SaaSソリューション「Business Port」のアプリケーションなどの拡充について

KDDIは2013年3月29日より、提供中のSaaS型ソリューション「Business Port」において、新たに3社4サービスを追加します。

「Business Port」は、必要な時に必要なアプリケーションをご利用いただくことを可能にするプラットフォームサービスで、さまざまな業務アプリケーションを統一プラットフォーム上で提供しています。
今回は、スマートフォンやタブレットを利用した受付業務支援ツール、業界特化型 (保育園業務) 連絡システム、利用ユーザごとにカスタマイズ可能な業務報告、提供中の経費精算システムと連動する承認ワークフローをラインアップしました。

これにより、「Business Port」は37社の協業パートナーさまが合計46サービスを提供します。
KDDIは、今後もスマートデバイスの活用を促進する豊富な業務アプリケーションのラインアップを充実させ、法人のお客さまのビジネスの最前線で活用いただき、SaaS・クラウド事業の活性化を推進していきます。

3月29日に追加するサービス一覧

概要 サービス名 提供会社
来客入退室管理 株式会社ビズウインド
保育園業務連絡、保護者向けメール連絡網
ユーザカスタマイズ型業務報告 株式会社エス・ケイ
ワークフロー
同社にて提供中の経費Bank (注1) と併用可能
SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
  • ※ 提供サービスは順次拡大します。
  • ※ 記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。
  • ※ 2013年3月29日より、提供中の勤務管理アプリケーション「モビレコーダー」を「KING OF TIME」に統合します。
  • 注1) 2013年3月29日より、提供中の経費精算アプリケーション「スマート経費精算」のサービス名称を「経費Bank」に変更します。

お問い合わせ先

KDDI営業担当者または法人お客さまセンターまでご連絡ください。

〈法人お客さまセンター〉
フリーコール0120-926-007 (無料)
受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)