インマルサットサービス: インマルサットサービス概要

KDDI 法人・ビジネス向け「インマルサットサービス: インマルサットサービス概要」(衛星通信・衛星電話) のご案内です。

概要

インマルサットサービスは、インマルサット静止衛星を通じて、インマルサット設備と電話・テレックス・データ端末やインターネットを結ぶ通信サービスです。船舶と陸地、あるいは通信設備のない山奥や被災地との通信を可能にします。
ご利用用途により、7種類の設備からお選びいただけます。また、別途モバイル設備もご用意していますので、僻地などへの持ち運び、通信にも対応します。詳しくは、以下をご参照ください。

インマルサットサービス比較表

使用可能エリア

赤道上空36,000kmの位置に配置された4機の静止衛星で、極地を除く全世界をカバーしています。音声通話から最大492kbpsのデータ通信まで幅広く対応しています。

<最大492kbps (ベストエフォート型)>

インマルサット衛星通信サービスの使用環境

インマルサット衛星通信の各種端末で、安定した電波を受信するための理想的な使用環境は、南側に障害物 (地形・建造物など) がない場所です (注)。インマルサットサービスは赤道上空36,000kmにある静止衛星と通信を行っています。日本国内では、南側の空が開けていることで、衛星をとらえ、通信ができます。

  • 注)
    屋内での利用・山間部・高層建築や建造物また葉が生い茂る樹木など、障害物により衛星からの電波を受信できない場合があります。
<仕様環境イメージ>
  • 建物など障害物がないところで使用してください。

サービスの特長

固定電話・携帯電話・パソコンの使えない場所でも通話可能

インマルサット衛星を経由して通信するため、地上の通信手段がない場所でも通話・データ通信が利用できます。

緊急災害時にも活躍

災害時は固定・携帯電話・データ通信が利用可能な場所でも規制がかかり使用できなくなる場合があります。
衛星を活用するインマルサットなら影響を受けずに通話・データ通信できます。

屋外設置用アンテナで室内利用が可能に

インマルサットの電波は障害物でさえぎられるため、室内で利用できない場合がありますが、専用の固定アンテナを設置すると通信・データ通信が可能になります。
屋外設置用アンテナについて、詳しくは以下をご参照ください。

屋外設置用アンテナ

注意事項

  • お客さまが日本 (日本籍の船舶、航空機を含みます) でインマルサット通信をご利用される場合には、KDDIが電波法に基づく総務大臣の無線局免許を受け、お客さまからKDDI への使用契約のお手続きが必要です。
  • インマルサット設備に外国の無線局免許があっても、日本でご使用すると電波法違反となりますのでご注意ください。
    • 日本の無線局免許の必要性については、総務省のホームページをご覧ください。

    新規ウィンドウが開きます情報通信行政FAQ > FAQの回答 【電波部】

    • 外部サイトへ移動します。
  • KDDIでは総務大臣の無線局免許を取得できるインマルサット端末の販売、レンタルを行っています。