KDDI Flex Remote Access: ご利用条件

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI Flex Remote Access: ご利用条件」(リモートアクセス) のご案内です。

ご利用条件

契約について

  • 本サービスのご利用には、「KDDI Wide Area Virtual Switch」のご契約が必要です。
  • ご契約のコースは、RADIUS認証、高機能RADIUS認証、ワンタイムパスワード認証 (マトリックス方式)、オンデマンド接続、Always-On接続のいずれかをお申し込みいただきます。(1つのご契約で複数の認証コースをお選びいただくことはできません。)
  • ベーシックパックのご契約では、RADIUS認証が対象となります。RADIUS認証以外のご契約を希望される場合はベーシックパックの料金は適用されず、「KDDI Flex Remote Access」の料金が適用されます。

ベーシックパック

ソフトウエアについて

本サービスを利用するためには、専用のクライアントソフトウエアが必要になります。
初回利用時にお客さまのご利用デバイスにダウンロードしていただきます。

接続をサポートするデバイスは以下の通りです。


OS 備考 (サポート対象)
パソコン Windows Vista (R) /Windows (R) 7 /Windows (R) 8 /Windows (R) 8.1 32bit/64bitに対応
(Windows (R) RTは対象外)
Mac OS X Sever OSは対象外
スマートフォン
・タブレット
Android (TM) 4.0以上  
iPhone・iPad iOS 6.0以上 iPhoneは、4S以降
  • いずれもKDDIが指定するクライアントソフトウエアのインストールが可能である事が条件となります。
  • 各OSのサポート状況については、弊社営業担当者または、 法人お客さまセンターまでお問い合わせください。
  • KDDIより販売される端末以外からの接続も可能ですが、調査が必要となった場合お時間がかかる場合があります。

ネットワークについて

  • ベーシックパックのご契約の場合は、Open網限定でのご利用となります。
  • 各デバイスに割り当てられるIPアドレス空間は、KDDIより事前に払い出しを行います。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 新規ウィンドウが開きます導入検討・見積相談

    サービス専門スタッフより翌営業日以内ご連絡させていただきます。

  • 新規ウィンドウが開きますお問い合わせ

    お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

導入事例 一覧 導入事例トップ

タブレットと「KDDI Flex Remote Access」で顧客情報への安全なリモートアクセスを実現。

「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」でBCP (注1)やセキュリティ、運用負荷の課題を解決。


在宅勤務でワークライフバランスを実現 BCP(事業継続計画)としても有効な一手に
イマサラ時事