復遅延時間を一定間隔で測定した値の全平均値。
パケット
損失率
SLA対象区間 「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」で接続するKDDIインターネット網の
国内バックボーン区間
保証基準 「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」で接続するKDDIインターネット網の国内バックボーンのパケット損失率の月間平均値 (注5) が一定値 (保証月間平均パケット損失率) を超えた場合にご利用料金の一部を返還します。
料金返還 返還条件 返還基準
保証月間平均パケット損失率が0.3%を超えた場合 返還対象料金の1/30
  • 注5)
    測定方法は東京 (大手町) と各ネットワークセンター (札幌、仙台、新宿、渋谷、お台場、江東、府中、多摩中央、名古屋中、名古屋一宮、大阪 (OBP)) 間、大阪 (OBP) と各ネットワークセンター (広島、福岡) 間のパケット損失率を一定間隔で測定した値の全平均値。

新規ウィンドウが開きます実績値

  • 「KDDIインターネットゲートウェイ」に掲載の『国内バックボーン全体』の実績値をご確認ください。
サーバーの管理・運用をアウトソースして 保守・運用負荷の軽減
知ってるようで知らないクラウドのキホン クラウド まるわかり
イマサラ時事

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。