「テレハウスフランクフルト」インターネットエクスチェンジ事業者 (DE-CIXアポロンプラットフォーム) との新規接続について

2013年12月

Telehouse Deutschland GmbH (テレハウスドイツ) は、ドイツから中東へのIPトラフィックエクスチェンジであるDE-CIX Apollon platform (DE-CIX) とインフラ面での提携をしました。DE-CIXは、最大100ギガビットのデータ伝送に対応した世界最大規模のイーサネットベース相互接続プラットフォームとして、フランクフルト市内のデータセンター内に合計10のスイッチを保有しており、「テレハウスフランクフルト」においてもそのひとつを提供することになります。

DE-CIXは1995年にフランクフルト市に設立され、現在は世界で最大規模のデータスループットを保有するインターネットの相互接続ポイントとなっており、約60ヶ国から集まる約600社のインターネットサービス事業者が、DE-CIXを通してインターネットトラッフィックの大部分をやり取りしています。DE-CIXでは高品質な相互接続サービスを提供しており、テレハウスフランクフルトにおいても、最高レベルの信頼性とセキュリティに加え、専門スタッフによるサポートや当データセンター内の通信事業者との接続サービスを提供することで、お客様の高いご要望に対応してまいります。

テレハウスは世界中の主要インターネット接続ポイントの重要なハブであり、DE-CIXに加え、ロンドン・インターネット・エクスチェンジ (LINX) 及びパリ市内のフランス・インターネットエクスチェンジの主要拠点となっています。今回、新たにDE-CIXと提携する事により、主要インターネットインフラプロバイダーとしてのテレハウスの地位をますます強化してまいります。

詳しくはTELEHOUSE EUROPEホームページ (英語) をご覧ください。