テレハウスフランクフルトにおけるクラウドサービスの開始について

2013年12月10日

KDDIグループ会社である「TELEHOUSE FRNKFURT」において、2013年12月よりクラウドサービス「TELECLOUD (テレクラウド)」を提供開始しました。「テレクラウド」は、IaaS (Infrastructure as a Service) ソリューションであり、ミッションクリティカルなお客様システムのいかなるニーズにもお応えいたします。

ドイツでのクラウドコンピューティング事業規模は本年中に78億ユーロまで拡大 (2012年比47%増加)、2014年には108億ユーロまで拡大 (2013年比39%増加) すると予測されています (注1)。しかし、クラウドサービスを利用する企業が増加する一方で、データセキュリティやその法的枠組みに懸念が抱かれています。

「テレクラウド」プラットフォームは、高品質・高セキュリティなデータセンター「TELEHOUSE FRANKFURT」に設置されており、信頼性やITデータの安全性確保を重視されるお客様にとって、最適なクラウドサービスを提供することが可能です。また、安全に保護された環境に設置されているだけでなく、全てのお客様データが物理的にドイツ国内に保管されることも保証いたします。

本サービスは、英国・仏国・ドイツで展開しています。また、グローバルなクラウド基盤をご要望のお客様には、プライベートクラウドサービスとしては世界最大規模のネットワークサービスを提供いたします。さらに、お客様のニーズに応じて、テレハウスデータセンター内にある多数の主要インターネットサービスプロバイダー及び通信事業者のネットワークと接続することが可能です。

本サービスの提供開始にあたり、まず、お客様ご自身で直接クラウドシステムを管理する必要なくバーチャルにクラウドにアクセスできるオンデマンド型のサービスを提供します。2014年1月からはお客様がご自身でバーチャルデータセンターを構築できるセルフプロビジョン機能の提供拡張を行います。

詳しくはTELECLOUDホームページ (英語) をご覧ください。

  • 注1) ドイツにおけるインターネット関連機関BITCOM社予測。