インマルサットC: 利用方法

KDDI 法人・ビジネス向け「インマルサットC: 利用方法」(衛星通信・衛星電話) のご案内です。

利用方法

インマルサットC設備からKDDIのインマルサットサービスを利用する方法は、次の通りです。

  1. 設備の電源を入れて、いずれかの海域に「ログイン」する。
  2. 宛先のネットワークの種類 (テレックス、データ通信、ファックスなど) を選択する。
  3. 相手先番号を指定する。
  4. テレックス番号・データ通信端末の番号・ファックス番号を国番号からダイヤルする。他のインマルサット設備に通信する場合は、海域番号と設備のID番号をダイヤルする。
  5. KDDIの海岸地球局番号を選択する。

ネットワークの種類

ネットワークの種類 相手先番号 接続先
テレックス (Telex) テレックスの国番号 + テレックス番号 テレックス端末
ファックス (PSTN) 電話の国番号 + 市外局番 + 電話番号 ファックス端末
特番 (Special Access Code) 12 国際案内
32 医療助言
33 技術援助
38 医療援助
41 気象通報
91 ループテスト

KDDIの海岸地球局番号

海域 大西洋西 大西洋東 インド洋 太平洋
海岸地球局番号 003 103 303 203

海域番号

大西洋西 大西洋東 インド洋 太平洋
テレックス 584 581 583 582
ファックス 870

ファックスの海域番号のうち、「全海域指定・870」は、通信先インマルサット設備の所在海域を自動的に選択して接続するための新しい海域番号です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

  • 新規ウィンドウが開きますお問い合わせ

    お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報